2009年09月

2009年09月30日

秋の陶器祭ご案内

秋の大型連休は終わってしまいましたが、これからが
こちらの地域ではお祭りの時期です。
今週末、4つの陶器祭りが同時開催され、面白い
催し物がたくさんあります。
どの祭りも、開催は10月3日4日です。



☆駄知(だち)どんぶりまつり
会場:土岐市駄知町一帯
↓どんぶりまつり案内HP
http://www.donburi.or.jp/maturi2009.html
ラーメン用、うどん用、どんぶり物用・・・丼の生産日本一の町
駄知のまつりです。
メイン会場でテントの陶器市も少しありますが、面白いのは町内の
窯めぐり。家族経営の小さい工房も多いです。
当日はそれぞれの作業場が臨時のお店になります。
メイン会場へは各駐車場からのシャトルバスでしか行けませんが、
窯めぐりは車で行ったほうが混雑がないです。
駐車場、シャトルバスとも無料。


☆下石(おろし)どえらあええ陶器祭り
会場:土岐市下石町一帯
↓どえらあええ陶器祭りHP
http://www.kamamoto.jp/modules/bulletin0/
「どえらあええ」とは「すごく良い」という意味の東濃弁です。
こちらは「もろ板市」というテント市があり、各窯元が色々な
商品を並べます。
町内の窯元めぐりもあり、街のあちこちに「とっくりとっくん」
という陶器のキャラクターのオブジェが隠れていて、見つけるのも
面白いですよ。
2週間くらい前、ここの町内の登り窯で、祭りに出すための陶器を
焼いていました。ごうごうと赤い炎が上がり、町の外からも窯の
煙が見えましたよ~。
駄知と下石の間は、シャトルバスで行き来できます。



☆陶の里フェスティバル
会場:多治見市市之倉(いちのくら)町一帯
↓陶の里フェスティバル案内HP
http://www.ob.aitai.ne.jp/~k-gama/ibento/tounosato_3a.htm
こちらも町内の窯めぐりです。
駄知・下石よりも平地なので歩きやすいかも?
町内にある有名窯元の幸兵衛窯(こうべえがま)では、秋の
いろどり市が開催され、蔵出し市や、男性によるお茶のお点前、
穴窯の窯焚きなどがあります。ここの蔵出しには関東や関西から
の車が朝早くからやってきます。



☆笠原窯ぐれまつり
会場:多治見市笠原町一帯
↓窯ぐれ祭り紹介HP
http://www.gikoren.or.jp/event/kasahara.htm
「窯ぐれ」とは陶器職人さんのことです。
この祭りは私は行った事ないので詳しい案内ができないのですが、
タイルの生産地なので、タイルを使ったイベントがあるようです。
市之倉と笠原の間はシャトルバスで行き来できます。


さあ、どの祭りに行きますか?
どの町も小さい町なので、がんばれば1日で4つすべて回ることも
難しくないと思います。2つは余裕で回れると思いますよ~。

私は・・・・どうしようかなぁ。。
行くと買いたくなっちゃうし。。。
もう食器をしまうところがない(^^;)




2009年09月29日

秋の味覚!

img_13950001.jpg

で~~~~っかい栗!!
栗、大好きです♪
おこわにしたり、栗きんとんにしてもいいし。。。
今回のデカ栗は3粒しかなかったので、茹でてスプーンでほじって
食べました。
一番大きいのより、小さいものの方が甘い気がしました。
同じ木から落ちた栗なんですけどね。


img_14030001.jpg
これは何だかご存知ですか?
これは「アケビ」です。
この辺では丸い葉をつけた弦をよく見ますが、実は見つけた
ことないなぁ~。
これは頂き物です。
中の白い棒状のところを食べるんですよ。
黒いコロコロの種がぎっしり詰まっていて、種の周りを
なめて食べる感じです。種はペッペと吐き出します。

彼岸花も咲き終わりごろになり、ツクツクホウシもほとんど
聞こえなくなりました。秋らしくなってきました~。
週末は市内で秋の陶器祭りの釜めぐりがあります。
詳細はまたここで紹介しようかな・・・。

秋らしくなってきたと思ったのに、今朝は朝から雷雨で、
とはいっても雷が鳴っていたのはずっと遠くで私は聞こえ
なかったのですが、マヨはしっかり感知して朝から土間で
粗相でした・・・(--;)
異常に吼えて怪しい気配だったので、秘密兵器のマナーベルト
強化版でしっかり対処でき、やっと役に立ちました。
作った甲斐がありました。





2009年09月27日

着物ハンガー100円也

今日の新聞に「和装小物激安100円!」という広告が入っていました。
市内のホールで着物メーカーの出張販売会があるらしい・・・。
こういうの、危なそうですよね。買うまで帰してくれないとか
ローンで高いものを売りつけられるとか・・・・・。

そろそろ弓道に使う和服がほしいなと思っていたので、その広告の
中の「洗える着物・仕立て上がり3900円」というのが気になりました。
汚れても気にしなくていい素材の地味な色の色無地がほしいのですが、
ネット上で洗える色無地があるのは見つけたものの、生地がどんな手触り
か分からないので、もしこの販売会に置いてあれば見るだけ見てみたい
と思いました。
しかし、会場にはどんな手ごわい売り子さんがいるのであろうか・・・。

ちょっと考えてから、すごく貧乏な格好で行き、「弓道に使うから
3900円の色無地しか買う気ありません」と言い切ることに決めて、販売会に
行ってみました。
畳敷きの会場には着物がたくさん飾られていて、数人のお客さんが
いました。
売り子さんはその対応で私に声を掛ける余裕が無い様子。しめしめ。
ぐるっと見回してみましたが、色無地自体あまり置いてありませんでした。

売り子さんが一人、手が空いたようなので聞いてみると、洗える
着物の色無地は今回は無いとのこと。残念。
洗える着物でそこにあるのは、大正レトロという感じのちょっと
大きな柄の着物でした。生地は正絹よりもパリパリした感じ?
弓道で着たいと言うと、正絹の色無地の反物を見せてくれましたが、
それは広告に載っていた「正絹色無地反物 10000円」ではなく、
一反780000円でした。おお、素敵な手触り。
・・・・買えるわけあるかー(爆)

「弓道にお使いになる方が今日この生地をお買い上げでしたよ」
だって。え~、反物代だけでこんな高いの着ている人、聞いたこと
無い~。古着屋で3000円とか、弓道用の仕立てで2万円以下とか、その
くらいがよく聞く価格帯だけど。
これもセールスのテクニックなんでしょうか。
私の格好見れば、3900円の着物しか買えないって分かりそうな
もんなのに(笑)

もちろん着物を買う気は無く、着物ハンガー100円だけ買いました。
今ある着物ハンガーはちょっと短くて着物がきれいに掛からないのですが、
この100円のハンガーは伸縮式ですごく伸びるので便利そう。
売り子さんは、100円のお客でもそういやな顔せずに応対してくれました。
押し売り的でもなかったし。ホッ。
脈のなさそうな客だったからかな?(苦笑)

色無地は、どうしてもすぐに必要なわけではないので、また色々と
検討してみます。
普通の和服と弓道のとは、襟や袖の仕立てが違うという話もあるし、
でも、古着屋の正絹の着物を洗濯機で洗っちゃうよ~。平気平気。と
いう人も居るし、まだよく分からないんですよね。。。



2009年09月24日

連休はどうでしたか?

秋の大型連休も終わりましたね。
みなさん、いかがお過ごしでしたか?

お盆休み同様、高速道路はかなりの渋滞だったようで。。。
うちの車にはETCも付けていないし、こんなに混む時期に
わざわざ高速に定価で乗るのもいやなので、特に遠出の予定
はナシ。。。
でしたが、ふらっと伊勢参りに行ってきました。近鉄列車で。
切符もまったく予約してなかったけど、高速の混雑に対して
列車は余裕あり。
名古屋駅ですんなり次の列車の切符をゲットできました。


img_13630001.jpg

伊勢神宮の外宮も、思ったより混雑なし。
日差しが強くて暑い日だったけど、森の中は心地よかったです。
ここから内宮へはバスです。
内宮へ近づくにつれ、車が増える増える・・・・!
ひとつ手前の信号から、まったく車が動かなくなりました。
その先の突当たりに内宮に一番近い駐車場があるらしく、「満車
70分待ち」の看板が出ているにもかかわらず車が次々と突入。
大渋滞です。
降りたいバス停がそこに見えているのに、到着に10分以上かかりました。
一個前の停留所でバス降りて歩いたほうが早かった。

バスを降りて、おかげ横丁の裏から中へ入ると、おはらい町は
驚愕の混雑でした。道なのに、満員電車の中みたい!!
土産や食べ物屋を物色するどころではありません・・・。
人の背中や頭しか見えない~。こんなお伊勢さん初めてだ。
内宮前まで行くだけでも、かなり大変(--;)
おはらい町じゃない道を通ればよかった・・。




img_13840004.jpg
やっとついた宇治橋。
今は架け替え工事中でした。
作業員さんも白い服、ブルーシートのように材木を覆うシートも
白いシート、TVの取材班が来ていたようですが、その人たちも
白い服。やはり神域の橋を架けるのですから、なにもかも白装束
なんですね。

長い砂利道を進み、内宮の正宮に着きました。着きましたが
前の石段がぎっしりの大行列。
今日は初詣だっけ??
石段の下でお参りすればいっか。。。と思ったけど、せっかく来た
ので並びました。
乳飲み子の小さな子供さんを抱いた人もこの行列に突入して
いましたが、途中で子供さんが具合でも悪いのかものすごい
絶叫泣きを始め、でも行列のど真ん中で途中で抜けることもできず、
結局、周りの人たちが「通してあげてくださ~い!」と叫んで
その人を行列の外へ通して脱出させてあげていました。
あまりに小さいお子さん、体調に不安のある方はああいう
行列は無理してはだめですね。

どうにかこうにかお参りし、退散!
暑いので赤福のカキ氷を食べたかったけど、赤福本店には
近寄れるような状況でなく、土産の赤福さえも買えませんでした。
恐るべし、大型連休。

再びバスで近鉄の駅へ。
ここで赤福を買いました。
名古屋駅にも売っているけど、一応現地で買ったほうがお土産
らしいしね(笑)


img_13860005.jpg

赤福の包みに、「伊勢便り」なる紙が入っていました。
本文の中に日付が印刷されていたので、日替わりなんでしょうか。
前もこういうの入ってたっけ?例の問題以降かもしれないですね。
伊勢の色々な風景を紹介する便りらしいのですが。今回の
題材は「神宮弓道場」でした。へへへ~♪











2009年09月21日

う~~~ん。。

昨日は弓道の団体戦でした。
2週にわたって強化練習があって、その前は審査の練習もあって、
練習量だけはしっかりあったのに、中りはさっぱりなので、いい
内容は期待できないなぁと思っていましたが、せっかく大きな
道場で引けるので、全力を尽くすのみと思って行きました。

img_13490001.jpg


今回の会場は今まで見た中で一番立派な設備で、弓道場なのに
3階建ての銀色のモダンなビルでした。
1階は他の武道の施設、2階が近的射場、3階が遠的射場で、
完全な屋内ではなく、2階と3階は吹き抜けになっていました。
的中表示はすべて電光掲示板。観覧席はガラス張りの冷暖房完備。
今まで平屋造りの弓道場しか知らなかったので、こういう立体
構造のは初めてです。すごい豪華施設です~。

すごい豪華なんですけど、床がすごく滑る道場で、1立目で
入場する一歩目に滑ってずっこけそうになりました。
私の前の人が転びそうになって、これは危ないと思ったのに
想像以上の滑りで驚きました。
まあ、入場では驚いたけど、そのあとに弓を引くときには
あまり気にならなかったので、練習どおりの的中率で、8射
2中でした。チームの人に申し訳ない・・・。

一応、入賞争いの競射には残れて、この競射で私の一本が
決め手になって勝てたので、少しは役に立てたかとホッと
しました。
競射に使う一本の矢は、持っている6本のうち、審査の
ときに中った矢を選び、矢にお願いして引きました。
相変わらず早くてみっともない射だったけど・・・・。

どれだけ滑る床でも、県のトップ選手の皆さんはいつも
どおり、高い的中を保っていました。
私は、今日になってふくらはぎも腰も、筋肉痛です。
いつも足踏み・胴造りはしっかりとしていると思って
いたけど、まだこんなに筋肉を使っていなかったとは・・・。
普段の道場が滑らないので、しっかりと立っている
つもりでも全くたるんでいたんですね。

とりあえずこれで練習ラッシュはひと段落です。
直すところとしっかり向き合って練習をしていき
たいと思います。








livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ