2015年08月

2015年08月13日

梅干完成!


7072121_2167465558_172large

猛暑猛暑で毎日が全国一位の気温だった頃、梅干の
土用干しをしました。土用は過ぎちゃってたけど。

ものすごい高温と日差しで、標準的には3日間
干すところですが、本当に3日干したらミイラ梅に
なりそうだったので、2日間で終了。

resize3055
これ以上干したらシワシワになっちゃう。
梅干でなく、干し梅になってしまいそうです。
一日中干したわけではないのに、恐るべし
猛暑の力。


resize3056
個人的に、しっとり梅が好きなので、一緒に陽に
当てた熱々の梅酢に梅を戻して、梅干完成と
なりました。

また漬けたばかりだから、塩辛さが尖っているけど、
何ヶ月かしたら馴染んでまろやかになると思います。




drecom_yururi_n at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手作り 

2015年08月11日

新旧交代

resize3066

左:10年使ったミキサー
右:新しいミキサー

ミキサーが、壊れてしまいました。

ミキサーって、そんなに出番のない家電のようですが、
我が家では・・・・・・

生姜湯
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5166117.html

冷や汁
http://yururi-n.dreamlog.jp/search?q=%E5%86%B7%E3%82%84%E6%B1%81


などを作るのに活躍してくれていました。

特に夏は冷や汁が毎朝の朝食なので、毎日稼動。
そんな夏に、ミキサーが壊れてしまいました(´;ω;`)
使いやすくて重宝していたミキサーなのに・・・・。
本体は壊れていないのですが、ミルサーが全く
動かなくなってしまいました。

夏は、このミルサーを毎朝の冷や汁作りに使うので、
無いととても困ります。

ミルサー部分だけ、交換できないか問い合わせて
みましたが、すでに部品の保有期間を過ぎており、
部品はありませんとのこと。
買い替えなら、これの後継機が良いなぁと思った
のですが、ブランド名が今はなきナショナル。
後継機も無く、同じ会社のパナソニックのものは
私の希望する機能とはちょっと違っていたので
選択肢から除外・・・。

ミキサー機能は壊れていないので、単機能の
ミルサーを買い足すというのも考えました。
冷や汁で煮干しを砕くので、匂いのつきにくい
ガラス製で、液体にも使えるミルサーが希望
ですが、ガラス製のミルサーは液体NGのものが
多くて、液体OKのミルサーはカップがプラスチック製
というジレンマ(´・ω・`)

その中でも、タイガー製の赤いミキサーが、唯一
私の希望に合うものだったので、これを選びました。
コードが掃除機みたいに本体に巻き取って収納できる
のもポイント高いです(⌒-⌒)
使い勝手も満足で、今年の猛暑も、新しいミキサーの
おかげで、冷や汁を食べて乗り切ることができそうです。

よく働いてくれた古いほうのミキサーも、ミキサー自体は
使えるので、なんだかもったいなくて捨てられません。

やれやれ・・・。と思った数日後、普通に冷蔵庫を開けた
途端に「パキン☆・・・カラカラ・・・」と、何か落ちました。
見ると、小指の先ほどの小さなバネ。

冷蔵庫の扉(観音開きの扉)の真ん中のパッキンを
たたんでおくバネが折れたようです。
パッキンは、扉のふちに付いていて、開けたときには
たたまれていて、閉めるときに出てきて、左右の扉の
真ん中を塞ぐ構造になっています、出たままだと扉が
つかえて閉まらない。。。。

扉を閉めるときに、タイミングよく手でパッキンを
たたんでやると、バネがあるのと同じように閉めることが
できて、冷気も漏れないので、通常通り使用できます。
が、うっかり忘れるとガツンと引っかかる。

冷蔵庫として使えないわけではないけど、ちょっとだけ
面倒になってしまった~。

よくある、「家電連鎖故障の法則」が発動してしまったのだろうか・・・。
冷蔵庫は高いからなぁ~。。。
すぐには買い替えはなぁ~。。。

こんな事言っているうちに洗濯機まで壊れたりして(((( ;゚д゚)))















drecom_yururi_n at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手作り 

2015年08月03日

脱出

暑い・・・・・。
ここ数日、とんでもない暑さ。
35度36度ならまだ良いほうで、40度近い日が
数日続いています。

もうたまらん!!ということで、このクソ暑い地域
を脱出!!
我慢の限界になっての出発だったので、午後2時
ごろから出かけました。


resize3057
マヨも、灼熱の庭に置いておくのは可哀相なので
連れて行きました。
エアコンの効いた車内は快適らしく、ご機嫌でドライブ。
一路北へ、飛騨地方へと向かいました。

着いたのは郡上八幡。
渓流と鮎の町として有名なところです。
この時期は「郡上おどり」が毎夜開催されて、町の
中が盆踊り会場になっています。

町のそばの川には、鮎釣りの人の竿が林立。
綺麗な川で涼しそう!
でも、釣り中の川にマヨをつれて降りるわけ
にはいかず・・・。

resize3058
さらに走って、山あいの渓流に到着。
魚が泳いでいるのも見えます。
しかし、周囲が田畑で、イノシシやカモシカの被害が
多いのか、川へ降りられる細いあぜ道などは全て
電柵と高さ2mもあるネット柵で囲われてしまっていて、
川へは降りられませんでした。
動物は川沿いに来るのかな??

高台から町を見下ろす郡上八幡城も有名ですが、
あまりの暑さに散策を断念。
ここまで来ても暑いものは暑いですね。


resize3059
徐々に日も暮れてきて、町の中は郡上踊りの雰囲気に。
家々の軒には大きな提灯に郡上踊りの絵柄が付いた
ものが下げられ、通りの上には吹流しのような飾りつけ。
浴衣姿で、今から踊る気マンマンの人たちがあちこちで
踊り会場へ向かって歩いていました。
全くのノープラン、調査なしで来たので、踊りの始まる
時間も場所も分からず、見物はできませんでしたが、
町中が踊りの開始にウキウキしている様子は伝わって
きて、夏だな~、という感じが味わえました。


resize3060
せっかく鮎で有名な郡上へ来たので、夕食は鮎を
食べることにしました。
日も暮れてきて、かなり涼しくなってきたので、マヨは
車で留守番。
注文して、料理が来るまでの間、私が車内に残って
エアコンかけっぱなしにして、料理が来てからマヨの
クレートに保冷剤を乗っけて、店内へ食べに行きました。



resize3061
手前は私の「鮎御膳」の鮎塩焼き。
奥はダンナの「アマゴ御膳」のアマゴ塩焼きと甘露煮。
どちらも釣り人から仕入れているそうで、天然鮎を
買い取って水槽で生かしておき、注文が入ってから
さばくそうです。
店先には、今日の釣果を売りに来ている釣り人さん
がいました。

自宅ではこういうふうには絶対に焼けない川魚。
ヒレを取り、身を箸でキュツキュツと全体に押さえて
ほぐし、尻尾を取って頭を引き抜くと、胴体の形は
そのままで、骨が全部すっぽ抜けます。
今まで、焼いてから売られていたものなどでは
千切れてしまってダメだったのですが、新鮮焼きたて
の鮎はスポッと骨が抜けました!

身は甘みがあってフワフワで、養殖鮎にある川魚
の川臭さは全然なし。
すごく美味しかったです。

この他に飛騨牛たたきも食べたけど、こちらも炭火焼
の香ばしい香りがして美味しかったです。

店内には鮎釣りの長い竿やビクが飾られて、店の
方が取られた「郡上おどり免許」も飾られていました。
上手な方には免許が贈られるそうです。

短時間でしたが、ちょこっとドライブ、楽しめました。
マヨも、車内で熱中症にもならず(家の庭よりはずっと
涼しいので)、お出かけを楽しんだようでした。




drecom_yururi_n at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出かけ | マヨ

そろそろ出口を・・・

矢筋が分からない、馬手が変なほうへ飛ぶ、息が詰まる・・・。
ここ1年くらい、この問題が解決できないでいます。

今年度の試合でも、全てこの状態で撃沈続き。
中る中らない以前に、普通に引けてない(汗)

色んな方面から、工夫をしてはみたのですが、
なかなか解決の兆しは無く・・・。

数年前、早気から脱出できずに2年以上トンネルの中を
彷徨った経験がありますが、その時の心境によく似ています。
今回も、トンネル突入している気配。
そろそろ出口が見えないものか、ため息です(´・ω・`)
今年はトンネルの年かも。

さらに最近のこの暑さ。
こちらの地域は酷暑地帯のため、この1週間ほどは
連日37~38度越えの酷暑。
暑さのせいで射の問題点が解決しないということ
ではなく、この時期の試合や講習会が、体力面でものすごく
ハードなものになっています。

先日の試合でも、試合後は夜まで頭痛でした。
軽く熱中症になったっぽいです。
予防のために、スポーツドリンクやミネラルのタブレット、
首筋を冷やす保冷剤などを用意し、時間に余裕があれば
風通しの良い場所で体を休めるなど、様々な策を講じ
ましたが、それでも軽くやられました。

動きの少ない弓道でさえこれですから、屋外で動きづめ
のサッカーや、体育館でのバレーやバスケをやっている
人は、どうなっちゃってるんだろうか。。。。
こんな気候では、今後は8月はスポーツの大会などは
安全面を考えると難しくなっていくのじゃないかなぁ。
気温が38度や39度の地域では、予防策に気をつけたり
して熱中症を防げるレベルを超えていると思います。
2020年の東京オリンピックがこの時期なんて、どうなっ
ちゃうんでしょうね。

まだまだ暑さが続きますが、トンネル出口を探して、
熱中症にならない程度に、短時間の少ない矢数で
問題解決を目指します。






drecom_yururi_n at 06:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弓道 
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ