2018年05月26日

さるぼぼ!!

25日の「半分、青い。」

おもむろに「さるぼぼ」登場。
しかも、何の説明もなし。
岐阜の「ふくろう町」から持ち帰ったらしい、
という状況のみ。

果たして、「さるぼぼ」という単語が、ネット検索の
トップに躍り出ました(笑)
全国から「なにこれ??」「何コレ???」という
声が聞こえてきそう。

「さるぼぼ」とは・・・

さるぼぼは、飛騨高山など岐阜県飛騨地方で
昔から作られる人形。飛騨では、赤ちゃんの
ことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」の意。
元々は子宝を願う民芸品。
近年では、土産として飛騨地方の観光地で多く見られる。
基本形は、赤い体に赤く丸い顔
(目鼻口は省かれる)、赤い手足(指は
省かれている)、黒い頭巾と黒い腹掛けを
着け、座って足を前に投げ出しているか
両足を広げ、両腕を上げて広げた姿である。

さるぼぼは岐阜でも飛騨地方の民芸品です。
ドラマの舞台として観光客の人が
大勢訪れている東濃地域は、飛騨地方とは
かなり離れているため、お土産売り場でも
あまり見かけません。
高速道路のサービスエリアにはあるけど、
恵那市の駅の特産品コーナーや、ロケ地の
岩村町では見たことないような???

33340647_184811172342016_1621220630911254528_n

「これ、どこで売っていますか?」の問い合わせが
増えそう。
岩村でもさるぼぼ置くのかなぁ~?

一般道で東濃を観光される場合は、中津川市の
付知町や加子母町あたりの土産処まで行けば
飛騨に近いので、さるぼぼがあると思いますよ。




drecom_yururi_n at 05:10|PermalinkComments(0)その他 

2018年05月22日

京都大会・その3

京都大会当日。

前の晩、体調は戻らず、大汗をかいて、ガンガン
発熱しているのを実感しつつ、一晩過ごしました。
眠れる事は眠れたのですが、すっきりお目覚め
には程遠く。
相変わらず首のリンパ腺は絶好調に腫れ
上がって痛い痛い・・・・(TДT)
宿は、部屋も布団も快適だったので、もっと
古い町家の風情を楽しみたかったのになぁ・・・・。

とりあえず身支度し、1階の座敷で、前の晩に購入
しておいたパンと宿提供のコーヒーで朝食。
私と同じように京都大会に来られた方もおられ、
定宿にしているとのことでした。

出番は恐らく昼ごろなのですが、受付は朝。
どうにかこうにか会場入り。
ですがさすがに消耗が激しく、だるくて
控え室に座ったまま、弓を張る元気も無し。

出番の1時間ほど前に、どうにか弓を張って
着替えましたが、この痛む首の向け具合で
果たして弓が引けるのだろうかと心配になり、
巻藁を引いて確認しなくてはと思いました。

が、巻藁のある練習場所までは徒歩数分。
なんと困難の多い日でしょうか。
とにかく巻藁にたどり着き、2本引きました。
危険な矢を出さない程度には引けるかな・・・。
棄権はしないで引くことにしました。

2018京都11
ボーっとしつつ、とにかく射遅れだけはしない
ようにと召集場所へ。
立ち位置は大落。

実はここ数ヶ月足を痛めていて、まだ長時間は
まともに座れない状況でした。
なのに「大落」・・・・。
弓の神様、どこまでこの私に試練をお与えに
なるのですか。。。
何か悪いことしましたか??(涙)

もう、無事に2本引いて帰ってくればそれでいい。

緊張するどころではなく、身体に任せて引いて、
甲矢は思いのほか良い弦音で的中。
は、中った。
甲矢は、一応がんばってみたのですが、7時
ギリギリに外れました。

無事に引けて良かった・・・。

とにかく、無事に済んだ済んだ、それだけの
大会になってしまいました。

2018京都12
会場には弓具屋のブースがいくつもあり、
地元では見ることのできない豊富な品数が
揃っています。
ここを見るのも楽しみにしてきたのに、何も
頭に入らない感じだったので、弓や矢など、
重要な弓具はとても正しく選べないなと
思って諦めました。

看取り稽古もほどほどに帰途へ。
京都駅でお抹茶甘味処の都路里の前を
通っても、全然食べたくならない・・・。
普段だったら絶対食べるのに~~~~。

京都に来てから、大量のスポーツドリンクと
わずかなパンやおにぎりしか食べていない
じゃないの。
く~~、絶対にリベンジする!。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

何もかも心残りな京都の旅となってしまいました。
これも後々良い経験になればいいけど。。。

私のゴールデンウィークは、その後も休み
明けまでキッチリ寝込んで過ぎていきました。
日ごろの健康管理はしっかりしないといけませんね。






drecom_yururi_n at 06:45|PermalinkComments(0)弓道 

京都大会・その2

体調は怪しく、変な汗で汗だくのまま、水分だけは摂りつつ、京の町へ。
もう、観光や京の味めぐりはあきらめました(T_T)
でも、最低限、明日の大会の予定だけは会場に行って確かめないと…。


BlogPaint

その前に、絶対に行きたかったお店だけはと、三条大橋のたもとにある「内藤商店」へ。
老舗のタワシや箒を売るお店で、店構えもステキ(^-^)
手作りの箒は、入荷すると並べる側から売り切れてしまい、入荷は不定期なのでかなりのレア物との情報でしたが、この写真を見ると軒先に箒がぶら下げられていますね。
当日は気付く余裕が無かったのですが、レア物ゲットのチャンスを逃してしまいました。
しかし、弓に箒をくくり付けて持ち帰るわけにもいかないので、今回は気付かなくて良かったのかな。


2018京都10
私の目的はコレ。
足袋洗いタワシと半襟洗いタワシです。
布地を傷めず洗えるそうで、白いのが足袋用で、パキンという植物の繊維。
黒いのが半襟用で、馬毛。

使い込んで毛がすり減ったら、締めてある紐を数段ずつほどくと、また毛先が増えて、繰り返しほどいて使い、短くなって持てなくなるまで使えるそうです。

プロの悉皆屋さんが毎日毎日使い続けても、1年くらいは持つとの事でした。

とても可愛らしい(失礼かな?でも、本当に素敵なおばあちゃんでした)方が対応してくれて、
「足袋や半襟はごしごしとコジたらあきまへんえ。トントンと叩いとおくれやす。」

「洗うた後は、タワシは紐で吊るして、陽に当てて、よーく乾かしておくれやす。」
足袋って、こすったらダメだったんだ…。
ガッシガッシこすってました(^^;)

お店の中には、おなじみの亀の子タワシだけでも大きさが10種類以上もあり、柄がついたもの、釣鐘や鉤型に曲がったタワシや箒がたくさんあり、釣鐘型のは茶釜の外側を洗う専用の物で、鋳物の凹凸の細工を傷めずに洗える形との事でした。
こんなに専用のタワシや箒があるとは、驚きです。
最近は、外国の観光客の方が、面白い形のものを壁にかけて飾りたいと買っていかれるそうで、足袋洗いタワシもインテリアに人気とのことでした。

「明日試合どすか。おきばりやす(^-^)。」
はんなりとした京ことばのお店の方と、体調さえ良ければもっとお話したかったなぁ…。
タワシや箒、色々聞いたら面白そうです。


2018京都3

他には、偶然に鳥獣戯画の風呂敷を発見。鳥獣戯画のデザインのものはたくさんありますが、兎と蛙が弓比べをしている場面のものをあまり見かけず、欲しいと思っていたので嬉しかったです。


2018京都13

こちらは綺麗な半襟の専門店。
体調さえ良かったら、もっとじっくり見たかった所ばかり(泣)


まだ変な汗は続き、綺麗な寺社もお庭も見る気が湧かず。
観光地近くを通ると、抹茶ソフトなどの甘味、おばんざい屋さんにお豆腐の店。
京の味覚にも、私のアンテナが反応しません。

せっかくの京都なのに、無念この上なし。

どうにか試合会場にたどり着きましたが、範士の先生方の射を拝見する元気もなく、弓具屋の出店を見る気力もなく。
掲示されている明日の自分の出番のみ確認して、土産を購入して宅配便で発送。
試合会場の向かいにある平安神宮に「十二十二」というお土産センターみたいなものがオープンしていたので、まとめてお土産を選べて助かりました。
楽しみにしていた京都の1日なのに、早々に宿に戻り、翌日に備えました。




drecom_yururi_n at 06:42|PermalinkComments(0)弓道 

京都大会・その1

2018京都1


何年かぶりに、ゴールデンウィークの
京都へ行ってきました。全日本弓道大会に参加するためです。
ものすごく楽しみにしていて、宿選び、観光には
どこへ行こうか、何を食べようか、何ヶ月か前から
あれこれ練っていたのに…。

出発2日前から、首のリンパ腺が腫れて
高熱(>_<)
病院で診てもらい、流行りの「はしか」では
ないことを確認して、行ける体調なら行こうと
決めました。
出発の朝、微熱程度になったので、GO!

どうにかこうにか京都駅に着くと、コンコースは
びっしりの人!人!人人人人…。
さ、さすがゴールデンウィークの京都。
弓と矢筒と荷物を下げ、ひとまずは荷物を
預けに宿に向かいました。
弓道の大荷物を抱えては、観光はおろか、
コンビニや公衆トイレに入るのも、
一人旅だとかなり困ります。




2018京都4

こちらが本日のお宿「胡乱座」さん。
「うろんざ」と読みます。
https://www.uronza.com/japanese-home

古い京町家を、ほぼそのまま補修して宿に
しており、文化財指定も受けています。
なので、内装も昔ながら。
宿のオーナーさんの考え方も、京町家その
ままの暮らしを体験してほしいという事で、
冬場の暖房はありますが、夏にはクーラーは無し。

一部屋にベッドをたくさん置くドミトリー式ではなく、
一部屋一組の旅籠式。
ただし、部屋の仕切りは襖なので夜間はお互い音
など配慮が必要。
廊下への出入りも襖や障子なので、鍵はありません。
お風呂は近くの銭湯へ。
町家は内風呂が無く、銭湯が普通だったそうです。
胡乱座さんでは、シャワー室のみ新設して、シャワーは利用可です。


2018京都5

細い間口で、奥に長い建物の町家。
玄関から坪庭を通り、奥へと続く通り土間。
外は暑かったけど、この土間に涼しい風が
通り抜けていました。
土間の台所は自由に使えます。
後片付けもきちんとね。





2018京都6

二階にも客室があり、渡り廊下からは綺麗に
手入れされた坪庭が見えます。
建物のそこここに、季節のしつらいがされています。



2018京都7

こちらが私の泊まる部屋。四畳ですが、
京間で畳が大きいので、狭さは感じませんでした
。決して広くはありませんが、心地よい、
ちょうど良い狭さです。

寝具や家具など、キチンと整えられ、手入れされていました。
お隣の部屋との境は襖一枚なのですが、
どのお客さんも宿のコンセプトを分かって
お泊まりのようで、騒音や不安な点などは
全くありませんでした。


2018京都8

畳や障子、襖も伝統的な素材、材料で補修して
あるので、お部屋での飲食は禁止です。
坪庭を望む一階の座敷が共用エリアに
なっており、ここにお茶やコーヒーを淹れる
セットやお湯、茶器があるので、自由に
利用可能です。

コツコツと、振り子時計の音が心地よい。
町家で暮らしたことは無いのに、何故か
感じる懐かしさと安らぎ、心地よさ。
日本人の中に、こういう暮らしがプログラミングされているのでしょうね。
さて、宿に荷物を預け、身軽になって
京都の街歩きへと出かけます。



drecom_yururi_n at 06:38|PermalinkComments(0)弓道 

2018年05月13日

書きたい事あるのにー

E1DF6227-B2B1-4596-AB88-4D9467A2CDE1


ちょっと更新が滞っておりますが、元気で忙しくしてます(^_^;)

最近、新しいカフェを発見したり、忙しいと言いつつも、チョイチョイお楽しみも〜♪






drecom_yururi_n at 07:47|PermalinkComments(2)その他 
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ