2017年01月19日

あわわわ・・・・

resize3311
先日の寒波で、こちらの地域はこの程度の積雪。
もともと雪はそんなに多くない地域で、その代わり
冷え込みがすごく厳しいです。

寒さと雪で餌にも困るようになった雀達で、
我が家の野鳥餌台は連日大盛況。
朝になると、15羽ほどのスズメが庭で待っています。

一昨日、ホームセンターで面白い物がお値打ち
価格になっていました。
「鳥が喜ぶ 粟の穂」
穀物の粟が、穂の状態のままで売られている小鳥の
おやつです。
粟は普通の小鳥の餌には当たり前に入っている
のですが、穂のままのは珍しい。
カゴで飼われている文鳥やインコなどのペットの
鳥は、穂のままの粟をつついて食べるのが楽しくて
ストレス発散になるらしいです。

スズメは野鳥で、雑草や稲の穂をよくついばんで
いるから、きっと粟の穂に大喜びするだろうと思い、
早速、翌朝、餌台に吊るしてみました。
私が庭に出てきて餌台に餌を置くのを待ってましたと
ばかりに、早速スズメが餌台に向かってきました。

が、次の瞬間、
「きゃーーーーーーっ!!!!!」
と、スズメの一団は一目散に向かいの家の屋根に
悲鳴を上げながら避難。
屋根に並んで、
「なにあれ??」
「ウソでしょ??」
「こわ~~~~(((( ;゚д゚)))」
と、餌台を見つめながらヒソヒソ話。
粟の穂に仰天した様子でした。

しばらく待てば穀物の穂だと理解するかな~、と
思ったのですが・・・
BlogPaint
勇気のある一羽が、ギリギリまで接近しても
この距離感。
赤丸のところに穂、赤矢印のところにスズメが
います。

お皿の中にはいつもの小鳥の餌があって、
それを食べたくて仕方ないのに、余分な物を
置いてくれて・・・・と、スズメたちの冷ややかな
視線が・・・(^^;)
野鳥のくせに、まさかこんなに穂に驚くとは
予想外でした。
まあでも、数日で慣れるかなと思っていたら。。。

resize3314
昨日の朝はこんな感じ。
いつもの餌には寄ってきています。

resize3315
みんな、粟の穂は見ないフリしてます(笑)
お皿に入っている粟と同じものなのに・・・。
穂が縦になっているのが怖いのかもしれません
が、普通、穂って縦になってますよねぇ??
自然界では見慣れてないのかな?
一体何がそんなに怖いのか??

横にしたら大丈夫なのかなと思って、餌台の
床に固定してみました。
すると・・・・
resize3316
やっと食べ物だと気付いてくれました!!
1日置いておいたら、全部の粟粒が食べつくされて
いました。
縦を横にしただけで、この違い。
鳥の感覚って不思議ですねぇ。









drecom_yururi_n at 22:46│Comments(2)TrackBack(0)庭・植物 | マヨ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なお   2017年01月20日 22:30
いやあ~なかなか面白い実験の様で、
楽しく記事を読ませて頂きました。
我が家は、牧場の籾殻の山に、スズメやキジバトが沢山やって来ます。
籾殻、殻と言っても、まだ中にお米が入っている物がたくさんありますから。
生垣に刺したミカンには、メジロがやって来ましたが、やはりヒヨドリが来ると逃げて行ってしまいます。
ゆるりんさんの餌代には、ヒヨドリ来ませんか?
先日の、籠のような物なら良いのでしょうね。
2. Posted by ゆるりん   2017年01月23日 07:25
なおさん
なおさんのお宅や牧場周辺の方が、色々な鳥が来て
面白そうですね。
ピーナッツなども置いてみたら、シジュウカラやヤマガラも来るかもしれませんよ~。
うちはピーナッツ置いているけど、目の前の林に
いるシジュウカラがどうしても庭には来てくれません・・・。
ミカンは、そのままだとやはりヒヨドリの方が強いのでメジロが追い払われてしまいますね。
見えないくらい離れたところに数箇所ミカンを置くと、どれかにヒヨドリが行っている間に違うミカンにメジロが行くことができますが、見えるところにあると、自分が食べているミカン以外のものでもヒヨドリは守ろうとしてメジロを追い払うので、やはり一番有効なのはカゴタイプのミカン置き場ですかね~。
細い紐に輪切りのミカンの真ん中を刺して、縦に空中に吊るすと、軽いメジロは揺れるミカンにとまれるけど重いヒヨドリは不安定で止まれないので、そのうち諦めます。
これも手軽で良い方法かもしれないです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ