2018年09月02日

コンパクト名古屋観光

先日、東京からネット仲間のととははさんが名古屋へ
来られました。
愛知県にお住まいのなおさんと合流して、1日一緒に
名古屋観光をすることに。

私は名古屋生まれ名古屋育ちだけど、改めて名古屋
観光というと、地元民はそんなに観光したことない・・・。
どこへ行こうか、わくわくで当日となりました。


06F59977-E832-4D9A-974D-5824A97AEEB2

待ち合わせは新生「御園座」。
今年新しく建てなおされたのですが、私も新しくなって
からは来たことがなく、初めて。
赤と黒と白の外観がカッコイイですね。
1階はお土産と喫茶・食事の店「御園小町」に
なっていて、観劇しない人でも入れます。
朝8時からモーニングをやっているところ、ナゴヤ感
出ています。
https://misonokomachi.jp/


E35F73D5-7CE2-4FD6-B7E3-FFF1392A1941
こちらのモーニングはコッペパン(あんorイチゴジャム
サンド)か御園焼(画像、粒餡・白餡・味噌餡・)に、ゆで卵と
ドリンクが付いて、380円というお得価格でした(^-^)

綺麗な店内には歌舞伎土産、名古屋土産、お弁当屋
(劇場へ持ち込み可です)、カフェ、バル、うなぎ屋さんが
入っていて、観劇以外でも立ち寄りたいお店でした。


CE68E7CC-8B11-480A-8E7F-E93143821990
さて、本日のメインはこちら。
ととははさんが東京開催の時に見そびれた
という「ビュールレ・コレクション展」。
なんでも東京ではものすごい混雑と行列で、
見ることができなかったとか。

名古屋でも話題の展覧会ですが、さすがに
東京ほどの行列はなく、スムーズに入館、
鑑賞できました。

主に印象派の、有名な絵がたくさんあり、見ごたえ
充分。
順路を進んでも、また戻って見たい絵もあったりして、
本当に戻って見て来ました(笑)

6CEFAAB3-6639-4145-B0FD-D451AE3BAB54
ミュージアムショップで見つけた、かわいいスタンプ。
ドイツのもので、絵柄は200以上とか。
ツバメかフクロウのが欲しくて、容器にザッと
入れてあるスタンプたちの中からたった1個あった
フクロウを探し出しました!

パスタのお店でゆっくりランチをして、お次は
美術館のとなりの科学館へ。

B29A5E16-47C9-4D02-AE59-51FF11C7E969

この超巨大な球体が、世界一、直径35mの
大きさを誇るプラネタリウム「ブラザー・アース」。
投影する星の数も世界最高レベル。
2011年の完成以来、今でも整理券が必要な
人気です。

余談ですが、「ブラザー・アース」って、大きな球体
だから「地球の兄弟」という意味だとばかり思って
いたのですが、ミシン会社の「ブラザー」が協賛
しているのでこの名前だそうです。
全然知らなかった!!

当日並んで整理券を貰う方法が大半なのですが、
ととははさんが一部の座席のみネット抽選予約
できる抽選に当選しており、スムーズにチケットを
手にすることができました。

名古屋人の私ですが、科学館に来るのは
たぶん20年ぶりくらい。
ブラザーアースはもちろん、他の展示も古い物
しか見た記憶がありません。
ほぼ観光客気分(笑)

ブラザーアースは、細かな星が降るように映る
星空から、球体スクリーン全面いっぱいの火星や
ロケット打ち上げ風景など、迫力満点でした。
科学館らしい、学習も盛り込んだ解説と画像で、
とても楽しめました。
すごくシートのすわり心地がよすぎて、面白い
のに快眠しちゃう危険性「大」です。

C7CA0203-5F90-493F-AB05-7ADCA0884BE6
プラネタリウムのほかには、竜巻が起きる実験を見たり・・・。



418041F3-EB9D-4684-9417-0E17C83FDD3A
「博士の実験室」みたいな部屋で、高圧電流の
放電を見たり。
↑銀色の丸い玉に静電気が貯まるのは、TVの
罰ゲームなどで見かけますが、この放電ラボでは
その上の左右にある赤と青の大きな柱状の
コイルから、とんでもない派手な放電を見せて
くれました。

本当にアニメの感電シーンみたいに「ビビィィィィィ
ヤァァァアアアアアア!!!」となんとも表現しがたい
大音響が、耳をふさいでも聞こえるくらいの音量でした。

科学館を後にして、近くの大須観音、大須商店街へ。
大須観音にお参りして、賑やかなアーケードの
下町を通って、和柄傘のお店などに立ち寄り、
甘味処で一息。

7D56100F-A4B7-4621-9526-EF0D62537A22
手前:抹茶クリームあんみつ
奥:和風ヨーグルト(!)

羊羹屋さんの甘味処で、サラッとした、ぜんざいに
近い餡がとても美味しかったです。

甘味処を出る頃には日も暮れてきて、伏見~
白川公園~大須というコンパクトな名古屋観光は
お開きとなりました。

なおさん、ととははさんは名古屋駅から帰途に。
私も、ちょっとだけデパートを見て、帰途に。

久しぶりにお会いしたけど、日ごろネットで
繋がっているからか、全く久しぶりの感じが
しない、楽しい1日でした。
またお会いできる日が楽しみです(^-^)







drecom_yururi_n at 23:32|PermalinkComments(4)お出かけ 

2018年08月30日

ふくろうまつり

おかげさまで、ふくろう祭りでの五平餅ストラップの出店は大成功でした(╹◡╹)

E35F72D4-9F79-4975-8CD3-8E257F1517A8


最初はパッケージは無しの予定でしたが、やっぱりお土産らしさが欲しいな〜と、パッケージを作りました。


9CBA136E-ED5A-460E-9719-1718E597946D


小さな小さな販売ブース。
看板と五平餅型のディスプレイはダンボール製です。
手持ちのデッドストックのクリアファイル(ガッチャマン、タイムボカン、キャシャーン)も販売。


2E399CC3-A689-431C-BB50-84C4EB34486F


果たして、買ってもらえるのだろうか…。
ドキドキでしたが、開店直後から次々と目に留めて下さる観光客の方があり、「おもしろーい!」「なにこれー!」と、手に取って、お買い上げ。

こんなに反応があるなんて、ビックリです。
この日はお天気も良く、すごい人出。
お隣は揚げを炭火で焼くお店で、いい香りにお客さんが集まり、反対隣はカキ氷で暑かったので行列の人が。
お客さんかが集まりやすく、場所にも恵まれました。

11:00から15:00までのお祭りでしたが、なんと13:00にはストラップが売り切れてしまいました。
それでも、「もう無いんですか?」と聞いて下さる方が何人も。


お話してみると、皆さん関東から、関西から、北陸から、地元からも。
遠くから、今日一度きりの出会いだったのかも。
もっとストラップを用意しておけば良かった(>_<)

初めての販売体験、とても面白かったので、また次回のふくろうまつりでも出店したいと思います。








drecom_yururi_n at 22:35|PermalinkComments(4)手作り | イベント

2018年08月24日

五平ストラップ

明後日、26日の日曜日、恵那市岩村町の
本町通りで「ふくろうまつり」が開催されます。

https://www.kankou-gifu.jp/spn/spot/5725/


放送中の朝ドラ「半分、青い。」にちなんだ祭りで、
ロケ地となった商店街の皆さんが、昭和らしい
様々な演出をします。

懐かしい車やバイクの展示、クリームソーダや
焼き鳥、アゲ焼きなどの屋台。

私も、ほんのちょっぴりですが出店します。
商品は、デッドストックのアニメのクリアファイル。
ガッチャマン、キャシャーン、タイムボカンと、
昭和アニメの代表作。

それだけじゃ寂しいかなぁと、手作りの五平餅
ストラップも並べます。
今や大人気の五平餅。

F436E929-D930-4832-B25D-EBFB7082F29E


手作業だから、そんなに数が無いのですが…。
ドラマのオープニングに出て来る鳥を
半分青いカラーにして取り付け、朝ドラ
バージョンの五平餅にしました。

岩村にはワラジ型と団子型、2種類の五平餅があるので、ちゃんと両方作りましたよ(^_^)

2499F6B4-DCA1-4FFE-B7E5-2BFA422E446A

自分が身につける用に、↑こんなもんまで
作っちゃって(笑)
こういう物を作るのは初めて。
果たして手にとって下さるお客さんが
おられるのか???

色々な地域から来られる観光客の方々と
お話をするのも楽しみです。

出店場所は、本町通り商店街、あんころ餅の
お店「かんから屋」さんのお向かいの予定。
販売のバイトさえしたことないので、ドキドキです。


drecom_yururi_n at 23:15|PermalinkComments(0)イベント | 手作り

2018年08月19日

お茶と能

恵那市岩村町の「岩村城址薪能」と薪能協賛の
お茶会に行ってきました。

何とか名古屋帯が結べるようになり、大須で
入手した夏の着物を着て行きました。

岩村城の城山の麓にある資料館が会場。
資料館にお茶室なんてあったっけ??

…ありました。
すごい斜面の上に!

BlogPaint

門をくぐると、「圓月」の看板が掛かったお茶室。
玄関口には待合、庭には蹲と緋毛氈の敷かれた
腰掛に赤い野点傘。
ここは京都??と思えるくらいの風情です。

岩村茶会2


茶道の心得が全然無いのですが、優しい
先生に教えていただき、にじり口から入って
お菓子とお茶を頂戴しました。


岩村茶会4


お菓子は、この日の薪能の演目「天鼓」にちなんで、
鼓の形に似た水饅頭。
茶碗は演目「杜若」が旅路を題材にしているので、
その旅路に出てくる土地の焼き物を行程順に出すという趣向。

岩村茶会5


京都から江戸まで、京焼、桑名焼、犬山焼、
美濃焼、志戸呂焼(静岡)、隅田焼など。
中には数百年前の大変貴重な茶碗もいくつもあるそうで、
茶杓や棗も、貴重な品を使っているとの事でした。
蓋置はお城の竹を切ったものだとか。

気さくな先生は、本物に触れてほしいのが自分の
信条だと仰られ、茶碗もあれこれ手にとって、じっくり
見せて下さいました。
この斜面の上の茶室まで、これらの道具を運び上げて
の準備は大変なものと思います。
それでも、できうる限りを尽くす。
こういう所が茶道の心遣いなのでしょうね。

床の間のしつらいも、岩村ゆかりの植物研究家の
肖像に、季節の野の花。
そこここに、岩村、お城、薪能という今日のキーワードが
散りばめられていました。
私の方は全くド素人の作法で、お茶の先生から見たら
失礼ばっかりだったと思いますが、ニコニコと様々なお話を
してくださり、とても楽しいお茶会でした。

本当はお茶会だけのつもりでしたが、薪能の
チケットを入手でき、鑑賞できることに!
資料館の駐車場には幕が張られ提灯が掲げられ、
お城にふさわしい雰囲気。
背後の城山の赤松が舞台の背景になっています。

席は自由席で、舞台近くのクッション敷き桟敷席と、
後方の椅子席がありました。
長時間なので、椅子席でも持参の座布団が
あると良かったかな。。 パイプ椅子ではさすがに
お尻が辛かった・・・(^^;)

暗くなると薪に火がともされ、雰囲気満点。
お城があった頃も、こうして笛や鼓が城山に
響いた事もあったのでしょうか。想像が広がります。

岩村茶会7


能の知識が全くないのですが、謡で大体の
物語の流れが聞き取れました。
途中、クスッと笑える狂言もあり、最後の演目「天鼓」は、
命を絶たれた人の魂が供養されて喜びの舞を舞う内容で、
同じ能面で舞っているのに、どんどん表情が笑顔になって
いくように見え、本当に不思議でした。

音楽からなのか、動作からなのか、何によるものか
わかりませんが、何度見ても最初より笑っている。
清々しい顔をしていました。
面白いものだと感じました。


初体験山盛りだったお茶会と薪能、とても充実した時間でした。
昨年までは、知っていても来なかった場です。
ご縁に感謝です。



drecom_yururi_n at 16:47|PermalinkComments(0)お出かけ 

2018年08月15日

写真

今日は終戦の日。
戦没者追悼式も、戦時中を知る天皇陛下が参列されるのは今回が最後となりました。

大昔の話のようになりつつありますが、どの人も、たった2〜4世代前の家族が戦争に巻き込まれています。

戦時中に新婚時代を過ごした祖父母は、戦争の事は全く話しませんでした。
祖父が亡くなり、祖母も亡くなる寸前に、戦時中の写真や従軍記録、引き揚げ証明書などを見つけ、少しだけ祖母から話を聞けました。
国中がいつの間にか巻き込まれていった時代。

たまたま日本では戦後が続いていますが、世界ではいつもどこかが戦時中。
戦争をしたい人などいないはずなのに、なぜなのでしょうか。

国中の流れが1人の想いで何とかなるわけない。無力感も感じます。
でも、1人1人が集まれば国中、世界中の想いになるはず。

自分が経験していないあの時代を、心に留め続けようと思います。


AFE371EC-1943-4DD2-A880-A6A0407D7676

焼失前の名古屋城。


5CFB2DA5-9555-4647-8127-8CB922FC3007

祖父(中央)の部隊。
南方戦線から生還したのは終戦の3年後でした。
写っている方の中には、帰れなかった方もいると思います。


EB12B9CD-6E5B-4616-8E76-9ADAFBE004EA

祖母(左)と祖母の姉。
学生時代から新婚時代まで、ずっと戦時中でした。


B1CA6B32-186D-4ADC-B50D-AE402144D8FA

曽祖母(右)。
国防婦人会の防空訓練。






drecom_yururi_n at 22:39|PermalinkComments(2)その他 
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ