2017年04月12日

桜満開

今年はいつまでも朝晩が寒くて、桜の開花が
ずいぶん遅くなりました。
4月8日あたりから、こちらの地域でも桜が
咲き始め、今週は満開です。

resize3356
家からも、近くの桜が見えるので、PC触りながら
お花見できます(^-^)

マヨを連れて、散歩のついでに桜の写真を
撮ってきました。
こういう時のために、私が離れてもその場で
ポーズをとっていられるように、「スワレ・マテ」
の練習を日ごろからやってきました。



resize3364
練習のおかげで、まずまずの写真が撮れました♪
座って待つことはできるけど、待たされる
のはイヤなんだよね~、という気持ちが顔に
すぐに出てしまうので、なかなか楽しそうな
感じに撮れません(^ ^;)
この写真はかなり良い方。


resize3362
これはちょっと真剣になりすぎかな??(笑)
そんなに力まなくてもいいから・・・・。
とにかくおやつを貰おうと必死。



resize3359
これはまた別の晴れた日に撮影。
おお~。結構イイ感じ。
風が強かったので、毛がボワーッとなって、
サモエドのニセモノみたい(笑)

resize3355
家の窓から見える桜は、夜になると公園の照明で
ライトアップみたいに見えるので、夜桜も楽しめ
ます。





drecom_yururi_n at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マヨ | 庭・植物

2017年04月08日

こねないパン

元々、時間をかけてコツコツ作るというような
作業が苦手な上に、最近は本当に自宅滞在
時間が少なくて、お菓子作りも遠のき、パン
なんて全然焼けない状態です。

先日、午後から夜まで時間ができたので、
「こねないパン」を焼いてみました。
今までに3回くらい焼きましたが、フランスパン風
のパンができて、結構気に入っているのです。

このレシピ、本当に手間いらずで、スボラの私には
ピッタリです(笑)
粉や水の温度管理もなしで材料をボウルに入れて
木ベラで2分ほどグルグルと混ぜ、まとまったら
あとは1次発酵、丸めなおし、2次発酵と進み、
焼くだけです。
私が手を使うのは、混ぜるのと丸めなおす時だけ。

resize3346


↑これは、丸めなおして1次発酵まで進んだところ。
この後は鉄鍋に入れたまま焼きます。


resize3347


最初は蓋をして焼き、後半は蓋を取って焼きます。


resize3348


できました!
こんがり~~~~(^-^)

皮がかなり硬めで、フランスパンのブール
みたいな感じです。
ハード系好みの私にはピッタリのパン。


resize3349


翌朝の朝食に、スライスしてハチミツバター
トーストにしました。
油分が入っていないので、ますますフランス
パンっぽい。
家で焼くパンは、時間が経つと硬くなりがち
ですが、このパンは2日経っても硬くならない
ので、作ってから食べるまで、扱いが楽で
嬉しいです。















drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手作り 

2017年04月03日

歩射神事


4月になり、各地の神社で春の例大祭が行われ
る時期となりました。
先日、ある神社で例大祭の中の神事の一つと
して「歩射神事」があり、間近で見ることができました。
ニュースなどでは見たことがありますが、ホンモノは
初めてです。

弓矢は、平安の昔から魔除けに用いられてきたので、
現代でも宮中の鳴弦の儀や、色々な神社での祭礼
に弓を使った儀式があります。
身近なところでは、破魔矢としてお守りにもなっていますね。

resize3344
雲ひとつない青空(^-^)
桜の開花はやや遅れ気味ですが、春らしい日でした。
歩射神事の会場は神社本殿(写真右奥の大きな屋根)
の前。
砂利敷きの境内に青竹が矢場の四隅に立てられて、
注連縄で結界にしてありました。

始めに本殿での拝礼の後、神職・射手・介添など、
一行が隊列で会場へ。
結界の注連縄が切られて、そこから矢場へ入って
いきました。
resize3341


左の赤い装束の6名が射手、それぞれの後ろに控えて
いる緑色の装束6名は介添、右奥に直径180センチほどの
大的が掛けられています。
的の左側には的中を知らせ、矢取りをする人が2名。
右側には白い装束の神職の方数名と式を取り仕切る
裃姿の人、記録をする人が着席。

歩射神事にも色々な種類があるようですが、これは
「大的式」と言うのかな?名古屋の熱田神宮のものが
ニュースなどにも紹介されて有名ですね。
大的の中心と四方に、小さな角材「千木」が取り付け
られていて、白羽の矢に魔よけの意味をこめて、
真ん中の千木を狙って射るものです。

熱田神宮の場合は、この千木が大変ご利益があるとの
ことで、最後の矢が離たれた後に観客が一斉に的に
押し寄せて千木の奪い合いになって、大騒ぎになります。
こちらの神社では千木の奪い合いは無いようで、周囲の
観客の皆さんも、いたって穏やかな雰囲気でした。

射手は地元の高校の弓道部の子達とか。
蹲踞をして腿の上に弓矢を組んで置いたまま、
装束の紐を解き、立って肌脱ぎをしていました。
普通の弓道とはかなり違う体配で、なかなか
難しそうでした。

resize3343
射る前に、弓の本ハズで的を突く。
古流でこういうのを見たことがありますね。


resize3342


弓道人口の多い地域だけあって、高校生とはいえ
とてもしっかりと引いていて、着慣れない装束も
なんのその、全員がほぼ真ん中に的中していました。
中ると、左側にいる巫女姿の女の子が「あた~り~」と
告げて采配を振り上げます。

2名が引くと、次の2名と交代し、その間に矢取りを
した矢を矢返し。
矢渡しのように介添えが矢を受け取り、射手に
返していました。そのときの動作も、神事独特の
渡し方でした。

2名ずつ、計6名が引いて、終わるのかな?と思ったら、
また最初の2人が的前に。
何回か、同じ事を繰り返すようです。

その後、30分ほどその場を離れましたが、戻って
きたらまだ引いていたので、何回引いたのか分かり
ませんが交代交代でかなりの数を引くようです。

最後の矢を引いた後は立ったままで肌入れをし、
神職の方から竹に挟んだ紙包み(褒美の意味?)を
各々受け取って席へ戻っていました。
以上で歩射神事は終了。
一行は、再び神職の方を先頭に、本殿へと戻って
行きました。

桃の花の名を冠した祭礼なので、参加者が身に
着けている冠や烏帽子には桃の枝が挿してあり、
京都の葵祭のようで、雅な時間を体験できました。











drecom_yururi_n at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弓道 | お出かけ

2017年03月07日

看取り稽古

先日、女性だけの試合「女子大会」に参加
してきました。

私の住む地域でだけでなく、他のたくさんの府県
からも参加者が来るので、総勢500名を超える
参加者の大規模な試合です。
前日から泊まりの人もあれば、支部でバスを
チャーターして大勢での参加のところもあり。
この地方随一の規模を誇る道場も、人・人・人で
いっぱいになりました。

私の最近の弓道ライフはというと、相変わらずの
射癖に悩んで稽古し続けているのですが、一番
ひどいときよりはちょっとマシになったかな、という
程度で、まだまだ一本一本の落差が大きくて安定
した射にはなっていません。
当然、的中も半分くらい・・・。
もう1年以上、各種大会の入賞からは遠ざかっています。

試合の方は一手1回(2本引くだけ・・・)で、2本とも
中った人のみ決勝に進めるので、1本外したら
終了です(^^;)

でも、女子大会だと、自分は予選落ちしても、他の方が
初心者~全日本選手権入賞クラスの先生方までと多彩で、
たくさんの女性の方々の射を拝見できるので、とても
勉強になります。
特に、大勢の女性の称号者の先生方の射を間近で
拝見できる事は滅多に無いので、看取り稽古の
絶好の機会です。

大規模な試合ならではの慌しい雰囲気の中、
入場前は何だかいつになく緊張してしまって、
最近では珍しい感じでした。

よほど緊張した顔をしていたのか、巻藁の前で
並んでいると、同県の方々が「がんばってね」
「けっこう良くなってきてるじゃない」と、声を掛けて
下さって、ありがたいことでした。

入場して、矢番え以降は結構落ち着いてきて、
「また悪い癖が出たら嫌だな」よりも、「自信持って
堂々と行け!」という気持ちの方が強くなっていて、
甲矢は私の中では比較的マシな射が出来たと
思います。

息が詰まって力が上ずることもなかったし、引分け
でちょっと引き足らずになりそうだったけど、目どおり
過ぎてからを頑張って、さらに引き込め、引き尺も
足りてたと思います。
問題の前離れ・戻り離れもそんなになく(と自分では
思う)中黒の10時あたりに的中しました。

よし、このまま、無駄に不要な事をしないで、乙矢も
今のと同じように、自信持って淡々と引くべし!
そう思って、打ち起こし、乙矢の会までは同じように
来られたのですが、会の最後の最後で、「まだ足り
ないのではないか??もっと張り合わないと!」と、
自然な成り行きに待ったをかけて、余分に張り合おう
としたのがいけませんでした・・・。

離れる寸前に手先に力が入って、左右のバランス
が崩れ、弓手がムリヤリ押し込んで、弓手が先に
離れた感じで、振込み気味の弓手の反動で馬手

が前に離れてしまいました。

結果、矢は9時にはずれ。
しかも、的から15センチくらい離れてました(- -;)

完全に自爆・・・・・・。
乙矢がそこそこだっただけに、けっこう悔しい。

守りに入って引き足らずや張り合い不足で妥協
してもうまくいかないし、かといって、過剰に粘っても
いけない。
う~~~ん、難しい。。。

予選敗退したので、その後は称号者の先生方の
射を拝見して、看取り稽古。
見れば見るほど、根本的に射の種類が違うと
感じるくらい違います。
どうやったら全く動じない胴造りと、キレがありながら
素直な離れができるんだろう・・??

明らかに私とは違う、という事は分かるけど、
自分がどこをどう変えればそういういふうに
なれるのかは、どれだけ見ても全然判りません。

先生方は、何か付け加えてやっている、というより、
要らない事はしていない、というような印象です。
もちろん、手の内や詰め合い伸び合いなど、私の
目には見えない高度な技術も使えるようになった
上での事でしょうけど、とにかく無理無駄を省いて
いるような・・・。

私はどうにかしようとして無理な力ばかり使って
いるのかなぁ・・・。

たっぷり看取り稽古できたので、今度の練習に
活かしたいと思います。

















drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)弓道 

2017年03月06日

雛祭り第一弾

resize3317

最近ちょっとだけ昼間の暖かさが出てきて、ちょっと
だけ春が近いかなと感じるようになりました。

こちらの地域ではまだ梅もチラホラ咲いたかどうか
という感じで、景色からはまだ春は感じにくいですが・・・。
そのため、旧暦の雛祭りにお祝いをする地域となって
いて、普通のご家庭では4月3日に雛祭りをする
ことが多いです。
雛祭りのイベントも、3月3日ごろから4月3日ごろまで
というものが多いですね。
古い町並みなどで昔のお雛様や、地域に伝わる
陶器製の土雛を飾って見せてくれるイベントが
いくつもあります。

私も、3月のお雛様はお人形、4月は陶器製のお雛様
にして、2ヶ月に渡って、2回の雛祭りを楽しんで
います。

今年は陶器製のお雛様の背景に、綺麗な手ぬぐいを
飾ってみました。
手ぬぐいを飾るポールが以前から欲しかったのですが、
たまたま見つけて購入。
ですが、実際に手ぬぐいをフルサイズで吊るそうと思うと、
結構な面積になってしまい、意外に飾れる場所が
無いということに気づきました(汗)
そこで、今回は手ぬぐいを半分の長さに折って飾って
います。
これはこれでカワイイかな(^_^)


resize3318

夕食はちらし寿司と茶碗蒸し。




drecom_yururi_n at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手作り 
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ