2011年04月19日

イタリア土産のリゾット


resize0260
イタリア旅行に行った人から、お土産をい頂きました。
インスタントリゾット。
「ポモドーロ&ポルチーニ」
トマトとキノコのリゾットですね。
読めたのはこの部分だけで、あとは作り方もなにも
かも全部イタリア語。全然分からん(^^;)
水か湯を加えている絵と、混ぜながら煮ている絵
が書いてありました。
水を入れるのか湯を入れるのか、その分量も
ccとかmlでなくカップで書いてtあるようなので、
日本の1カップ=200ccとは違うかも・・・。

作り方の文章をネットの翻訳サイトに入力して
みたところ、「2と2分の1の水をグラスで加え」
「○○(商品名)の封筒に水を満たし」などと直訳
されたので、カップ2杯半か、またはこのパッケー
ジの袋に一杯分の水を入れるようです。
パッケージを使って計るって面白いですね。
ネットで同じようなものを作ってみた人のサイト
を見たら、大体500ccの水でいいようです。
ということは、イタリアでも1カップは200ccなんですね。


resize0261
中身をザザッとフライパンにあけてみました。
生のお米と、粉末状の調味料、乾燥されたトマトと
ポルチーニ茸、パセリなどが入っていました。


resize0262

肝心の水の量は。。。
せっかくなのでパッケージで計ってみました。
さらに計量カップで測りつつフライパンに注ぐと・・・。
なんとぴったり500cc!!
すごい!
イタリアの人っておおらかそうだから、パッケージで
計る水の量なんて、適当なものかと思った・・・。
イタリアの人に謝らねば(笑)


resize0264
混ぜながら煮ること15分。
ぐつぐつ。
だんだん煮詰まって、米が膨らんできました。
トマトとポルチーニ茸はすごく膨らんで、トマトは
生のもののように戻りました。

15分経ったところで試食してみたら、スーパー
アルデンテでした~。
イタリアの人にはこのくらいの硬さがちょうど
いいのかな?
ちょっと硬すぎかと思ったので、水をあと50cc
足してあと5分煮ました。
お米の硬さもいい感じ♪

resize0265
夕食のメニューもちょっとイタリアンな感じに~。
リゾットに、生ハムとチーズのサラダ、煮込みハン
バーグ、ガーリックトースト。

簡単に出来るインスタントのリゾット、とても美味し
かったです♪
イタリア、いつか行けたらいいなぁ・・・。

ちなみに、このお土産をくれた人が青の洞窟に
行った時に乗った、青の洞窟観光ボートの
写真を見せてもらったら、ボートに
「日本 元 頁 弓 長 れ」
と、不思議なバランスで描かれていました。
「日本 頑張れ」(*´∇`*)
きっと、漢字を見ながら懸命に真似て描いて
くれたんでしょうね。

船頭さんが持っているオールも、白く塗られ、
赤い丸が書いてあり、日の丸の模様になって
いました。
イタリアのTVニュースでも、震災の事は今でも
連日報道されていたそうで、応援の輪が広がって
いるようです。
嬉しい事ですね。



drecom_yururi_n at 22:19│Comments(0)TrackBack(0)手作り 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ