手作り

2018年04月22日

柿酢完成!!

12月から仕込み始めた柿酢が、ついに完成しました!

作り始めた頃は・・・
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5301652.html
こんな感じでしたが、

その後・・・
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5305611.html
こんな感じになり、


柿酢1
最終的にはこうなりました↑
透明な酢の部分と、柿の果実の部分が
分離したような感じです。

匂いは完全にお酢。
でも、ツーンとしないで柔らかい感じです。

柿酢2
まずはビンの中の上澄みの透明な部分だけを
オタマですくい、コーヒーフィルターで漉しました。

果肉や種と混ざっている部分は、ザル→キッチン
ペーパー→コーヒーフィルターと、段階的に
漉していきました。

柿酢3
ポタポタ・・・ポタポタ・・・
ゆっくりしか落ちないので、けっこう時間が
かかりましたが、ゆっくりのほうが雑味の
無い酢になるようです。


柿酢4
30個あまりの柿から、これだけの柿酢ができました!!
米酢や穀物酢よりも、優しい感じのお酢です。
ドレッシングや酢の物に良さそうです(^-^)







drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(4)

2018年04月03日

また雛祭り


今日「も」雛祭り。

こちらの地域は、雛祭りが旧暦に合わせて
4月3日なので、今日が雛祭り。

私は雛祭りが3月3日の地域で育ったので、
3月3日にも雛祭りをしました。

だから、今日「も」雛祭り!



5F4F1A17-7FAA-4A05-8422-92DB5A8BE7A7



ちらし寿司を作って、お茶にはお節句のお菓子を。


73D7A56D-8562-4629-865C-3ECACE76FB34


岐阜県東濃地方独特のお節句のお菓子「からすみ」です。
これは家庭で手作りのもの。
ピンクの富士山みたいで可愛いですね(*^ω^*)

旧暦の4月4日に春めいてくるから、この時期に
雛祭りなのですが、今年は暖かすぎて、初夏のよう。
梅も桜もツツジも一度に咲いています。








drecom_yururi_n at 21:03|Permalink

2018年03月03日

雛祭り

今年の雛祭りは、「おこしもの」を作りました。

「おこしもの」は、愛知県尾張地域を中心に作られる雛祭りのお菓子です。
お菓子と言っても、砂糖は入らず、米の粉で餅をつくり、後から砂糖や砂糖醤油を付けて食べます。


B6D641BA-8288-4332-8AC4-3D0CE1E1F355

今回は上新粉を使いました。
上新粉に熱湯を注ぎ、箸でかき混ぜます。
ほどよくまとまって、触れる温度に冷めたら手で捏ねます。

捏ねたものの1割を取って、それをさらに三等分します。
3つのそれぞれに、赤、黄の天然食用色素と抹茶を練り込み、3色の色付け用の生地とします。
色付け生地は小さなボールにしておきます。

FF426C51-97E0-4AB4-85F8-0B971D92839A


本来なら木の型を使って型取りしますが、型が無いので、今回はババロア用の花型の型と、クリスマス用のヒイラギの型と丸いセルクルを使って型取りしました。

最初に型の底に色付け生地のボールを入れて、その上から白い生地を入れ、型の角に生地が行き渡るように押さえます。
型から抜き取ると、綺麗に形ができています(^_^)

ヒイラギのは滑らかな形にして、葉っぱに。
セルクルのは桃の形にしてみました。

9FD6CAC5-FF01-4D0B-9698-8807E3CF5C03


形が出来たら、15分ほど蒸せば出来上がり♪
簡単。

食用色素は色がきつく出るかと思っていましたが、天然色素だったせいか、やや薄めになってしまいました。
逆に、褪せるかなと思っていた抹茶が、より濃い色になっちゃいました。
もう少し抹茶が薄くて、赤が濃い方がよかったかなぁ。

7C5D18B9-7480-4F81-992C-3BCB4A985DFB



「おこしもの」、お雛様に早速そなえて、自分たちも味わいました。
私はお砂糖を付けながら食べるのが好きですが、少し焼いて、砂糖醤油もイケますよ(^。^)


さて、これで尾張地域の雛祭りは済みました。
この後は4月に旧暦で雛祭りをする東濃地域の雛祭りに突入します(笑)


drecom_yururi_n at 13:56|PermalinkComments(2)

2018年02月10日

平昌五輪

先日、りんごが家にたくさんあったので、
赤ワイン煮にしてそれをケーキにしてみました。

20180204りんごケーキ1

2018りんごケーキ2

このケーキを焼く時に使った型、とても古いもので、
「MADE IN WESTERN GEMANY」、西ドイツ製と
書いてあります。
ドイツが西と東に分かれていて、統一されたのが1990年。
今から28年前になります。

つまりこの型も、約30年かそれ以上に古い物ですね。
譲ってもらったものなので、正確にはいつのものか
判りません。
側面や底面の焼き色が良い感じに付くので、愛用しています。

先日から韓国の平昌で冬季五輪が始まりました。
平和とスポーツの祭典と位置づけられている五輪ですが、
年々、経済との関係、政治との関係が強まっているような。。。

今回は特に、南北に分断国家となっている朝鮮半島での
開催なので、競技以外のことが大きな話題となって
いて、選手の皆さんが気の毒なくらいですね。

あまりに現状に差がある両国。
五輪のイメージ的には、統一、統一と交流や親しみを
全面に押し出していますが、実際はなかなか難しそう。。。

ドイツのように、「へー、昔は別々だったんだね」と
言われるようになって、軍事的なにらみ合いなどが
昔話になる時が来るといいなぁと思います。

TV視聴率、スポンサーの問題などで、競技時刻が
現地の真夜中(欧米ではTVのゴールデンタイム)に
なったりしていますが、さすがに先日のスキー
ジャンプのように、極寒の屋外で日付が変わるまで
競技させるなんて、どうかしていると思います。
これでは「競技」でなくて「ショー」としての開催ですよね。

今は録画で見る人も多いから、生放送がゴールデン
タイムではなくてもCMスポンサー付くんじゃないでしょうか。
録画だとCMは飛ばしちゃうからダメなのかなぁ。
生放送でも、CM中はお茶を淹れに行ったりお手洗い
行ったりで、結局見てない気もしますが(笑)
屋外競技だけは、安全、快適に競技が出来る時間帯に
してほしいものです。

























drecom_yururi_n at 12:45|PermalinkComments(0)

2018年01月26日

柿酢のその後



柿酢を作り始めて一ヵ月半ほどが過ぎました。
「作り始めて」とは言っても、最初の数日に
熟したものから順につぶして投入して混ぜた
だけで、ここ一ヶ月はほぼ放置。


resize3560


resize3559

↑の2枚はお正月頃の画像です。
この頃には麹のような匂いが数日し、そのあとは
酸っぱい匂いへと変化していきました。

ブクブクとした、いかにも発酵というのは治まり、
中身の表面に、白い層ができています。



resize3562



resize3561

↑の2枚は最初のからさらに20日ほど経った1月下旬。
柿の果肉がさらに分解されたような感じですね。
全く混ぜたりはしていませんが、繊維などがどんどん
細かくなっていっているように見えます。

その分水分が増えたのか、表面にも水(酢?)が
浮き上がってきました。
匂いはますます酸っぱくなり、本当に酢の匂いです。

今まで、昼間は少し暖かい台所の窓際に置いて
いましたが、ここ数日の寒波でそこも寒い~。
作り方を見ると「暖かい縁側などに置いてください」と
あるので、もっと日当たりの良い縁側に移そうと思います。

完成の目安がよく分からないのですが、4~6ヶ月くらい
はかかるようなので、忘れないように時々観察して
見守って行きたいと思います。










drecom_yururi_n at 20:00|PermalinkComments(0)
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ