2017年03月07日

看取り稽古

先日、女性だけの試合「女子大会」に参加
してきました。

私の住む地域でだけでなく、他のたくさんの府県
からも参加者が来るので、総勢500名を超える
参加者の大規模な試合です。
前日から泊まりの人もあれば、支部でバスを
チャーターして大勢での参加のところもあり。
この地方随一の規模を誇る道場も、人・人・人で
いっぱいになりました。

私の最近の弓道ライフはというと、相変わらずの
射癖に悩んで稽古し続けているのですが、一番
ひどいときよりはちょっとマシになったかな、という
程度で、まだまだ一本一本の落差が大きくて安定
した射にはなっていません。
当然、的中も半分くらい・・・。
もう1年以上、各種大会の入賞からは遠ざかっています。

試合の方は一手1回(2本引くだけ・・・)で、2本とも
中った人のみ決勝に進めるので、1本外したら
終了です(^^;)

でも、女子大会だと、自分は予選落ちしても、他の方が
初心者~全日本選手権入賞クラスの先生方までと多彩で、
たくさんの女性の方々の射を拝見できるので、とても
勉強になります。
特に、大勢の女性の称号者の先生方の射を間近で
拝見できる事は滅多に無いので、看取り稽古の
絶好の機会です。

大規模な試合ならではの慌しい雰囲気の中、
入場前は何だかいつになく緊張してしまって、
最近では珍しい感じでした。

よほど緊張した顔をしていたのか、巻藁の前で
並んでいると、同県の方々が「がんばってね」
「けっこう良くなってきてるじゃない」と、声を掛けて
下さって、ありがたいことでした。

入場して、矢番え以降は結構落ち着いてきて、
「また悪い癖が出たら嫌だな」よりも、「自信持って
堂々と行け!」という気持ちの方が強くなっていて、
甲矢は私の中では比較的マシな射が出来たと
思います。

息が詰まって力が上ずることもなかったし、引分け
でちょっと引き足らずになりそうだったけど、目どおり
過ぎてからを頑張って、さらに引き込め、引き尺も
足りてたと思います。
問題の前離れ・戻り離れもそんなになく(と自分では
思う)中黒の10時あたりに的中しました。

よし、このまま、無駄に不要な事をしないで、乙矢も
今のと同じように、自信持って淡々と引くべし!
そう思って、打ち起こし、乙矢の会までは同じように
来られたのですが、会の最後の最後で、「まだ足り
ないのではないか??もっと張り合わないと!」と、
自然な成り行きに待ったをかけて、余分に張り合おう
としたのがいけませんでした・・・。

離れる寸前に手先に力が入って、左右のバランス
が崩れ、弓手がムリヤリ押し込んで、弓手が先に
離れた感じで、振込み気味の弓手の反動で馬手

が前に離れてしまいました。

結果、矢は9時にはずれ。
しかも、的から15センチくらい離れてました(- -;)

完全に自爆・・・・・・。
乙矢がそこそこだっただけに、けっこう悔しい。

守りに入って引き足らずや張り合い不足で妥協
してもうまくいかないし、かといって、過剰に粘っても
いけない。
う~~~ん、難しい。。。

予選敗退したので、その後は称号者の先生方の
射を拝見して、看取り稽古。
見れば見るほど、根本的に射の種類が違うと
感じるくらい違います。
どうやったら全く動じない胴造りと、キレがありながら
素直な離れができるんだろう・・??

明らかに私とは違う、という事は分かるけど、
自分がどこをどう変えればそういういふうに
なれるのかは、どれだけ見ても全然判りません。

先生方は、何か付け加えてやっている、というより、
要らない事はしていない、というような印象です。
もちろん、手の内や詰め合い伸び合いなど、私の
目には見えない高度な技術も使えるようになった
上での事でしょうけど、とにかく無理無駄を省いて
いるような・・・。

私はどうにかしようとして無理な力ばかり使って
いるのかなぁ・・・。

たっぷり看取り稽古できたので、今度の練習に
活かしたいと思います。

















drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)弓道 

2017年03月06日

雛祭り第一弾

resize3317

最近ちょっとだけ昼間の暖かさが出てきて、ちょっと
だけ春が近いかなと感じるようになりました。

こちらの地域ではまだ梅もチラホラ咲いたかどうか
という感じで、景色からはまだ春は感じにくいですが・・・。
そのため、旧暦の雛祭りにお祝いをする地域となって
いて、普通のご家庭では4月3日に雛祭りをする
ことが多いです。
雛祭りのイベントも、3月3日ごろから4月3日ごろまで
というものが多いですね。
古い町並みなどで昔のお雛様や、地域に伝わる
陶器製の土雛を飾って見せてくれるイベントが
いくつもあります。

私も、3月のお雛様はお人形、4月は陶器製のお雛様
にして、2ヶ月に渡って、2回の雛祭りを楽しんで
います。

今年は陶器製のお雛様の背景に、綺麗な手ぬぐいを
飾ってみました。
手ぬぐいを飾るポールが以前から欲しかったのですが、
たまたま見つけて購入。
ですが、実際に手ぬぐいをフルサイズで吊るそうと思うと、
結構な面積になってしまい、意外に飾れる場所が
無いということに気づきました(汗)
そこで、今回は手ぬぐいを半分の長さに折って飾って
います。
これはこれでカワイイかな(^_^)


resize3318

夕食はちらし寿司と茶碗蒸し。




drecom_yururi_n at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手作り 

2017年02月13日

ゴッホとゴーギャン展

DSC_1281

先日、名古屋で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」を
鑑賞してきました。


何はともあれ、まずは「花より団子」で腹ごしらえを(笑)
DSC_1280

繁華街のビルの中にある、落ち着いた京料理のお店でランチ。
お料理ががティースタンドで登場~。アフタヌーンティーみたい(^-^)

お造り・おばんざい・焼き物のティースタンドの他に、
蒸し物の椀、ご飯、吸い物、香の物、わらび餅が付いて、
味もボリュームも満足満足♪

お腹も落ち着いて、ゆっくりと美術鑑賞。
話題の展覧会なので、入場に並ぶほどではありませんが、
結構混み合っていました。
ゴッホの絵といえば、何年か前に名古屋に有名な「ひまわり」が
来たときに見て以来かな??

今回は、一時期同居していたゴッホとゴーギャンの関係を
絡めた展示内容なので、2人が同じ時代にどのように生活
して製作していたかを時系列で追う展示になっていました。

ゴッホって、たくさんの絵が残っているのですが、たった10年
ほどでその全部を描き上げたとは知りませんでした。
中には、1時間ほどで仕上げた人物画もあり、1日に何枚も
描いていた日もあったようで、驚きました。画家って、
1枚を何週間もかけて描くイメージがあったので。

目の前の光景をそのまま写し取りたいというのがゴッホの
スタイルで、その場でその時に対象物を見たまま描いて
いたそうです。
対してゴーギャンは、見た風景と、心象の中の想像の
場面を組み合わせて描くスタイル。

時を追って観て行くと、絵にのめり込めばのめり込むほど、
ゴッホの絵に対する狂気的な追求が加速していくのが感じ
られ、それが噴出して自分や周囲の人にまで攻撃が向いて
いくのが感じられました。
当初は穏やかに同居して仲間として生活していたゴーギャン
にも攻撃が向けられ、2ヶ月でゴッホの元を去っていったそうです。
同居前に、ゴーギャンが住む部屋を飾るためにゴッホが描いた
のが「ひまわり」の作品群。
光を求めて、黄色にとても執着していて、そのためにひまわり
を画題にしたようです。

その数年後にゴッホは自殺してしまうのですが、そこまでの
数年に精神的発作の合間に描かれた絵が、いかにもゴッホ
という、曲がりくねった、ごつい筆のタッチの鮮やかな色の
ものが多かったです。
でも、当時の画壇には全く受け入れられず、ゴッホ自身は
絵を褒められることなく亡くなってしまいました。

精神的な苦しさと緊迫感がなければ、あの絵は生まれ
なかったかもしれないけど、そのせいでゴッホが早く世を
去って、その後すぐに絵の評価が上がったことも知らない
ままになってしまったのは、絵描きとして、人として、幸せ
だったのか、様々な事を考えさせられました。

ゴーギャンは、ゴッホが亡くなった後に、「ひまわりの絵を描く
ゴッホ」の絵や、同居時代に使っていた椅子にひまわりを
置いた構図の絵を描いていて、離れてはいても、画家仲間と
して忘れられない関係だったのが伺えました。

ゴッホが描いた「ゴーギャンの椅子」の絵の展示室には、
別の絵に描かれているゴッホの椅子によく似た椅子が
並べてあり、そこに座ってゴーギャンの椅子の絵を観る
ことができるようになっていました。

DSC_1283

展示の出口には2人の椅子を再現した椅子が並べて
置かれていて、ここは座って撮影しても良いエリアと
なっていました。
皆さん遠くから椅子を撮影していたので、さすがに
座るのはちょっと・・・(^^;)と椅子だけをパチリ☆

結構見ごたえのある展示で、時間もかかったので、
この後は喫茶店でお茶して休憩。。。。
久しぶりに贅沢に時間を使った一日でした。








drecom_yururi_n at 21:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お出かけ 

2017年01月19日

あわわわ・・・・

resize3311
先日の寒波で、こちらの地域はこの程度の積雪。
もともと雪はそんなに多くない地域で、その代わり
冷え込みがすごく厳しいです。

寒さと雪で餌にも困るようになった雀達で、
我が家の野鳥餌台は連日大盛況。
朝になると、15羽ほどのスズメが庭で待っています。

一昨日、ホームセンターで面白い物がお値打ち
価格になっていました。
「鳥が喜ぶ 粟の穂」
穀物の粟が、穂の状態のままで売られている小鳥の
おやつです。
粟は普通の小鳥の餌には当たり前に入っている
のですが、穂のままのは珍しい。
カゴで飼われている文鳥やインコなどのペットの
鳥は、穂のままの粟をつついて食べるのが楽しくて
ストレス発散になるらしいです。

スズメは野鳥で、雑草や稲の穂をよくついばんで
いるから、きっと粟の穂に大喜びするだろうと思い、
早速、翌朝、餌台に吊るしてみました。
私が庭に出てきて餌台に餌を置くのを待ってましたと
ばかりに、早速スズメが餌台に向かってきました。

が、次の瞬間、
「きゃーーーーーーっ!!!!!」
と、スズメの一団は一目散に向かいの家の屋根に
悲鳴を上げながら避難。
屋根に並んで、
「なにあれ??」
「ウソでしょ??」
「こわ~~~~(((( ;゚д゚)))」
と、餌台を見つめながらヒソヒソ話。
粟の穂に仰天した様子でした。

しばらく待てば穀物の穂だと理解するかな~、と
思ったのですが・・・
BlogPaint
勇気のある一羽が、ギリギリまで接近しても
この距離感。
赤丸のところに穂、赤矢印のところにスズメが
います。

お皿の中にはいつもの小鳥の餌があって、
それを食べたくて仕方ないのに、余分な物を
置いてくれて・・・・と、スズメたちの冷ややかな
視線が・・・(^^;)
野鳥のくせに、まさかこんなに穂に驚くとは
予想外でした。
まあでも、数日で慣れるかなと思っていたら。。。

resize3314
昨日の朝はこんな感じ。
いつもの餌には寄ってきています。

resize3315
みんな、粟の穂は見ないフリしてます(笑)
お皿に入っている粟と同じものなのに・・・。
穂が縦になっているのが怖いのかもしれません
が、普通、穂って縦になってますよねぇ??
自然界では見慣れてないのかな?
一体何がそんなに怖いのか??

横にしたら大丈夫なのかなと思って、餌台の
床に固定してみました。
すると・・・・
resize3316
やっと食べ物だと気付いてくれました!!
1日置いておいたら、全部の粟粒が食べつくされて
いました。
縦を横にしただけで、この違い。
鳥の感覚って不思議ですねぇ。









drecom_yururi_n at 22:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)庭・植物 | マヨ

2017年01月05日

完全復活!


resize3308
今日、昨年のクリスマスケーキを作りました。
1月5日で「イチゴの日」だそうで、近くのスーパーで
イチゴが特価でした(^-^)

昨年のクリスマスケーキは、胃腸風邪の
余韻で作る元気なし。
でも、生クリームはちょっと良い物を買って
しまってあったので、使わないと~。

年末からの腰痛が長引いて、新年4日に
なって、やっと完全回復という感じになりました。
やり残した大掃除もして、ケーキも焼いて。。。
やっと、やろうと思ったことをやれる体調に
なったかな~。いや~。。。長かったです。

resize3309
なかなか綺麗にデコレーションとカットができて、
見た目は良い感じ。
でも、食べてみたら、下の方のスポンジが
ちょっと乾燥気味で固めでした。
焼き時間が少し長すぎましたね。
久しぶりに使うサイズの型だったので、ちょっと
目測を誤ったなぁ・・・・。

はやり、時々作らないと、感覚を忘れてしまいますね。
バレンタインデーに雛祭りと、お菓子イベントが
続くので、時間を見つけてお菓子作りを楽しもうと
思います。









drecom_yururi_n at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手作り 
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ