2017年07月

2017年07月28日

ブルーベリー

今年もブルーベリーが実る季節がやってきました。
約2年前に、鉢植えから地植えにしてから、2回目
の収穫です。

今年は昨年に比べて実の数がとても多く、地植え
にした効果が出てきたように感じます。
鉢と違って水切れがおきにくいので、水分大好きな
ブルーベリーには良い環境になったと思われます。

そろそろ色づいてくる頃だけど、まだかなまだかな~、
と思っていたところ、毎朝早朝に、その日に色づいた
分をヒヨドリが盗っていると気づきました。
まだ偵察に来ているだけかと思ってたら、1個2個と、
色づいたものから盗っていたため、数が減ったように
も見えず、私にはいつまで経ってもなかなか色づかない
ように見えていたのでした。


resize3429
早速ネットを設置。
しかし、ヒヨドリは、翌朝には下の方のネットの隙間
から、うまいこと中に入って、ちゃっかり実をゲット。
ぐぬぬ~~。。。そうはさせるものかと私もネット
の貼り方を工夫。
攻防戦です。


resize3432
そんな努力のおかげで、色づいた実が枝に
残っているようになりました。
一度には熟さないため、何週もかけて順に
収穫していきます。



resize3435
収穫初日の成果。
結構な量が採れました(^-^)
洗って冷凍して貯めておき、少しづつスムージーに
したり、まとめてジャムにしたりします。



resize3434
キッチリと隙間無く張ったネットの内側でセミが
羽化しており、外へ出られなくなっていたので、
隙間を開けて逃がしてやりました。
元気に飛んでいったので良かったです。











drecom_yururi_n at 21:30|PermalinkComments(0)庭・植物 

2017年07月21日

熱中症対策


暑い・・・・(´д`;)

毎日、猛暑と大雨のニュースが全国で続いていますね。
年々、日本の気候が過激になってきているように
感じます。

この季節、連日のようにTVや自治体からのお知らせ
で「熱中症に注意!」「食中毒に注意!」の内容が
告知されています。

我が家でも・・・

resize3431

このような置き型の温湿度計を置き、目で確認
しています。
文字盤に、適温・適湿の範囲が色分けされて
いるので、パッと見て分かりやすいです。

よく、高齢の方は暑さが分かりづらいと言われ
ますが、それは本当で、周囲の人が思っている
よりもずっと、高温に対して鈍感になっています。

気持ちの上で暑さに我慢強いという事ではなく、
感覚的に暑さを感じなくなってしまいます。
暑くないどころか、真夏でも「寒い」と言って
暖房を入れようとする方までいます。
これは老化なので、60歳代以降の方の
多くに起こる現象で、暑さと同時に喉の渇きも
感じなくなってしまいます。

なので、「暑かったら扇風機やエアコンを点けて
ね。水分も摂ってね」と家族が言ったって、暑さも
喉の渇きも無いため、何もせずにそのまま
熱中症になってしまいます。
軽度だと、だるいとか元気が無い状態になり、
夏ばてかな?と思って、栄養と睡眠は気をつける
けど、室温と水分には気をつけないで、何週間も
軽い脱水状態で過ごしていることもあります。

比較的自立されて、しっかりとされている方だと、
家族がエアコンを点けてあげても「寒いじゃないか」と
こっそり消してしまったりします。
実際、30度以上の締め切った部屋で、長袖・長
ズボンでベッドで布団を被っているなんて事は、
仕事先ではよくあることです。

私の感覚だと熱帯のような部屋でも、ご本人は
平気と感じているので、危ないから窓を開けるとか
エアコンを入れると言っても、納得してもらえません。

そこで、今回新兵器導入。

resize3430
日本気象協会監修、熱中症計「見守りっち」。
http://www.hiromori.com/news/2011/05/post-15.html

手のひらサイズでストラップ付き。
気温と湿度、そこから割り出した熱中症危険度を
緑(安全)・黄(警戒)・赤(危険)の3色のランプで
すぐに表示してくれます。
危険だと、高齢者にも聞こえやすい周波数の
音で警告音を発してくれます。

画像の「見守りっち」は、27.6℃を示しているので、
一見、安全そうな印象ですが、湿度が74%も
あります。


熱中症wbgt
こちらの熱中症指標の表と照らし合わせると、黄色の
「警戒」ゾーンになっているので、ランプもちゃんと黄色
が点灯していますね。

気温が28度以下でも、湿度が高ければ熱中症の
危険度は増しますので、温度だけを見て安全だと
判断するのはあぶないです。

これで患者さんの部屋を測り、少しでも危険度を
認識してもらおうと思っています。
エアコンが28度26度の設定にしてあるお部屋でも、
実際の患者さんの居場所を測ると、危険値の場合
も結構あります。

「水分を摂ってくれなくて・・・」というご家族さんの
お悩みも結構耳にします。
麦茶ばかりでは飽きてしまいますので、ジュース
類を何種か用意したり、スイカ・桃・キュウリ・
ゼリー・ところてん・アイスクリームなど、様々な
形で水分を摂ると良いかと思います。
スイカやキュウリには塩を一つまみ。

「どれがいい?」と聞くと、「要らない」とは答え
ないで、どれかを選んでくれることが多いので、
勧めやすいと思います。
















drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(2)お仕事 | その他

2017年07月17日

花ハスまつり

先日参加した試合会場の隣で、毎年その大会と同じ日に
開催の「花ハスまつり」が、今年も行われていました。

IMG_0760
道場から見ると、こんな感じです。
蓮池の横に、金魚すくいとか、蓮食品販売などの
テントがあります。

早朝~昼までがよく咲いているので、朝からたくさんの
人が訪れていました。

DSC_1558
水田地帯の中にある一角を蓮池にしてあり、花の
時期になると見せてくれるのですが、小さいながらも
なかなかの見ごたえ。
近づけば、一面の蓮のお花畑の景色になります。

さて、蓮池見物しながらの試合結果は、決勝には
結構良い成績で進んだものの、決勝でガタガタになり、
悔しい思いをしました。

しかし、ここ半月ほど前から新たに試している方法で、
予選については思いがけず良い矢飛びで的中も
上がったので、これは収穫でした。
最初の一手なんて、今のは自分の矢かと疑うくらい、
久々に見た良い矢飛びと矢所でした。
あの感じだと、手を振り回す癖も抑えられていたの
ではないかと思います。(だれも見てなかったので
実際のところは不明ですが)

何本も続けると、次第にほころびが出てきて矢所が
乱れ、中らなくなってしまうのですが、これは今後も
稽古を重ねて、この方法が体に染み付いていけば
解決しそうな気がします。

これで本当に腕振り回し癖がおさまるといいけどな~。

IMG_0766
お土産は、毎年お決まりの名物「水まんじゅう」
冷やしすぎてちょっと白くなってしまった(汗)
今年は、期間限定で蓮根の粉を使った「蓮餅」
もあったので、それも。。。
笹に包まれた黒砂糖味の蓮餅、すごくムチムチ
してて美味しかったです。









drecom_yururi_n at 23:50|PermalinkComments(0)お出かけ | 弓道

2017年07月06日

四十九日

5月19日にマヨが旅立って、早くも今日がマヨの四十九日。
一応、「お寺」で弔ってもらったので、仏教式に
四十九日という区切りを意識してみましたが、
マヨ自身はきっと何のこだわりも無いと思います。

IMG_0757

お供えに頂いたお花達は、最長3週間以上も
頑張ってくれて、アレンジメントに入っていた
アイビーの枝は、今でも元気に花瓶に生けてあります。
野の花、購入した花など、一緒に生けてみましたが、
最近は留守の日中に室内が30度を越えるので、
2~3日で花がダメになってしまうことが増え、今は
アイビーだけにしてあります。

今日は、四十九日ということで、ハスの花の落雁
とお菓子も供えてみました。

あまりにあっさりした別れだったので、当初は、帰宅
したら庭にいたりして、なんて、しばしば思いました。
写真に向かって「早くそこから出てきなよ」と言ってみたり。
今でも、車で帰宅すると、いつもどおり、庭の方から
道路を眺めている顔が見えるんじゃないかなんて
思ってしまいます。

でも、いわゆる「ペットロス」のような状態には
陥っておらず、落ち込んで何も手に付かないとか
泣いてしまって眠れないとか、食欲が落ちるとか(これは
絶対無い・笑)、そういった困った事は起こっていません。

ちょっと困ったことと言えば、1年半前に新調した
頑丈な犬小屋をどうするかということくらいですね。
マヨに壊されないように、一枚板で出来た、職人さん
手作りの頑丈な物にしたので、壊されずには済んだ
のですが、主が居なくなった今、せっかくの頑丈な
犬小屋を1年半の使用で廃棄するのももったい
ないし、かといって身近にもらってくれる人もないしで、
どうしたものか・・・。

風雨で傷んだりする前に、どなたかに譲れると良いのですが。
但し、頑丈ゆえ非常に重い犬小屋で、搬出ルートが
階段なので、運ぶのが結構大変だと思います。
車も、室内の高さがある車や、軽トラじゃないと無理だろうなぁ・・・。
小さいようで、意外に大きい犬小屋です。




drecom_yururi_n at 23:32|PermalinkComments(4)マヨ 

2017年07月04日

梅干作り

梅雨真っ盛り、梅の季節になりました。
一年おきに、梅ジュースと梅干を交互に作って
おり、今年は梅干の年です。

スーパーで青梅が並びだし、完熟になるまで
待とうと、しばらくしたら、急激に並んでいる梅が
減ってきてしまいました。
例年なら、青梅が終わったら黄色い完熟梅が
たくさん並ぶのに・・・。

青果に力を入れているスーパーで店の人に
聞いてみたら、今年は主力品種の和歌山県の
南高梅が不作で、今までにないような品薄だとか。
特に完熟はほとんど入荷しないとのことで、この
店では福井県の紅映(べにさし)という品種が梅酒
梅干などに向くということで、南高梅の代わりに
今年は多く仕入れているということでした。

南高梅ほど有名では無いけど、種が小さく、果肉
が厚く、香りも良いので、梅干にもお薦めですよと
ことだったので、熟しかけた物を購入。
家で、2日ほど置いてよい香りと黄色い色になった
頃に塩漬けしました。

7072121_2258194766_120large
少し赤い部分がありますが、実に赤い部分が
あるので、「紅映」という名だそうです。
果肉が厚いおかげか、3日ほどでタプタプの
梅酢がしっかりと上がってくれました(^-^)
重石は、3重のビニールに水を入れた物を
使っています。


7072121_2258562127_104large

塩漬けしてから約1週間後に、シソ漬け。
しっかり揉んだ赤シソ、良い色が出るかな~?

7072121_2258635581_79large
シソを入れて一晩で、こんなに色素が行き渡り
ました!
綺麗な赤い梅干になりそうです。
このまま、土用干しまで、どんどん染まって
いくと思います。





drecom_yururi_n at 22:28|PermalinkComments(0)手作り 
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ