2013年03月

2013年03月30日

ちょいと旅気分

今日は、ちょっと旅人気分になれる場所へ
行ってきました。
旅人と言っても、ツアーなどの現代の旅では
なく、江戸の旅、水戸黄門の気分になれるところです。
↓写真はクリックすると大きくなります。


2013033015320000
屋根に「うだつ」のある旧家。
美濃加茂市の太田宿です。
昔の街道、旧中山道の宿場町で、裏には木曽川
が流れていて渡し舟もあり、交通の要衝だったそうです。

現在でも、太田宿の街道の両側には格子戸
のある古い建物も残り、街道の気配があります。
↑写真の建物は脇本陣にもなっていた豪商の
「林家邸宅」、内部は一部公開されていました。
広大な邸宅の、ほんの一部だけ見学できるように
なっていましたが、それでも立派な造りで、当時は
かなり裕福だったことが想像できました。
公開されている一部以外の母屋の部分(画像では
左半分の部分です)は、現在も住居として使用され
ているそうです。


2013033015500000
林家邸宅のそばにある中山道会館。
色々な資料が見られるようになっていて、
内部は昔の街道のセットになっています。
BGMが馬の蹄の音とか駕籠屋の掛け声、
旅籠の呼び込みの声なんかで、昔の街道
の賑わいのようです。

本物の昔の旅道具を間近で見られる工夫
がしてあって、まさに「水戸黄門」の世界。
時代劇好きにはたまりませんねぇ~♪
ワラジ、脚絆、手甲など、助さん格さんの
旅姿を想像させる衣服、折りたたみの枕に、
折りたたみ硯と筆、折りたたみ蜀台など、
工芸品並みの精巧な旅道具がたくさんありました。
日本人の器用さを改めて感じました。


2013033015360000
会館前の大きな榎の木。
今は葉の無い時期ですが、葉がありますね。
葉のように見えるこんもりした部分、丸いの
一個一個がヤドリギの株です。
スゴイ数です!1本の木にこんなに付いている
のは初めて見ました。

このヤドリギの実を食べに、野鳥のキレンジャクと
ヒレンジャクが最近良く飛来しているとのこと
だったので、楽しみにしていたのですが、しばらく
見ていても現われませんでした。残念!!
会館の中には、飛来した時の写真が飾ってあって、
綺麗な姿を写真で見ることが出来ました。


2013033014540000
TVの水戸黄門だったら、うっかり八兵衛が
「ご隠居、ご隠居!!あそこに団子の美味
そうな茶屋がありますよ。ちょいと一休み
していきましょうよ~~~!」と言う場面ですが、
現代の宿場町にあるのは団子屋ではなく
パン屋さん。
宿場町のイメージそのままのお店です。


2013033015060000
中には喫茶スペースもあって、飲み物を
注文すると小さいパンが付いてきました。
画像はかぼちゃあんパンと、クルミの
フランスパン。

材料をかなり吟味しているそうで、かぼちゃ
あんパンはしっとり生地、フランスパンは皮は
軽めのパリパリ、中は柔らかで美味しかったです。
優しい味という感じ(´∀`*)

おなかが減ってたので、もう1個キャラメル
クリーム入りの、パイ生地でできたコルネも食べ
ちゃいましたが、パイ生地の層がクッキリしっかり、
ザックザクで香ばしくて美味しかったです。
他にもパンを買い込んじゃって、八兵衛もビックリ
の食欲(苦笑)

いつも仕事で通る瑞浪市の道沿いに、「左 伊勢」
と書いてある古い道標があって、年号は「寛政十年」
と彫られています。
岐阜県の山間部に「伊勢はあっち」という道しるべ、
すごくざっくりしてます(^^;)
現在、高速を使ってもこの道しるべから伊勢神宮
内宮までは片道200キロです。

寛政10年っていつなの?と調べてみたら、大体
1800年ごろでした。200年以上も昔。
当時は江戸時代の旅姿の人たちが伊勢参りに
行くのにあの道しるべの前を往来してたんだ
ろうなぁ。。。といつも思っていました。

今回、本物の宿場町を見に行って見て、ます
ます当時の様子が身近に感じました。






drecom_yururi_n at 22:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2013年03月27日

土雛まつり

resize2009

仕事先の町で「土雛まつり」が開催中です。
土雛というのは、東濃地域独特の雛人形で、
その名のとおり土で出来ている陶器のお雛様。

今のような人形のお雛様が登場する前、
子供が生まれると親戚や近所の人がお祝いに
送ったお雛様です。
お雛様と言っても、お内裏様お雛様の格好を
したものは少なく、武将とか歌舞伎の登場人物、
神話に出てくる神様、その時代に流行した服装
などの人形が多いです。

今では作られなくなって、もう昔のものしか残って
いないのですが、この町では各家からそういう
古い土雛を集めて保存し、ひな祭りに合わせて
毎年展示しています。
その数1500体。
ちなみにこのあたりは寒い山間部なので、ひな
祭りは暖かくなる4月3日です。

resize2006

会場にはズラリと土雛。
これだけ集まると壮観です。

resize2008
こちらは歌舞伎の義経千本桜に出てくる静御前。
狐の鼓を打っている場面ですね。


resize2007
こちらはハイカラさん。
いつごろのでしょうねぇ?
明治、大正頃かな?

土雛まつりは4月7日まで。
詳しくはこちら↓
http://www.nihon-taishomura.or.jp/cgi-bin/view9/viewdata/224.jpg
http://www.nihon-taishomura.or.jp/contents/index.html



drecom_yururi_n at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント 

2013年03月24日

1輪だけど

7072121_1910050717_225large

携帯カメラで、しかもズームしたのであまり
綺麗に写っていませんが・・・・。
画面中央に、白っぽく1輪だけソメイヨシノが
咲きました。
この咲き方では、まだ開花宣言もできないけど、
やっぱり桜が咲くとなんだか嬉しいですねぇ~。


drecom_yururi_n at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)庭・植物 

2013年03月20日

牡蠣キター!

シーズン終了寸前、滑り込みで今年の
牡蠣にありつきました。

もう~~~待ち遠しくて待ち遠しくて、いつ
お取り寄せしようかとやきもきしていたの
ですが、我が家はダンナが牡蠣NG、私
一人ではお取り寄せの量は食べきれないので、
実家で食べる予定が立てられるのを待って
いました。
今年はお正月も実家で過ごさなかったし、
弓も忙しくて、食べるチャンスがなかなかなく・・・。

瀬戸内海で牡蠣養殖をしている、ネット仲間の
夢さんのところで育てられた牡蠣、届いてすぐに
殻付きのを開けて、生牡蠣でツルッと☆
ん~~~、甘くて美味しい!!

今朝は朝から牡蠣飯を炊いて、カキフライも
揚げるだけの状態に調理して、実家へGO!

resize2002
焼牡蠣・カキフライ・牡蠣飯・・・。
待ちに待った牡蠣づくし定食でございますよ~~。
冬の間に育った牡蠣は、殻いっぱいに大きく
なって、一口では食べられない大きさ。
スーパーのお惣菜で売っているカキフライの
軽く2倍の大きさはあります。
これを食べたら、スーパーでは買えなくなります。


resize2003
焼牡蠣のボリュームといったら!
焼いても全く縮まず、まん丸のパッツン
パッツンです。
海の旨みがいっぱい♪

毎年「今年でこの牡蠣も食べ納めだ」と言って
いる祖母も、焼牡蠣2個、フライ3個と牡蠣飯を
ぺロリでした。
この分なら、来年も再来年も「食べ納め」と
いって牡蠣をぱく付くことでしょう。
祖母は3月初めが誕生日だったので、92歳の
誕生祝いもかねての牡蠣パーティーでした。

夢さん、いつも美味しい牡蠣を届けてくださって
ありがとうございます!





drecom_yururi_n at 21:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)手作り 

2013年03月18日

春一番

resize1995
二年目の花を付けたシクラメン、その後も続々と
開花しています。
ただ、花の背丈は全部低いままです(苦笑)
茎が伸びるための何かが足らなかったんでしょうね。
気温か栄養か、なにかのタイミングがまずかった
のだと思います。
花はチビでも、まだまだ咲きそうなので楽しみです。

3月に入って急激に暖かくなり、今日は東海
地方で春一番の強風が吹きました。
吹いたのはいいけど、雨なので、大嵐です。
雷嫌いのマヨは、雷が鳴っていなくても、大雨で
雷が鳴るのではないかという気配になると、もう
心配で心配で、全く落ち着きをなくします。
今日は雷も鳴らなかったし、もう嵐のピークは
過ぎたというのに、まだ情けない声で鳴き通し('д` ;)
ま、あと1~2時間で雨も上がるので静かになると
思います。

春一番と言えば、昨日、今年最初のお祭り弓会が
ありました。
先週の試合で、思いがけず、今までにない心持ちで
引くことができたので、また試合本番でああいう
感じになれるのかどうか、あれはあの日だけの奇跡
だったのか、さて今日はどうなるでしょうと、ちょっと
ワクワク。

結果は・・・

金的・・・×
競射1・・・○○××
   2・・・○○××

う~~~ん。。。
金的と、競射1回目の2本目までは先週と似た感じで
引けたんですけど、3本目で突如、まずい感じになって
きました。
力が上ずって、馬手が全然降りてこない(汗)
4本目に、ついに絶対出したくなかった超前離れの
カス矢が出てしまいました。

あとちょっとが降りてこなくて、これが降りないと張れ
ないし、絶対下に行く~~~。ぐぐぐ~~~。と
頑張ってみたけど、降りてこず、外れた矢所は下。
以前と全く同じ失敗・・・。
あ~~~。やっぱり緊張しない術が身についた
わけじゃあなかったんだ。。。そんなうまい話無い
よなぁ~~。ガッカリ。

今までにも多発している「馬手が降りてこない現象」の
解決策は、まだ見つけていません。
練習ではあまり起こらないけど、試合などで、心は
緊張していなくても、身体だけ緊張しちゃう感じです。
手先で、馬手を最初に引きすぎか、同じく手先で、
弓手だけを押しすぎかのどちらかかなぁと思うの
ですが、ハマってしまうと試合中に修正できないです。

競射2回目も、1本目はまあまあ大丈夫だったけど、
2本目でやばくなって、3本目4本目は息合いまで
きつくなりそうな感じに・・・。
体がコントロールできなくなってました。
全然引けず、伸びようとしてるどころか縮もうとして
んじゃないの?と自分でも思っちゃうくらい、窮屈
になってました。
外れた矢所は、やっぱり下・・・。

う~~~ん、先週と何が違うんだろう・・・?
先週の審査は2本、試合も予選は2本、射詰めは1本
ずつ引いたから、とりあえず2本まではマシに引ける
ようになったってことか?
3本以上良い状態を保つのは、まだ無理ってこと
なんでしょうか。

一筋縄でいくわけないとは分かっていますが、あの
力の上ずりが爆発的に起こってくるのは、本当に
嫌です。なんとか抑える方法、起こさせない方法を
見つけないと。。。










drecom_yururi_n at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)庭・植物 | 弓道
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ