2019年01月06日

初詣+

三が日も過ぎ、混雑を避けて初詣に行ってきました。
場所は三重県鈴鹿市の「椿大神社」。

昨今はパワースポットとしても有名になり
ましたが、場所、境内の雰囲気、ともに
とても好きな神社です。

毎年1回は参拝し、車のご祈祷は毎回
ここでお願いしています。
まだ松の内だったので、混雑を見越して
朝早くに出かけました。

IMG_6498
鈴鹿はお茶どころでもあり、神社周辺は
茶畑が広がります。
お茶好きとしては、ここからもうワク
ワクしますね。
山に雪が残ってる・・・。

IMG_6467
早めに着いたので、渋滞も無く神社横の
一番近い駐車場に停められましたが、
拝殿前は行列が。


IMG_6469

こちらは本殿の横の敷地にある「椿岸
神社」。
天之鈿女命が祀られており、芸道に
ご利益があるとのことで、芸能人の方や、
伝統芸能を嗜む方々がお参りに訪れます。
弓道も「射芸」と言われますので、私も
毎回ここで参拝します。
ちなみに恋愛成就の神様でもあるとの
ことで、女性の参拝がとても多いです。

他にも、境内にはお抹茶を頂ける
お茶室や立派な弓道場もあります

「自彊館弓道場」
http://tsubaki.or.jp/public/index.html

一度ここで引いてみたいですねぇ。


さて、初詣で心を清めたはずですが、
次はいきなり物欲に取り付かれるような
場所へ行きますよ。

FullSizeRender
アウトレットモール「ジャズドリーム長島」。
出来た頃に来たっきり、ずいぶん来て
いませんでしたが、今回は行きたいお店が
あって来ました。


IMG_6503
ここ。
料理家の栗原はるみさんのお店です。
使いやすい物が半額に近い価格に
なっていて、とても良い買い物ができました。

いつも使っている化粧品のお店もあって、
これまたお買い得にゲット。

FullSizeRender
こちらが購入した品々。

下に敷いてある青いマットは、シリコン製の
パンマットで、この上でパン生地を捏ねたり
タルトやパイの生地を伸ばしたりできます。

今まではテーブルにサランラップを敷き
詰めてやっていました。
薄いプラスチック板のようなパンマットもある
のですが、滑ってしまって使い勝手悪し。

でもこのシリコンパンマットは、テーブルに
ぴたっ!と張り付いて、ずれっこない。
畳んだり巻いて、収納も簡単。
とても優秀で使いやすそうです。

小さいフライパンも、ちょうど欲しかった品。
使ってみたら、持ち手の軽さと本体の重さの
バランスがとても良くて、なんでこの持ち手
なのか納得でした。

台所の手拭き用のタオルも、洋梨柄で
可愛いものにして、少しでも台所仕事が
面倒でなく楽しくできるように・・・。


FullSizeRender
夜は親戚と蟹すきを囲み、楽しいひと時でした

そんなに遠出はしなかったけど、渋滞をうまく避け、有意義な1日を過ごすことができました。








drecom_yururi_n at 07:03|PermalinkComments(0)お出かけ 

2019年01月02日

明けましておめでとうございます

新年おめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

年末の寒さも一時和らいで、こちらは晴天で
穏やかなお正月になっています。

IMG_6359
IMG_6360

いつもの定番おせちを作って・・・・


IMG_6383
例年通りの新年の食卓。

今年は年末に全然在宅時間が無く、
年が明けてからの方が時間があるので、
新年早々に大物の洗濯や掃除などを
しています。

IMG_6369
元旦の朝は、毎年お楽しみのNHK
「テレビ体操」の新年特別版を。

いつものシンプルな番組とは違う、超
豪華版。
スタジオも飾り付けられて、いつもは
2班に別れている出演者が全員集合。
ピアノ伴奏も、2台のグランドピアノを
並べて、4名の伴奏者で連弾。

アクロバティックな体操が取り入れられる
年もあり、毎年楽しみにしています。

IMG_6372
ピアノの人も手振ってる(笑)

初詣に小さな神社に行ったきりで、
初売りにも行かず、観光地やレジャー
施設にも行かず、静かな正月です。

今年が皆さんにとって良い年になりますように。






drecom_yururi_n at 12:54|PermalinkComments(0)手作り | イベント

2018年12月30日

松任谷由美コンサート

ユーミンこと、松任谷由美デビュー45年の
集大成となる全国コンサートツアー、「タイ
ムマシーンツアー」。
年末は名古屋のガイシホール公演でした。

2時間前に行ったのに、駐車場が大渋滞で、
開始前に停められるのかヒヤヒヤでしたが、
到着から1時間後になんとか駐車。
ホッとしました。

IMG_6322
実は、ひょんな事からチケットが私の元に
舞い込み、それがたまたま行ける日で、
なぜかこの日にガイシホールに居る事に
なったのです。

中高生の頃、勉強の友はユーミンのカセット
テープ(!)と松任谷由実のオールナイトニッポン。
今でも車内のBGMはユーミンが中心。

ファンではあるけど、コンサートに行く事はあまり
無く、11年前のツアー「シャングリラ」以来2度目。

「シャングリラ」の時は、ユーミンという人が
この世に存在するという実感がそれまで
無かったので、ステージに登場したユーミンを
見て「・・・ユーミンという生物は実在するんだ!!」と、
不思議な気持ちでした。


IMG_6351

今回は「ユーミンに会える!」とワクワク顔(笑)
会場限定ブックレットを手にしただけで、涙が
出そう・・・。

事前のリサーチで、ユーミンが青い着物の
衣装を着るかもという情報があったので、
着物で行ってみようかと。
朝は雪で着物を迷いましたが、寒さと水跳ねの
事も考えて、青色の小紋のウールに半幅帯、羽織。
五本指の靴下にネル裏足袋、アームカバー、
ショールで防寒。
これで、寒風吹きすさぶホール外の物販ブース
にいても、ほとんど平気でした。

席はアリーナ席12列目。
ステージが会場の真ん中に位置する円形の
センターステージで、回り舞台になっていて、
ユーミンが動き回らなくてもステージ上で一周
できる仕掛け。
どの席も正面に思えるように演出されていました。

手に付ける腕時計型のライトが1つずつ渡されて、
それが無線で照明と連動して、曲に合わせて色を
変えて点滅し、お客さんも照明演出の一部となる仕掛け。

一曲目はステージにユーミンとピアノだけが登場し、
弾き語りの「ベルベット・イースター」で静かに始まりました。 

一転して次の「Happy Birthday to You ~ ヴィーナスの
誕生」では一気にキラキラ照明に切り替わり、
ユーミンのパワフルな歌声にアリーナ席は総立ちに。
手に持つライトが会場中で煌めき、素敵でした。

ライティング、スモーク、炎、サーカス的な空中アクロ
バットのダンサー、ステージのスクリーンに映像が
投射される幻想的な演出。
コンサートというよりもショー。
歌の世界を表現したミュージカルを見ているようでした。

中盤で、期待通りユーミンが青い着物の衣装で
登場!
この間、(たぶん)私とユーミンだけがこの会場で
青い着物でお揃いわーい(嬉しい顔)
自己満足満足ほっとした顔

ユーミンの各時代を彩った歌が次々と演奏され、
ステージ中、衣装も7種類早替え、髪型もどん
どん変わる。歌いっぱなし。
もちろん声に年齢を感じるところはあるけど、
それでも生で歌を届けたいというユーミンの
気持ちが伝わり、本当に元気をもらえました。

「こんな集大成のツアーをして、引退するの?と
言われたけど、私はこんなもんじゃ終わりませんよ!
まだまだ歌いたい歌も、やりたいショー演出も
山ほどある!」とユーミン。

アンコール三曲の最後の曲が「ひこうき雲」。
亡くなった人を想う歌。
最初の曲のように、ピアノだけの静かなステージ。
先日の恩師との別れが頭に浮かび、涙ホロリ涙

公演中のほとんどの時間はスタンディング
でしたが、着物で問題なしでした。

ユーミンは名古屋のツアーの翌日は紅白出場。
楽しみだけど、すごいハードスケジュール顔(げっそり)
パワフルさを見習いたい。
約3時間のステージがあっという間でした。

IMG_6353
帰り道、一緒に行った友人と少し早い
年越しそばを。
ご馳走様でした。本当に楽しい1日でした。

ユーミン、ありがとう。
紅白観ます。
また毎日車でユーミンの曲を聴きます。




drecom_yururi_n at 15:03|PermalinkComments(0)お出かけ 

2018年12月26日

忘年会

IMG_6225
仕事の忘年会でいつも利用している
日本料理の「きん魚」さん。

古民家のお屋敷をお店にしています。
分かる人に連れて行ってもらわないと
分からない所にあるのですが、最近
店へ入る県道の角に看板ができたので、
ちょっと分かりやすくなったかも??

https://www.nihonryourikingyo.com/top/


IMG_6210
相変わらずの美しい料理の数々・・・・


IMG_6219
この日はクリスマスイブ。
お正月も近いし、少しお祝いの気配が
感じられる盛り付け。



IMG_6216
フグの唐揚げもいただきました(^-^)

どれも美味しく美しく。

ご馳走様でした。





drecom_yururi_n at 22:30|PermalinkComments(2)

2018年12月25日

冗談じゃない

先日、信じられない別れがありました。

仲間で集まり、「じゃあ、また近々ね。」と
別れたっきり、それがその人との最後に
なってしまいました。

仲間も私も、冗談でしょうと思ったけど、
あまりにも辛い現実。
葬儀にも参列し、お別れをしたのに、今も
いなくなったのが信じられない気持ちです。

こんなの、冗談じゃない!と思ったけど、
冗談じゃあ、ないんですよね・・・。

たくさんの事を教えてくださった先生でした。
まだ何も恩返ししていません。
ありがとうございました、としか言えません。




drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(2)その他 
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ