手作り

2018年07月08日

五平たれ

全国的に大きな水害となっています。
多くの方が亡くなられ、家を失われ、
悲しいことです。
被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
この後は天候が安定して、復旧が進みますように。

こちら東濃地方は幸運にも雨量が少なく、
大きな水害は起こらずに済みました。

A4034CAF-5612-4F02-8071-2D6FC6B98F42


薄曇りの天気の中、所用の帰りに恵那駅前の
五平餅屋さん「あまから」へ寄って来ました。
岩村町と、瑞浪駅にもお店があります。いずれの
店もレトロな店構え。

49DD6334-EC7B-44B8-9AAE-8DFC448AB651

ここは3つのお団子型の団子五平。
ゴマとクルミが香ばしく、コクが
あり美味しいです。
店内で焼きたてを頂きました。

お店に立ち寄ったのは、もちろん
美味しい五平餅を食べるのが第一の
目的でしたが、「五平餅ソフトクリーム」の
POPに修正点がないか、店主さんにお聞き
するためでもありました。

DE070AEE-6AA7-4B50-B4DA-B6F963545858


この度、半分青いソフトに続いて、
新発売の五平餅ソフトのPOPも描かせて
いただきました(`・ω・´)

「あまから」特製の五平餅たれを使い、青い
寒天ゼリーも入っていて、「半分、青い。」の
イメージ全部盛りというメニューです。

恵那市岩村町の明知鉄道岩村駅構内にある
「まるきん」「キッチンゆら」にて販売中。(月火お休み)

「あまから」店主さんによると、
五平餅のタレは応用範囲が広いそうで、
ピザ、おひたし、ご飯のお供、冷奴と、
普段の料理に使えるそうです。

FB6D4BF0-6E9B-428E-A3F7-4A3D364C5327


タレの材料は、ゴマ、クルミ、砂糖、醤油。
たった4種類。
それであのコクと味の深みが出るとは
驚きです。
素材の良さが味に出ています。

4CC30E2C-FB6F-462C-8CCC-53ED190ABB39

私も早速、青梗菜のおひたしに使って
みましたよ。
ゴマ好きにはたまらない香ばしさ!
他にも色々使ってみよう(╹◡╹)


drecom_yururi_n at 22:01|PermalinkComments(6)

2018年06月27日

梅仕事

247C4967-CD5A-4DB7-BED1-DDE575D50016

もう7月になるというのに、最近忙しくて、
やっと今日梅
にたどり着きました。

梅に置いていかれちゃうところです。

一年交代で、梅干しと梅ジュースを作る
事にしています。
今年は梅ジュースの年。

梅、酢、砂糖は全て同じ重さで、ビンに放り
込んで放置す
るだけのラクちんレシピです。
青梅でも出来ますが、画像の梅くらいに
色づいたほうがフルーティーな香りがして、
好みです。

梅をあらかじめ冷凍しておくのがコツ。




drecom_yururi_n at 00:35|PermalinkComments(0)

2018年04月22日

柿酢完成!!

12月から仕込み始めた柿酢が、ついに完成しました!

作り始めた頃は・・・
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5301652.html
こんな感じでしたが、

その後・・・
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5305611.html
こんな感じになり、


柿酢1
最終的にはこうなりました↑
透明な酢の部分と、柿の果実の部分が
分離したような感じです。

匂いは完全にお酢。
でも、ツーンとしないで柔らかい感じです。

柿酢2
まずはビンの中の上澄みの透明な部分だけを
オタマですくい、コーヒーフィルターで漉しました。

果肉や種と混ざっている部分は、ザル→キッチン
ペーパー→コーヒーフィルターと、段階的に
漉していきました。

柿酢3
ポタポタ・・・ポタポタ・・・
ゆっくりしか落ちないので、けっこう時間が
かかりましたが、ゆっくりのほうが雑味の
無い酢になるようです。


柿酢4
30個あまりの柿から、これだけの柿酢ができました!!
米酢や穀物酢よりも、優しい感じのお酢です。
ドレッシングや酢の物に良さそうです(^-^)







drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(4)

2018年04月03日

また雛祭り


今日「も」雛祭り。

こちらの地域は、雛祭りが旧暦に合わせて
4月3日なので、今日が雛祭り。

私は雛祭りが3月3日の地域で育ったので、
3月3日にも雛祭りをしました。

だから、今日「も」雛祭り!



5F4F1A17-7FAA-4A05-8422-92DB5A8BE7A7



ちらし寿司を作って、お茶にはお節句のお菓子を。


73D7A56D-8562-4629-865C-3ECACE76FB34


岐阜県東濃地方独特のお節句のお菓子「からすみ」です。
これは家庭で手作りのもの。
ピンクの富士山みたいで可愛いですね(*^ω^*)

旧暦の4月4日に春めいてくるから、この時期に
雛祭りなのですが、今年は暖かすぎて、初夏のよう。
梅も桜もツツジも一度に咲いています。








drecom_yururi_n at 21:03|Permalink

2018年03月03日

雛祭り

今年の雛祭りは、「おこしもの」を作りました。

「おこしもの」は、愛知県尾張地域を中心に作られる雛祭りのお菓子です。
お菓子と言っても、砂糖は入らず、米の粉で餅をつくり、後から砂糖や砂糖醤油を付けて食べます。


B6D641BA-8288-4332-8AC4-3D0CE1E1F355

今回は上新粉を使いました。
上新粉に熱湯を注ぎ、箸でかき混ぜます。
ほどよくまとまって、触れる温度に冷めたら手で捏ねます。

捏ねたものの1割を取って、それをさらに三等分します。
3つのそれぞれに、赤、黄の天然食用色素と抹茶を練り込み、3色の色付け用の生地とします。
色付け生地は小さなボールにしておきます。

FF426C51-97E0-4AB4-85F8-0B971D92839A


本来なら木の型を使って型取りしますが、型が無いので、今回はババロア用の花型の型と、クリスマス用のヒイラギの型と丸いセルクルを使って型取りしました。

最初に型の底に色付け生地のボールを入れて、その上から白い生地を入れ、型の角に生地が行き渡るように押さえます。
型から抜き取ると、綺麗に形ができています(^_^)

ヒイラギのは滑らかな形にして、葉っぱに。
セルクルのは桃の形にしてみました。

9FD6CAC5-FF01-4D0B-9698-8807E3CF5C03


形が出来たら、15分ほど蒸せば出来上がり♪
簡単。

食用色素は色がきつく出るかと思っていましたが、天然色素だったせいか、やや薄めになってしまいました。
逆に、褪せるかなと思っていた抹茶が、より濃い色になっちゃいました。
もう少し抹茶が薄くて、赤が濃い方がよかったかなぁ。

7C5D18B9-7480-4F81-992C-3BCB4A985DFB



「おこしもの」、お雛様に早速そなえて、自分たちも味わいました。
私はお砂糖を付けながら食べるのが好きですが、少し焼いて、砂糖醤油もイケますよ(^。^)


さて、これで尾張地域の雛祭りは済みました。
この後は4月に旧暦で雛祭りをする東濃地域の雛祭りに突入します(笑)


drecom_yururi_n at 13:56|PermalinkComments(2)
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ