2018年03月03日

雛祭り

今年の雛祭りは、「おこしもの」を作りました。

「おこしもの」は、愛知県尾張地域を中心に作られる雛祭りのお菓子です。
お菓子と言っても、砂糖は入らず、米の粉で餅をつくり、後から砂糖や砂糖醤油を付けて食べます。


B6D641BA-8288-4332-8AC4-3D0CE1E1F355

今回は上新粉を使いました。
上新粉に熱湯を注ぎ、箸でかき混ぜます。
ほどよくまとまって、触れる温度に冷めたら手で捏ねます。

捏ねたものの1割を取って、それをさらに三等分します。
3つのそれぞれに、赤、黄の天然食用色素と抹茶を練り込み、3色の色付け用の生地とします。
色付け生地は小さなボールにしておきます。

FF426C51-97E0-4AB4-85F8-0B971D92839A


本来なら木の型を使って型取りしますが、型が無いので、今回はババロア用の花型の型と、クリスマス用のヒイラギの型と丸いセルクルを使って型取りしました。

最初に型の底に色付け生地のボールを入れて、その上から白い生地を入れ、型の角に生地が行き渡るように押さえます。
型から抜き取ると、綺麗に形ができています(^_^)

ヒイラギのは滑らかな形にして、葉っぱに。
セルクルのは桃の形にしてみました。

9FD6CAC5-FF01-4D0B-9698-8807E3CF5C03


形が出来たら、15分ほど蒸せば出来上がり♪
簡単。

食用色素は色がきつく出るかと思っていましたが、天然色素だったせいか、やや薄めになってしまいました。
逆に、褪せるかなと思っていた抹茶が、より濃い色になっちゃいました。
もう少し抹茶が薄くて、赤が濃い方がよかったかなぁ。

7C5D18B9-7480-4F81-992C-3BCB4A985DFB



「おこしもの」、お雛様に早速そなえて、自分たちも味わいました。
私はお砂糖を付けながら食べるのが好きですが、少し焼いて、砂糖醤油もイケますよ(^。^)


さて、これで尾張地域の雛祭りは済みました。
この後は4月に旧暦で雛祭りをする東濃地域の雛祭りに突入します(笑)


drecom_yururi_n at 13:56│Comments(2)イベント | 手作り

この記事へのコメント

1. Posted by ブーママ   2018年03月12日 22:36
美味しそうですね。
味は自分好みで。
食べたいです♪
2. Posted by ゆるりん   2018年03月14日 11:24
✏︎ブーママさん
おこしもの、味付けはしてないので、何も付いていないお団子の味です。
お砂糖で甘くしても、砂糖醤油でも、美味しいですよ(^_^)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ