その他

2017年05月31日

新兵器登場

最近、ムカデとマヨの記事しか書いていないような
気がしますが、今日もまたムカデの記事です。
虫嫌いな方、すみません・・・(;´Д`)
そんな虫嫌いの方にも、今日の内容は朗報かも!!

こちらの地域に住み始めて、今の家、前の家と、
トータルで10年以上、ムカデとの戦いを繰り広げて
きました。
特に就寝中の夜襲は、防御のしようがなく、全身に
虫除けを塗って寝るという方法をとっていましたが、
今年、ついに強力な防御方法を手に入れました。

resize3376

じゃじゃん!!
「らくらくワンタッチ式 蚊帳」!!

蚊帳と言うと、昔の、鴨居から紐で吊るすものが
思い浮かびます。
普通の蚊帳は、天井と壁の部分のみで、床面は
開放されている状態なのですが、今までにも、
その床面まで網を張って囲った「ムカデ蚊帳」なる
商品は存在していました。

しかし、うちの寝室が狭いため、もし吊るすタイプの
蚊帳を使うと、部屋が満杯になり、洋服が入っている
引き出しの開け閉めも出来ないし、部屋を通ることも
できなくなります。
それで、吊るすタイプの蚊帳は諦めていました。

ある日、ホームセンターで、この「らくらくワンタッチ式
蚊帳」を発見。
簡易式の日除けテントなどで、支柱がワイヤーで
できていて、開くとワイヤーの張力で「ポンッ!」と
立体になるものがありますが、あれの蚊帳版です。

大きさも、シングル布団サイズから、180cm×200cm、
230cm×230cmまでありました。
我が家は180cm×200cmをチョイス。


IMG_0650

広げる前は、直径60センチくらいのペッチャンコの
円盤型に畳まれています。
畳み方の説明書も付いていました。
すごく薄くなるので、収納場所も心配しなくて良いですね。

さてさて、設置してみましょう。

resize3378
お~~~~!!!
ピラミッド型のでっかいテントといった感じです。
細いワイヤーの柱ですが、ちゃんと支えていて、潰れて
しまいそうな感じはありません。
床の部分も、壁面と同じメッシュ素材で囲まれていて、
出入りはファスナー。開口部が大きいので、布団の
出し入れも楽にできました。

中に入ってみると、意外に圧迫感もなく、なんだか
「秘密基地」的な雰囲気と、これなら絶対にヤツが
入ってこられないという絶対の安心感。。。
それでいて風通しはいいので、扇風機の風や
エアコンの冷気も遮られる事はありません。

イイ!ヾ(´∀`)ノ
良いですよコレ!

朝起きて蚊帳を出た後に、うっかりファスナーを
開けっ放しにすると、夜までの間に先にムカデが
蚊帳の中に入っていて、ヤツと一緒に蚊帳に閉じ
込められるという恐れがあるので、ファスナーを
いつも閉めておく事だけは気をつけないといけませんね。

もうすぐ梅雨になりますが、今年は安心して
眠れる夏になりそうです。











drecom_yururi_n at 06:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月03日

年頭所感

resize3307

お正月の恒例、自宅でのお手軽ミニ茶会。
簡単に淹れられる緑茶・コーヒー・紅茶よりも、
お抹茶ってなんだか身が引き締まりますね。

さて、新しい年が始まり、お抹茶を飲んで、
一度落ち着いて、今年の目標などを
考えようと思います。

日常生活は特に変化は無いので、今まで
と同じように過ごせればと思います。

マヨは、年齢相応に白内障は進んで
きましたが、散歩は猛ダッシュ、ご飯は
一気食いという元気さは変わらないので、
年齢のわりには元気なほうだと思います。
今年こそはペットホテルでの預かりに
慣れてもらって、人間の方がちょっとだけ
旅行に行ってみたいなぁと思っています。

ちょうど、1畳ほどの個室タイプのペット
ホテル(マヨはケージは断固拒否)をやって
いるところが新しくドッグカフェも始めたので、
長期計画で、何度もカフェに行ってマヨを店と
スタッフさんに慣らして、スタッフさんにも
マヨの性格を分かってもらって、半日の預かり
から徐々に始めれば、数日なら預かりをして
もらえるようになるのではないかと密かに
期待しています。


仕事は、昨年は忙しい年で、職場の皆が
それぞれ大健闘して乗り切りました。
今年は、ちょっと余裕ができてきたらいいなぁ・・・。
私自身も、仕事の面で何かスキルアップ
しないといけないなぁとも思っています。
勉強が足りないので・・・(^^;)


弓道は、昨年は泥沼の1年でした。
弐~参段の頃の早気地獄に次ぐドン底感を、
一年を通して味わいました。
射形も的中もひどいものだったので、
審査は断念。
試合に出ても、全て惨敗でした。

離れが特に荒れて、毎回違う離れになるので、
中るわけも無いし、射の評価も上がるわけがない。
会までは「普通」に引けているらしいのですが、
離れた瞬間にガッカリの射になります。
恐らく、四段・五段に合格した頃よりもヘタになってる・・・。

離れだけがおかしくなるわけはないので、
目立ちにくい部分で、そこまでの八節のどこかに、
おかしな離れに行ってしまう分かれ道がある
のだと思いますが、それがどこだか分からない
ままになっています。
でも、一年前よりは少しだけマシになってきて
いるので、今年はなんとかこの泥沼を脱出
したいものです。
仕事が忙しく、稽古量を確保できないので、
その中でもなんとか進歩する工夫をしないと
いけないですね。

・・・とまあ、色々と今年にかける希望要望を
書きましたが、基本的に健康第一で過ごせれば、
と思います。
2年連続で年始に病院行きなので(^^;)




















drecom_yururi_n at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月04日

秋の観光ご案内

なかなかお天気に恵まれない日々が続きますが、
そろそろ秋の観光シーズンに突入。
こちらの地域は、栗、キノコ、新米、新蕎麦、神社の
秋祭り、陶器祭り、温泉、紅葉見物など、秋の楽しみ
が多く、これからが一年で一番観光客が多い時期となります。
いくつかご紹介しますので、よかったら秋の観光に
いらしてくださいね。


☆幸兵衛窯・秋のいろどり市(10月8日(土)・9日(日)・10日(祝))
 http://www.koubei-gama.co.jp/fair/index4.html
 多治見市にある有名な窯元「幸兵衛窯」の秋の
 陶器市。
 人間国宝「加藤幸兵衛」の作品を観たり、有名
 デパートにも並ぶ高級な食器をお値打ちに買う
 事ができます。
 薪で陶器を焼く「窯焚き」の様子も間近で見られます。
 様々な物販やお茶のお接待もあります。
 同じ町内で、同時に「陶の里フェスティバル」も開催。
 http://www.tohnosato.or.jp/ibennto/fesutibaru/chirashi16-2.pdf
 http://www.tohnosato.or.jp/ibennto/fesutibaru/chirashi16-1.pdf
 窯元巡りや、手作りクラフト作家さんクのラフト市があります。


☆美濃焼こみち(10月1日~11月5日)
 http://minoyakikomichi.net/
 東濃一円で、たくさんの体験プログラムが催されます。
 美濃焼きに関するものが多く、食器とお料理の組み
 合わせ方、陶器作り、美濃焼以外にも、作ったり、
 味わったり、体験する内容が多いです。
 参加には事前予約が必要です。


☆美濃焼伝統工芸品祭り(10月22日(土)、23日(日))
 http://www.minoyaki.gr.jp/maturi/aki-matsuri.htm
 土岐市にあり、陶芸家が古民家に住みながら
 作陶をしている「陶芸村」で、各作家さんが陶房を
 開放して展示直売をします。
 野点茶会、テント市もあり。


☆下石どえらあええ陶器祭り(10月29日(土)30日(日))
 http://doeraaeetoukimatsuri.blog.fc2.com/
 「どえらあええ」は、東濃弁です。「ものすごく良い」
 という意味です。
 土岐市下石町で、テント市と窯元巡りがあります。
 陶器商のテントもあるので、かなりのお値打ち品が
 期待できます。
 日にちが近づいたら、上記サイトに今年の内容が
 アップされると思いますが、毎年大体同じ内容なので、
 昨年のを参考にされても良いと思います。
  

☆土岐よりみち温泉
 http://www.yorimichi-onsen.jp/
 東海環状道・土岐南多治見インターからすぐ。
 土岐プレミアムアウトレットからもすぐです。
 たくさんの面白い露天風呂や岩盤浴があります。

☆曽木温泉バーデンパークSOGI
 https://www.badenpark.net/
 土岐市曽木町の山の中にあります。
 お肌ツルツルになるお湯です。
 温泉水を利用したバーデプールもあり、健康
 増進施設となっています。

☆花白温泉
 http://hanashiro.net/
 恵那市山岡町にあります。
 鉄道ファンに人気のローカル線「明智鉄道」の
 花白温泉駅のホームの横にあります。
 駅から徒歩0分。
 小さな共同浴場の風情で、露天風呂はあり
 ませんが、昔からお肌に良い温泉として、
 地元の人に親しまれてきました。
 お食事処としても人気で、特産の寒天料理や 
 ブランド豚肉の料理、会席コースもあります。

 
☆明智鉄道
 http://www.aketetsu.co.jp/
 恵那市駅~明智駅を結ぶローカル線。
 基本的に1両編成のディーゼル車で運行。
 今では珍しい硬券のきっぷを今も使っています。
 お昼に一便だけ、車内でお弁当を楽しめる
 お弁当列車が走ります。(要予約)
 古い雰囲気が残った路線なので、鉄道ファンも
 多く訪れます。


 











drecom_yururi_n at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月16日

面白いね~

ちょっと前に、面白いものが届きました。

それは、トマト缶。
トマトの水煮の缶詰です。



でも。。。






resize3214
  ※遠近法を用いたトリック写真ではありません。
   缶の隣に写っている犬はチワワではありません。



超巨大(笑)



高さは40センチ以上、直径も20センチはあるトマト缶です。
ちゃんと金属でできてて、フタの部分のプルタブまで付いてる。

中身が本当に本物のトマト水煮だったらどうしよう~(゚д゚;)
一度に使い切るなんてとてもムリムリ。
一番大きい鍋でトマトソースを作って冷凍したとしても、
冷凍庫がトマトソース入りのジップロックでぎっしりになる~~~。

見たとたんに、頭の中を高速でトマト水煮対策が駆け巡りましたが、
缶を持ってみると、アラ?意外に軽い???

プルタブも実用できない作りで、再現されているだけだし、これは~~?



resize3213

実は、フタはキャップのようにパカッと開けられるように
なっていて、中にイタリアン食材が入っていました。

本物の普通サイズのトマト缶2個、バジルぺースト1個、
パルメザンチーズ1個、マカロニみたいなパスタ1袋、
レシピカード付き。

本物の水煮缶と、大きい缶と、全くデザインが同じですよね。
精巧にできてて面白い~~~。

中に入っていたのは普通のサイズの食材たちでしたが、
パスタだけは、筒状のマカロニ型で、長さが6センチくらい、
直径が4センチくらいある巨大マカロニで、一個だけ本物の
巨大食材が入っているのも面白かったです。

後日、この巨大マカロニでラザニア風のものを作ってみた
のですが、食べ応えのあるパスタでなかなか美味しかったです。

大きな缶は、フタも付いているので、マヨのフード入れにしました。
いつも、フードは大きな透明プラスチック容器に入れて台所の
片隅に置いてあるのですが、この缶なら台所にポンと
置いてあっても、見た目もいいし、まさかドッグフード入れ
とは思われないし、とてもいい感じです♪

 

drecom_yururi_n at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月24日

ポケモンGO?

数日前から世間をにぎわしている「ポケモンGO」
ですが、皆さんの身近ではスマホをかざしてワーワー
やっているプレーヤーさんを見かけますか?
こちら田舎の、のんびりした町では、普段は人っ子
一人歩いていない光景が普通で、ここ数日も
そのままです。
配信以来、1人もプレーしている人を見ていません(笑)
田舎にはポケモンが出ないのかな??

私も一応スマホユーザーなので、遊ぼうと思えば
遊べるのですが、そんな気は全然ナシ。
子供の頃からなぜかTVゲームやゲーム機という
ものに一切の関心が無い子供でした。

私が小学生の頃といえば(歳がバレる・笑)今回
ポケモンGOで話題になっているゲーム会社、任天堂
が発売した「ファミコン」の全盛期。
本体の発売数年で「ドラゴンクエスト」シリーズなどは
発売日に徹夜行列ができるなど、今回と同じように
社会現象になっていました。

しかし、我が家にはファミコンは無し。
私も、友達の家では遊んだりしましたが、それほど
ハマらず、友達も私も、途中で外に一緒に遊びに
行ってしまう、という感じでした。
公園や駄菓子屋などが近くにあって、今とは
違って外遊びしやすい環境だったというのも
あるかもしれないですね。

ずいぶん経って、ゲームに飽きた従兄からファミコン
一式をもらったのですが、やはりそれほどハマらず。。。
どうも、ゲームをクリアしていく楽しみよりも、「こん
なの、機械が人間を弄んでるだけじゃん」という
感覚が強かったですね。
ぜんぜん子供らしくない感覚ですけど(笑)
弟はかなりハマったようで、その後も各種ゲーム機を
買い、夜中じゅうプレーして怒られたりと、ゲームっ子
らしい生活をしていました。

私はそのまま大人になってしまったので、テレビ
ゲームにも、「たまごっち」や「ニンテンドーDS」などの
携帯型ゲーム機にも、携帯電話ゲームやスマホゲーム
にも全然ハマらず、パチンコやスロットにもハマらずに
現在に至っています。

スマホゲームなどは、50歳代くらいの結構良いご年齢
の方も熱中していたり、本当にだれもがハマっている
様子ですね。

今回のポケモンGOも、大人中心に流行している様子。
地図情報に表示されるポイントに行くと、スマホのカメラ
に映った風景の画面上にモンスターが現れ、それを
シューティングして捕獲する、という内容で、モンスターの
種類が色々あって、強いものや珍しい物を集めて
対決させたりして楽しむようですね。

「本当にいた~~!!」「ゲット!!」って楽しんで
いるのをTVで見ましたが、本当には居ないし。

良いんですよ、画面の向こうは夢の世界、そこに
一時身を置いて楽しむのは。
ただ、その境目と区別が分からない人が多くなって
いて、自分が持っている端末の画面に見えるものが
全て自分のもの、というような人が増えているのが
なんだか空恐ろしいです。

手に持った端末は自分のもの。
だけど、そこに映るネット上の交流、映る風景
の中には自分と同じ人間がいるんだ、というのが
通じない人が増えてて、端末の中は思い通りに
なるなんて感覚があるような気がして、その通りに
ならないと急にキレる人がいたり、怖いです。

ポケモンGOでも、他人の迷惑や社会的なルール
無視で、とにかく自分の端末の世界に没頭して
トラブルや事故がたくさん起きているとか。。。
まあこれは、人が集まってしまう場所の設定を
どこにでも設置してる運営会社も悪いんですけどね。
神社仏閣とか行政施設、病院、教育施設、個人宅
などは外せばいいのに、そんなところに急に人が
押し寄せたら困りますよね。

これがきっかけで、端末の向こうには実社会と
生身の人間がいるんだと気づいて配慮できる
人が増えるのか、そんなの知らねえやと自己中
の「ゲームに支配されてるヒト」が増えるのか、
どうでしょうねえ。









drecom_yururi_n at 16:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ