2006年03月26日

福寿草

DSCN45470005.jpg


今日は、岐阜県の上矢作町というところへ、福寿草を見に行ってきました。
名所にするために植えたものでなく、何百年も前から
自生しているものだそうです。

自家用車もすれ違うのがやっとの道を通り、自生地へ。
自生地と言っても公園などでなく、普通の山村です。
険しい渓谷の突き当たりに2軒のお宅しかないところ。
画像のような棚田の畦に自生しています。

DSCN45520001.jpg


こんなにたくさん!!

DSCN45490003.jpg


ミツバチもやってきました笑い
足元にも、あちこちから福寿草が顔を出しています。
↑この花は昔から自生している種類。

DSCN45420010.jpg


↑こちらは栽培種。
栽培種を植えてあるエリアもありました。
野生のものと比べて、葉が大きく、黒っぽいのが特徴だそうです。

少し曇ってきたので、花はやや閉じ気味でした。
日に当たると開くので、良く晴れた日の昼ごろは満開だそうです。

見ごろは4月初旬まで。
住民の方が開く売店に、あまごの塩焼きや五平餅もあります。
詳しくはこちら「恵那市HP・福寿草自生地の案内」
天気の良い日に、歩きやすい靴と小さな車で行ってくださいね。
近くには温泉もあります。
「ひまわりの湯」
自生地から20分ほど走って長野県へ入ってしまいますが、
石鹸水のようにツルツルの湯と、ひろ~~い露天風呂が
オススメの温泉です。









トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ