2016年09月

2016年09月27日

レク大会

久々に、ブログの記事をまとめてアップしました。
寝オチに次ぐ寝オチで、一ヶ月もブログを留守に
してしまい、友人からは生存確認のメールを貰う始末・・・。

仕事も趣味も忙しく、ブログの画像をアップしては
寝オチ、一行書いては寝オチ、という毎日です(^^;)
体力的に、もう夜更かしできるほど若くないのかなぁ・・・。


先日、全県を挙げてのレクリエーション大会というのがあり、
その一種目に弓道も加えられていて、県内では今までに
ない規模の大会が催されました。

弓道以外には、インディアカ、ソフトバレー、スポーツ吹き矢、
ペタンク、カローリング、キンボールなど、強健な肉体が求め
られるスポーツではないけど、年齢性別に関係なく楽しめる
種目がほとんどだったのですが、弓道はスポーツ・武道で
ありながら、年齢に関係なく同じ内容の競技ができるという
ことで加えられたのかなと思います。

会場は4年前に国体が開催された体育館。
国体当時とほぼ同じ規模の仮設道場が設置されました。

DSC_1070
懐かしいこの景色。国体みたい!
国体選手にはなれなくても、今日だけは国体選手の
気分を味わえます。


BlogPaint
ドリンクコーナー、弓道体験コーナーも設置されて、
普段弓道とは縁のない方も楽しんでもらえるように
なっていました。
子供の試合を見に来た保護者や兄妹などの
お子さんが体験を楽しんでいましたよ。

いつもは、小中学生は小中学生の大会、高校生は
高校生の大会、社会人は社会人の大会と、分かれて
行われるのですが、今回は小学4年生から80歳代
まで、2日間に分かれて総勢600人が参加しました。

BlogPaint
射場はそれぞれの部門で分けられましたが、社会人と
中学生が28m先・直径36センチの的に向かう隣で、
小学生は20m先・直径1mの大的(画像真ん中のカラー
の的)に向かい、同じ射場で競い合いました。

私の所属道場には小学生はいないので、小学生が
大会に出ているのを見るのは初めてです。

BlogPaint
凛々しいチビッコ弓士。

弓道の所作って、ゆっくりでちょっとややこしくて、
なかなかお子さんは落ち着いて覚えられない
と思うのですが、どの子も所作を大切に、5・6
年生ともなると、入場前にはどういう風に礼をして
入るかをちゃんと打ち合わせたりしていて、真摯に
取り組んでいるのが感じられました。

一番小さな4年生の子も、小さなカケを着けて、
ちゃんと大的に中てていて、堂々とした射に
社会人の観客からどよめきが・・・。
反対に子供さんたちは、両親や、おじいちゃん
おばあちゃんよりもずっと年上の人が弓を引いて
いるのを見て新鮮だったかも??

他のスポーツに転向したり、勉強などで一度は
弓を置くお子さんが多いようですが、こういう経験を
思い出して、いつかまた弓を引いて欲しいですね。
何歳になっても出来るからね~。

さて、私の結果はというと、
一手と四ツ矢の計6射で

○○|○×××

3中でした・・・

後半のグズグズっぷり・・・・(´;ω;`)

最初の一手、これはほどよく集中して、要らない
力を使わずに、結構よく引けてたと思うんですよね。。。
矢所、矢飛びも思いがけず良かったです。

後半の四ツ矢の一本目、これが、弦が半分しか
返らず、向こう弦になりました。
中って、矢所も矢飛びもまずまずだったのに、この
向こう弦に、「あっ、気に食わない射!」と、思った
のが間違いでした。
試合なんだから、そんなの気にしないで二本目も
同じように引けばよかったのに、二本目からは
完全に「もっと押そう」とか「手の内を効かせよう」
とか、要らないことをし始めてしまいました。。。

押そうとした二本目は押し過ぎて下へ向けて張り
合ってしまい、6時にほぼ掃き矢。
三本目四本目は、手先に意識が行ってしまって、
体幹から張り合うことが全く出来なくて、完全に
手先離れで上体がブレブレでした。
あれで中るわけがない。
三本目が3時の的枠を蹴り、四本目は2時に抜け。。。

良い射にこだわったことで、悪い射が出た上に
試合としても結果が残せず、自爆しました・・・・。
私のバカバカバカバカ・・・・・。
最近、ちょっと中りが良くなってきて、三本続けて
外す事が少なかっただけに、この自爆は本当に
情けなくて悔しかったです。。。

チビッコ弓士の真摯さを見習わないといけないですね。



drecom_yururi_n at 10:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)弓道 

2016年09月22日

秋の味

梅雨のようにジメジメで蒸し暑い日が続きますが、
季節は着実に進んでいるようで、あちこちで秋の
味覚を目にするようになりました。

先日、栗を入手したので、半分は栗ご飯、半分は
栗きんとんにしました。

resize3215

年々、成形技術が向上しています。(自画自賛)

栗を殻付きのままで茹で、半分に割って中身を
掻き出し、それを細かくつぶしたり裏ごしして、
鍋で砂糖と、塩ほんの少しと一緒に弱火で加熱
しながら練ります。

しっとりとまとまったら、同じ大きさのボール状に
丸めていきます。ピンポン玉くらいですかね・・・。
丸めた物を、布巾で絞って成形します。
私は破れにくいキッチンペーパーを使用して
ますが、布巾で絞れば、てっぺんあたりに良い
感じのシワができて、もっとホンモノっぽくなります。

この、「布巾で絞って成形します。」の短い一文
の部分が意外に難しく、なかなか売り物のような
形になりませんでしたが、職人さんの手つきを
目を皿のようにして見て覚え、真似して、出来る
ようになりました。

材料が栗と砂糖なのに、買うと1つ200円以上もする
高価なお菓子ですが、殻を剥いた栗を茹でて
つぶしては絶対にこの味と食感が出ないので、
どのお菓子屋さんも、栗の中身を掻き出すのと、
絞って成形するところは手作業で行っています。
この時期、栗の中身を掻き出すアルバイトが募集
されるのも、この地域ならではかも。
非常に手間のかかるお菓子なので、この値段も
納得です。

先週あたりからスーパーにリンゴの紅玉が
並び始めました。
あまり時間が無かったけど、紅玉を見たら
アップルパイを焼きたい欲がムクムクと湧き、
発作的にアップルパイ作りに突入(笑)

resize3218

パイは、扱いの簡単なショートニングのアメリカン
パイの生地です。
おすそ分けをしたので、切り分けて、ちょっとおめかし。


resize3217

バター使用のパイほどリッチな香りやザクザクと
した食感、こんがりした焼き色はありませんが、
あっさりとした軽いパイになります。
紅玉のフィリングの方にバターを少し使い、ちょっと
だけリッチな香りをつけました。
リンゴどっさり、紅玉の香りと酸味がが主役のパイです。







drecom_yururi_n at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手作り 

2016年09月16日

面白いね~

ちょっと前に、面白いものが届きました。

それは、トマト缶。
トマトの水煮の缶詰です。



でも。。。






resize3214
  ※遠近法を用いたトリック写真ではありません。
   缶の隣に写っている犬はチワワではありません。



超巨大(笑)



高さは40センチ以上、直径も20センチはあるトマト缶です。
ちゃんと金属でできてて、フタの部分のプルタブまで付いてる。

中身が本当に本物のトマト水煮だったらどうしよう~(゚д゚;)
一度に使い切るなんてとてもムリムリ。
一番大きい鍋でトマトソースを作って冷凍したとしても、
冷凍庫がトマトソース入りのジップロックでぎっしりになる~~~。

見たとたんに、頭の中を高速でトマト水煮対策が駆け巡りましたが、
缶を持ってみると、アラ?意外に軽い???

プルタブも実用できない作りで、再現されているだけだし、これは~~?



resize3213

実は、フタはキャップのようにパカッと開けられるように
なっていて、中にイタリアン食材が入っていました。

本物の普通サイズのトマト缶2個、バジルぺースト1個、
パルメザンチーズ1個、マカロニみたいなパスタ1袋、
レシピカード付き。

本物の水煮缶と、大きい缶と、全くデザインが同じですよね。
精巧にできてて面白い~~~。

中に入っていたのは普通のサイズの食材たちでしたが、
パスタだけは、筒状のマカロニ型で、長さが6センチくらい、
直径が4センチくらいある巨大マカロニで、一個だけ本物の
巨大食材が入っているのも面白かったです。

後日、この巨大マカロニでラザニア風のものを作ってみた
のですが、食べ応えのあるパスタでなかなか美味しかったです。

大きな缶は、フタも付いているので、マヨのフード入れにしました。
いつも、フードは大きな透明プラスチック容器に入れて台所の
片隅に置いてあるのですが、この缶なら台所にポンと
置いてあっても、見た目もいいし、まさかドッグフード入れ
とは思われないし、とてもいい感じです♪

 

drecom_yururi_n at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ