2006年11月

2006年11月30日

ニアミス

dscn63650002.jpg

このツルは「サルトリイバラ」という植物のツルです。
別名「山帰来(サンキライ)」とも呼ばれます。
もうちょっと葉が大きくなると、まん丸の円に近い葉の
形になり、麩饅頭を包む葉にも使われます。

秋ごろになると真っ赤な実を付け、その実が付いたツルは
茶花として好まれ、最近はクリスマスリースの飾りとして
も人気です。実の赤さが褪せにくいそうで。

山間部の林にはたくさん生えているので、花好きな母は
「取って来い探して来い」とうるさいことうるさいこと。
時々林の中を見てはみましたが、葉はあるものの、実の
ある枝は1本もなし。
赤は目立つので鳥に食べられてしまったのかも。。。

今日は少し奥まった林道へ行ってみることにしました。
と言っても、交通量の多い国道から2~3分入っただけ
のところ。

車を止めて林を覗いていると、1台の車が来ました。
私の横を少し行き過ぎて、バックして戻ってきました。
・・・なんだ?怪しい動き。

すると、運転席から作業服姿の40代くらいの男性が
降りてきました。
なになに!?危険な人じゃあるまいな!?

「あのう、ここをパトカーとか通りました?」
何で警察の動きを気にしているの???ほ、本当に
危険な人物なのでは??(汗)

「いいえ、車は1台も来ませんでしたけど・・・」と
相当怪訝そうな顔で答えました。

「そうですか。いえね、先程、こちらの林道で熊が
出たという通報があったものですから。見回りに来た
んですが。私、役場の者です。」


ハァ!?!?熊??

聞けば、ついさっき通報があったばかりだとか。
熊が出ると30分後くらいに広報の放送が流れる
のですが、それも流れる前だったので私は全然
気付かずノコノコ山に入っていたわけです。

熊よけの鈴は持っていたけど、肝心の鈴はカバンに
付けてあって、カバンは車の中。
エンジンも切り、カーラジオも切ってしまっていて、
本当にヤバイ状況でした。

役場の男性は「クラクションかラジオ鳴らしてくださいね」
と言い、去っていきました。
私は「す、すぐ立ち去りますっ!」と言い、その場を去りました。
あ~~、熊より先に役場の人に会ってよかった。。。

dscn63640003.jpg

サンキライはなかったけど、代わりに見つけた紫の綺麗な実。
光っていて、とても可愛かったです。
・・・・もう取りには行きませんけどね。(笑)



2006年11月28日

カニのフォース

20061128_1652_000_edited.jpg

光るカニ男現る!!!
ジェダイの写真を撮りました。携帯だけど落ち込み
今日は4刀流で、ライトセーバーは腰に差したままでした。

ちなみに、夕暮れ時ですが半袖です(笑)







2006年11月26日

カサ・バトリョ

dscn63440001.jpg


2年前の10月、スペインへ旅行に行ったおりに1枚の
絵を買いました。
画像の絵がそれです。「カサ・バトリョ」という建物。

絵を買った場所は、バルセロナの「カサ・ミラ」の売店でした。
「カサ・ミラ」は建築家ガウディの傑作と言われるアパートです。
今でも住んでいる人もいるけど、中を見学できるようになっています。

旅行の画像はこのブログの右側にある「リンク集」の中の
「アルバム集・2」の中にありますので、よかったらどうぞ~。

ガウディの建築としては「サグラダ・ファミリア(聖家族教会)」
がとても有名ですが、何種類ものガウディ建築の絵がある中
この「カサ・バトリョ」を選びました。

なぜこれにしたかというと、ここだけ入館できなかった
からです。なぜに入館できなかったかというと、入館料が
2500円もしたから!!
1人2500円ですよ~。
バルセロナの町のメイン通り、外のベンチでゆっくりと
外壁の美しさを鑑賞しました。

そんな思いをこめて買った絵なのに、縦横比が通常の額に
合わず、かといって画鋲で穴を開けて貼るのもイヤだった
ので、実に2年間も押し入れにしまったままでした。

三重県に素敵な額装店があり、そこで額装してもらおうと
ずっと思っていたのですが、行くたびに絵を忘れていったり
臨時休業だったりで2年が経過(笑)

やっとやっと今日、額装できました。
爽やかな薄いグリーンの額にクリーム色の台紙を合わせて
もらいました。
スペインから折り曲げないように持って帰った苦労がやっと
報われた~。

dscn63470001.jpg

印刷のポスターなのですが、なかなか立体感があってイイ
のですよ(^-^)
ガウディ建築の特徴、タイル装飾が鮮やかに描かれています。

img20061126.jpg

こちらが実際の建物。
雨風にさらされて、絵よりもくすんだ色あいをしていました。


2006年11月25日

リッチな1日

今日は親戚が3人、こちらへ遊びに来ました。
メインは和風フレンチのランチ。
地元民の私は、店名は聞いたことはあるけど、行ったこと
はありませんでした。
親戚の1人によれば、雰囲気も味も名古屋の店に負けず
良い店だとか。

お店の作りは和風でシック。
通された席は畳の和室でした。

dscn63310005.jpg
まずは前菜。
左奥・鴨のスモーク
中奥・海草とアサリとパプリカの和え物
右奥・サザエの煮付け
左手前・水菜と赤貝
中手前・ホタテ貝柱
右手前・牛肉タタキ

↑一応、料理名を書いていますが、ランチ時間で
忙しいせいか、配膳されるときに何も説明なし。
なので、味付けだとか正確な料理法は分りませんでした。
でも、味は美味しかったです。
器も美濃焼きにこだわっていますね。

dscn63340004.jpg
スープは紫イモのポタージュ。
黄色いサツマイモより甘みが少ないのかな?
甘すぎない甘さで、美味しいスープでした。


dscn63370003.jpg
メインディッシュ。
左・キンメダイ(かな?)の焼き物
中・マイタケのソテーとオクラ
右・牛ステーキ
奥左小鉢・ベビーリーフのサラダ
奥右碗・栗ご飯

またまた説明無しなので、お魚がキンメダイかどうか
分りません。食べた感じそう思っただけです。
ソースはニンジン??かな??聞きたかったけどみな
さん忙しそうで(^^;)
このお皿、長さが40~50センチくらいありました。


dscn63380002.jpg
デザート。
マンゴームース
バニラアイス


デザートだけ説明してくれました(笑)
マンゴームースにもバニラビーンズが入っていて、
美味しかったですよ♪
この後コーヒーが出てきておしまい。

お店の雰囲気も味もよかったけど、配膳がちょっとね・・・。
店主は都市部のホテルや有名店で勤めた方だそうですが、
客室係は地元のパートの方が多そうなので、どうしても
「定食屋のオバちゃん」的な応対でした。
お値段的にはしっかりホテルのランチ並みなので、もう
ちょっと店員さんにしっかりして欲しかったなぁ~。
前菜なのかメインなのかさえ言わずに無言で配膳、お皿も
ガチャ☆ガチャ☆とさげるし(苦笑)

いえ、悪いお店ではないんですよ、ホントに。
しかも親戚にご馳走してもらっておいて、こんなこと
書いてちゃいけませんね(笑)
料理は美味しく頂きました。
ご馳走様でした~笑い

帰りにはアウトレットモールに行き、久しぶりに服を
まとめて買いました。
あまりに服を買わず、もらい物などで済ませているので、
「いい加減に服を買え!」とダンナから指令&資金が
出たので。
こんなこと言われる奥さん聞いた事ない(爆)
「服、買いすぎじゃないの?」な奥さんならいそうだけど。
年々、物欲が食欲に置き換わっていって、困ります。



2006年11月24日

10円復活作戦

先日発掘された10円玉を綺麗にすべく、復活作戦を
行いました~。

情報どおり、レモン汁に浸けてみます。
dscn63210003.jpg
シュワ~~~っと泡が出てくるようなイメージがあったけど、そんなに
急激には反応しないみたいですね。
このまま出勤。



~~~9時間経過~~~



dscn63230002.jpg
うわお。
バスクリン??森の香りですか?(笑)

これなら緑青もサビも溶けていそう!
洗って拭いてみました。

dscn63250001.jpg
・・・・・10玉であることは分りますが~。
お店で受け取ってもらえるかな?
浸け時間が短かったかな?
3日ぐらい浸けたら丸ごと溶けちゃったりして!(笑)



livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ