2014年06月22日

迷走中

いよいよ弓道の大会シーズンが始まり、今日は
個人戦の大会でした。
年々参加者が増加している大会で、今回も
大盛況。
弓歴も年齢も様々な人が、一同に会しての
試合なので、引くのも見るのも楽しいです。

最近、2種類の弓を日によって交互に引いて
いたりして、それぞれ弓の握りの太さがかなり
違うため、今日使う弓も数日前からなんだか手の
内がしっくりいかなくなっていました。
もう片方の弓に手の内が慣れちゃったのかな。。
試合前一週間は、今日使うほうの弓だけにして
たんですけどね~。

馬手の方も大改造中で、直したいところは
1、中指が会までの間にほどけていくのを防止したい
2、離れで拳が上とか前でなく真横へ飛ぶようにしたい
いまのところは以上2点に重点を置いています。

「1」については取り掛けの工夫でちょっと解決しそうな
気配があり、以前のような暴発かけほどき体質からは
脱出できそうです。
ウッカリすると、やりすぎて指先が力んでしまうのが
問題ですが、加減を体得したらなんとかなりそうです。

「2」が大問題で、私の場合、会と残心は標準的な形に
収まるのですが、その途中の離れでの馬手の軌道が
おかしい。上か前にしか飛んでくれません。
以前よりはマシにはなったのですが、矢すじに真っ直ぐ
というのには程遠いです。

馬手肘が会でも残心でも全く同じ位置に留まっている
のがマズイような気がして、離れで馬手肘がわずかに
後ろ下方向へ移動すれば拳が真横へ飛ぶのではないか
と考え、これをやってみようとしていますが、なかなか
上手くいきません。

今日は、試合でも「やってみよう」と思う点を冷静に
やってみることができるかどうかの実験も兼ねて、
馬手肘を後ろ下へ開いた離れを出せるようにそちら
方向を意識して引いてみることにしました。

☆礼射一手・・・・××

う~~~ん、、緊張で真っ白にはならず、やろうとしたことは
忘れずに出来たのですが・・・。
甲矢は馬手の方に重点を置きすぎたのか、完全に弓手が
疎かになっていました。
手の内がすごく緩んで、後ろに振り込んでしまい、8時ギリ
ギリにハズレ。左右のタイミングがバラバラな感じでした。
乙矢は「さあ、肘をどっちへ張って離れる??」と、会で
すごく考え込んでしまって、完全に止まってました。
勢いのある矢が出るわけが無く、5時の的枠を蹴ってハズレ。

工夫は実行できたのですが、結果はバラバラの離れで
最悪でした。
目指す方向が間違ってるのだろうか。
馬手を後ろに引こうとして、胴造り自体がぐらついて
しまったのかなぁ。
次は三重十文字を絶対崩さないようにしてみよう。

称号者の先生方の射を拝見していても、やはり馬手
肘が離れでわずかに後ろ下へ移動し、拳は横へ
飛んでいました。
あれができるようになりたいなぁ・・・・。

☆四ツ矢・・・××○○
凝りずに最初の一手で再び実験を続行(苦笑)
そのことに集中はできましたが、どう離れようか
迷いまくった射になりました。

1本目からメチャクチャ馬手が前に出て飛んで
いき、矢所はまた下で、7時。全然身体で押せない。
2本目もそんなような感じだったので、後半
一手は、もう普段どおりに引いてみようと思って
フツーに引きました。
左右とも真横へ張る、いつもの引きかた。
多分馬手は変なほうへ飛ぶだろうけど。

3本目が一番無理なく離れ、弦音もよかった
です。
4本目は弓手に力が乗せられた感じで矢飛び良く、
中りも真ん中近くでした。
中ったけどね・・・・。たぶん目指すのとは違う。

6射2中ということで全く入賞には絡めませんでした。
試合当日に実験してんだからあたりまえか(笑)
試合の緊張感の中でも、やると決めたように体に
注意を向けられるかの実験でもあったので、その
点では成功したと思います。
ただ、実験の内容が良い射に繋がる方向では
なかったようでした。

かといって、私の普段の射で中った最後の1手が
良かったのかと言えばそうでもなく、見ていた
方からは予想通り「いつもの癖が出ていた」と
の感想でした。
やっぱり馬手拳が前に飛んでいったらしい。
緩むのではないけど、拳の飛ぶ軌道が前のほう
なんですよね~。

なかなか解決の糸口が見つかりませんが、いつか
改善されてくるものと思って、思考錯誤を続けてみます。

今日は「そろそろ竹弓を持ちなさい」と先生から声を
掛けられました。
同じ段位の方々と一緒の射場で、私一人だけグラスで
目立ってたそうです(^^;)

準備はね・・・しているんですけどね・・・。
時期的にこれからの高温多湿の時に竹弓を実戦
稼動させて良いものなんでしょうか。。
今日でもたくさんの方が竹弓引いておられたから
大丈夫なんだとは思いますが、なにせ初めてで
壊したらすぐ次を買うというお財布事情でもない
し、予備の竹弓も無いので、いつから実戦で使うか
迷い中です。。。
大事にしすぎてず~~~~っと練習しか使わな
かったりして(苦笑)


drecom_yururi_n at 22:41│Comments(4)TrackBack(0)弓道 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by zoo   2014年06月22日 23:21
お疲れ様でした。久しぶりに参加できましたが参加者の多さに驚きでした。竹弓ですか…たしかに前後の方は竹弓でしたね。慎重に使用すべきでしょうけどそんなに気を遣わなくてもいいと思いますよ。成績のほうは私もさっぱりでしたがこの日の目的は開会式前にいただくものがあったからでした(^^;)
2. Posted by みぃ   2014年06月23日 11:25
大会お疲れ様でした!
本当、すごい人でしたね(・_・;)
控えがあそこまでいっぱいになったのは私が見た中では初めてかもしれません。
雨の予報でどうしようかと思いましたが、途中からやんでくれてよかったですね(^^)

普段はグラスなのですが、たまたま来月の試合に向けて竹弓だったので、すみませんでした・・・(><)
純竹だとやっぱり梅雨の時期は柔らかくなるみたいですが、そんなに神経質にはならなくてもいいのでは、と思いますよ。
壊れたら・・・っていう怖さはありますけどね。
私もすぐに使用できる替え弓がないので(一張持っていますが、今のものより強くて握りも太いので、使えない・・・)恐々使っています。

竹弓のゆるりんさん、楽しみにしています!
3. Posted by ゆるりん   2014年06月24日 08:21
zooさん
雨の中、お疲れ様でした。
開会式で、大勢の前で認許状をいただけると嬉しい
ですね(^-^)
おめでとうございました。
私が引いていたとき、前後の方だけでなく
他の方も全員竹弓だったそうなんですよ・・・。
前後の方は普段から竹弓ユーザーなので判って
たんですけどね。
同じ段位の方と並ぶとそうなっちゃうのか~、と
気がつきました。
ご高齢の弓屋さんも、「昔はキロ数がどうなろうが
気候がどうなろうが竹しかなくて、皆そうやって
弓と付き合ってきたんだから、その季節ごとの
扱いをしてやれば良いだけなんですよ。」と
言っていたので、大事に使ってやれば大丈夫
なんでしょうけど、何せ臆病者で・・(苦笑)
でも、飾っておいても仕方ないので、引きます!


4. Posted by ゆるりん   2014年06月24日 08:28
みぃさん
お疲れ様でした。そして好成績おめでとうございます!
湿気はありましたが、そう暑くなかったので、混雑
していても、まだマシでしたね~。
みぃさんが竹弓で参戦なのは知っていたのですが、
まさか私1人だけがグラスとは思わず、五段の
竹弓率の高さにビックリしました。
早速、昨日の練習では竹弓で引いてみました。
そこそこ中るのですが、弓が太いので弓が返らな
かったり変な手の内になったりするので、慣れる
のにしばらくかかりそうです。
次回は真夏の試合になりますが、そのときデビュー
させられたら良いなと思うので、暑さでヘタらない
程度に使っていこうと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ