2006年03月

2006年03月31日

一昨日の朝、出かけるときに「ツヒー!ツヒーツヒー!」
という鳥の声がしました。
燕の「警戒!警戒!」に似ていました。
見上げるとサーッと燕のような鳥が。
一瞬だったので、本当に燕かどうか、ちょっとあやふや
でした。
張り切って飛んでいた雀かもと思ったり。
まだ寒いし、桜も咲いていないのに、燕は早すぎるよねぇ。。。

今日、車で川沿いの道を走っていたら、たくさんの燕が
川の上を飛び交っていました。
間違いなく燕。

山間部では、燕が渡る前の集合場所にしているのか
秋頃まですごい群れで燕が見られます。
春も、同じような群れでした。

一昨日の段階で、もう来ていたんですね。
昨日の雪には燕も驚いたかな?

寒くてちっとも春らしくないけど、やっぱり春ですねぇ~。


2006年03月30日

春の雪

DSCN45730001.jpg


いつになく静かな朝、ぐっすり眠れて寝坊しました汗
カーテンを開けると・・・・・。
真っ白。
雪景色。
雪の日は静かなんですよね。
先週、夏タイヤに履き替えちゃったよ。

幸い路面には積もっていなかったので仕事には行けました。
しかし、3月30日に5センチも積もるとは・・・・。

やっと咲いた木瓜の花にも雪。



2006年03月29日

土雛

仕事で回る町で、土雛まつりが開かれています。
この地方では、節句を旧暦で祝うので、ひな祭りは
4月3日。
お店にもまだ雛祭り用品が売られています。

昼休み、時間が出来たので町の文化センターへ
土雛を見に行ってみました。
ずらっと並んだ土雛。これだけ揃うとすごい迫力です。
大きいものは高さ30センチくらいあります。
DSCN45630003.jpg

町の住民から寄贈された約2000体の人形。
お雛様の姿以外に、歌舞伎や武将の姿もあります。
↓これは歌舞伎「伽羅先代萩」のワンシーン。
地歌舞伎の盛んな地域なので、歌舞伎ネタ多し。
DSCN45650004.jpg

変わったところでは、日露戦争頃の軍人さんとか、
忠臣蔵なども。
昔は4月3日に男女とも節句を祝っていたそうで、女の子
には花嫁姿やお雛様の土雛を、男の子には武将など
の土雛を贈ったそうです。

↓掛け軸のお雛様も。。。
手書きでとても綺麗です。
やはり歌舞伎らしいポーズですね。
こういった掛け軸も10本以上飾ってありました。
DSCN45680001.jpg


4月3日まで無料で公開です。
興味のある方はこちらをどうぞ「日本大正村」
甘酒、節句のお菓子「からすみ」の無料お接待もあります。



2006年03月27日

バカカメ!!!

灯油が無くなったので、買いに行こうと思い、道すがら
100円ショップに入りました。
特に買うものもなかったのですが、新商品が出ているか
見るだけでも楽しいので。

キッチンコーナー、園芸コーナーと回ったところでなにやら
異臭が・・・・。
クンクンクンクン・・・・・ブタ
こ、これは・・・・っ!!!



カメムシのニオイ



しかも至近距離



名古屋に住んでいた頃、カメムシと言えばてんとう虫サイズの
つるっとした虫でした。
しかし、山間部に近いこちらには、カメムシといえば1センチ
以上あるデカカメムシなのです。初めて見たときは驚愕しました。

家の中にしばしば出没し、怒らせてニオイを発射されると
部屋中に「カメ臭」が充満し、大変不愉快な思いをすることに
なります。それは小さいカメムシの比ではない激臭です。
もし出現したら、2枚の紙を使い、怒らせないように紙の上へ
歩かせ、そのまま窓から捨てます。


100円ショップでカメ臭をキャッチし、「これは踏んだかも
しれない」と思い下を見回しました。
どこにも姿はなし。
でも、ニオイは間違いなく至近距離、それも、かなりの。

場所を移動しましたが、まだ至近距離。
こうなると、ニオイ源を確かめないと落ち着きません。
キョロキョロ見回し、腕や足についていないか確認。
いない。。。。

自分じゃないならまあいいやと、陳列してある商品に
手を伸ばしたその時。

カメムシが

いました

手首に

私の手首に!!!!


あーーーーーーーーーー!!!!!!!(←頭の中)
どうしよどうしよどうじよぉおぉぉぉ~~~~!!!

手を振っても落ちず、これ以上刺激を与えて怒ったら
さらにカメ臭が激化することは必至なので、左手で
つぶれない程度にデコピンして落としました。

こ。。。。この、この~~~っ!
と、踏みつけそうになりましたが、踏んだらさらにカメ臭
が出ます。
ぐっと我慢。
カメムシめ、先制攻撃しておいて、反撃を許さないとは
卑怯なヤツ。

ああ~。カメ臭の震源地になってしまった。。。
もう、買い物どころではありません。
思考能力は急降下。

洗剤のコーナーで布のにおい消しスプレーを見つけ
それだけ買って店を出ました。
車に乗る前にシュッシュしたけど、またすぐカメ臭が。
恐るべしカメムシガス。

帰宅してよく調べると、フリースの上着の衿から強烈
に臭います。いつからここにいたんだ!
徹底的にスプレーしましたが、消えず。
もう洗濯するしかないや。。。。
着ていたもの全部、持っていたトートバッグも洗わなきゃ。

カメムシに何も危害は加えなかったのに、なんでこんな目に。
カメムシのバカバカバカバカバカ!!







2006年03月26日

福寿草

DSCN45470005.jpg


今日は、岐阜県の上矢作町というところへ、福寿草を見に行ってきました。
名所にするために植えたものでなく、何百年も前から
自生しているものだそうです。

自家用車もすれ違うのがやっとの道を通り、自生地へ。
自生地と言っても公園などでなく、普通の山村です。
険しい渓谷の突き当たりに2軒のお宅しかないところ。
画像のような棚田の畦に自生しています。

DSCN45520001.jpg


こんなにたくさん!!

DSCN45490003.jpg


ミツバチもやってきました笑い
足元にも、あちこちから福寿草が顔を出しています。
↑この花は昔から自生している種類。

DSCN45420010.jpg


↑こちらは栽培種。
栽培種を植えてあるエリアもありました。
野生のものと比べて、葉が大きく、黒っぽいのが特徴だそうです。

少し曇ってきたので、花はやや閉じ気味でした。
日に当たると開くので、良く晴れた日の昼ごろは満開だそうです。

見ごろは4月初旬まで。
住民の方が開く売店に、あまごの塩焼きや五平餅もあります。
詳しくはこちら「恵那市HP・福寿草自生地の案内」
天気の良い日に、歩きやすい靴と小さな車で行ってくださいね。
近くには温泉もあります。
「ひまわりの湯」
自生地から20分ほど走って長野県へ入ってしまいますが、
石鹸水のようにツルツルの湯と、ひろ~~い露天風呂が
オススメの温泉です。









livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ