イベント

2017年11月26日

着付け教室

今日は、ちょっと変わった着付けの教室に参加してきました。
「日本一ハードルの低い着付け講座」というものです。
主催・講師の秋田さんは、私の職場がある岩村町
在住です。
着物、それも、本当に和服で日常生活をしていた
時代の物を保存し、和服で日常を過ごすという
現在の日本ではほぼ失われた文化を残していこう
という活動をしている方です。

「秋田桃子のお着楽道中」
https://ameblo.jp/okirakumomoko/

ご自身も、この1年近くは毎日和服で過ごされています。
和服で、家事から運転、外の作業、山歩き、長距離バス、
海外旅行まで、何でもOKの生活。
resize3510
髪も、日本髪!
自分で結うそうですよ。

以前から、岩村町のイベントなどに参加されているのは
知っており、今年の夏に一度、着物の手入れの仕方を
教えてもらう講座に参加しました。

私は昔から夏祭り好きで、浴衣はほぼ毎年自分で
着るけど、いわゆる「和服」という着方は自分で
したことがありません。
成人式や披露宴出席などでは、着せてもらって
着た事はありますが。

弓道用の和服は着られるけど、一見ちゃんとした
紋付や色無地を着て袴を着けているように見え
ても、女性の場合は多くが膝丈で着物の丈を
詰めてしまっているため、おはしょりも無いし、
帯は男性と同じ角帯なので、結びも簡単。
いわゆる和装とは全然違います。

浴衣の半幅帯は結べても、名古屋帯とか
袋帯は触ったこともありません。
母や祖母のものがあるのに、しまいっぱなし・・・。
そこで、お正月には着てみたいなぁと、ちゃんと
着る事を習うことにしました。

秋田さんは、和服は日常を過ごせる衣服ですよと
いうスタンスの着付けなので、簡単で覚えやすく、
体に無理のない着付け法だそうです。
講座の日の夜に、自宅で復習してもらうためと、
古い着物の良さを知ってもらうため、いろいろな
所から提供された着物のうち、一着を持ち帰れる
というシステム。

会場の古民家カフェには、着物が用意されていました。
どれも数十年前のものだそうで、当然、化繊の「洗える
着物」ではありません。
今では貴重な素材が使われているものもありました。
素材によって、全然着心地も手触りも違います。

resize3507
実際に日常着として活躍していた着物たち。
さて、どれを着ましょうね~?

まずは足袋のお話や、和服の下着「腰巻」の
巻き方から。
腰巻(又は二部式襦袢の下半身)なんて、適当に
巻けばいいのかと思ってたら、腰紐と同じく、
骨格上、当然この位置でしょという、ベストポジションが
あるんですね。
今回は二部式襦袢を使いましたが、その使い方
にもコツがありました。
これにより、コーリンベルトも和装ベルトも、たくさんの
腰紐もいらないという・・・。便利でラクチン。
弓道用の半襦袢も同じようにしようっと。

さて、各々着物を手に取り、着ていきます。
鏡は見ないルール。
自分の体の位置感覚で、衿や背中心がずれて
いないか、感じながら着ます。
気になるなら、誰かに見てもらいます。
これは、弓道でも入場前に必ず着装の確認を
お互いにするのと似ています。
人の着崩れやすい部分を見ることで、自分の
同じ部分にも気を配れるし、着崩れやすいポイントを
知る事にもなります。
人への気配りの訓練にもなるしね。

着物を着るのに、腰紐一本と伊達締め一本。
これだけ。補正も無し。
特に腰紐の結び方は目からウロコでした。
そりゃあ、こういう着方なら、昔の人は日常で
ささっと着たり脱いだり出来てたはずだわ。
日常着だったんだから、こっちが本来の姿なのかも。

但し、これらは、姿勢が良いことが条件でした。
姿勢が崩れると、着姿も崩れて見えます。
姿勢一つで、補正や、ガチガチに紐で固定
しなくても、格好良く見えます。

とりあえず伊達締めまでを、着物をとっかえ
ひっかえ何回も練習。

sketch-1511681070057
1枚目。
とても着心地の良い柔らかめのウール。
ちょっと若い人向け過ぎかな?
いきなり着ましたが、そこそこ見れる姿?

sketch-1511680986926
2枚目。
正絹の袷。
柄が織り込んである物で、色は一番
使いやすい感じかな?
柔らかく重みのある生地で、襟のズレに気を
つけて着ないといけない感じです。
画像の私も、半襟が出すぎていますね。

私も含め、参加者の方は一回教えて
もらっただけで、本当に着られるように
なってしまっており、簡単着付けにビックリです。


7072121_2271965339_102large
3枚目で、帯まで習いました。
半幅帯の文庫です。
この帯、木綿でパンダ柄。すごく可愛い(笑)
着物は大人カッコイイ好きな柄でしたが、
袖丈が長く、チビの私が着ると、バランス悪し。
生地に張りがあり、ピシッと着られそうな着物です。

こうやって色々な体系の人が何人かでとっかえ
ひっかえしても、サイズの多少の幅は着方で
何とかなってしまうのが着物の面白い所ですね。

BlogPaint
4枚目。
頂いて帰ることにしたのは、この濃い
グリーンの正絹の袷。
柄のところに銀糸が入っています。
袖丈も短めで、上半身がコンパクトで、
背が低く見えないですね。

BlogPaint
帯は、赤い博多帯を選んで、クリスマス
カラーにしてみました。
衣紋の抜き方がまだ課題ですね。
抜き足りないな~。

着物の柄などをリクエストしたわけでは
ないのに、皆さんそれぞれ似合う着物と
出会って、記念撮影。

会場がカフェなので、講座の後半は、
そのまま着物で美味しいランチ。
今日初めて着物を自力で着た人から、
実は和装のプロという人まで、様々な方が
来られていて、食事しながらの話も面白
かったです。

今日のうちに必ず復習で着る事を誓い、
講座はお開きとなりました。

頂いた着物、湿気抜きに吊るしてありますが、
早速、今から練習しま~す。












drecom_yururi_n at 21:37|PermalinkComments(0)

2017年11月04日

鳥フェス名古屋

「鳥好きによる鳥好きのためのフェスタ」という
記事を偶然見つけたのは、2週間ほど前。

鳥好きではありますが、ネットを通じて鳥好き
のイベントなどは調査したことがなかったので、
そういうものがあるのかと驚きました。
しかも、結構な人気らしい。

入場人数が限定されるものではないのですが、
お得な前売りがあるというので、前売り券も
確保。

10日ほど前には、偶然聞いていた地元ラジオの
番組で鳥フェスのことが紹介された
りもしました。
ワクワクして待った当日・・・・

_20171104_180805
やってきましたよ、鳥フェス。
会場は大きな貸し会議室。
私は開場から30分ほどしてから到着しました。
入り口にはポスターが掲げられ、すでに中には
お客さんがいっぱい!!

色々な鳥グッズを作っている方がブースを構え、
それぞれに作品を並べて販売していました。
文具やステッカーなどのイラスト系から、布で
作ったもの、編み物、キーホルダーなどの造形物。
飼っている鳥の写真から似顔絵描きます、鳥の
ための自然素材の手作りオモチャ、鳥のおやつ。
「ただいま放鳥中。開けないで下さい」のドア
に掛けるプレートまで。
会場のBGMはインコなどのさえずりのCD。

鳥グッズ界で有名な作家さんも来ているようで、
サイン会をしていたり、その場でどんどん作品を
描いたり作っている人もいました。

この雰囲気は・・・・・・コミケだ。
マニアの集まり(*´ -`)(´- `*)
そして私もその一人(笑)

事前の情報収集で、コレは欲しいなと思った物を
まず物色。昨日が初日だったので、売切れて
しまっていたものもありましたが、欲しい物を
ほぼ買うことが出来ました。

鳥マニア界では有名な「インコアイス」の販売も
あり、発売30分前には長蛇の列!
私も早々に列に並びました。
セキセイインコ・オカメインコ・コザクラインコ・スズメ・
ヨウム・オオハシなどの鳥をイメージしたアイスで、
中でもセキセイとオカメはマニアのみぞ知る「インコ
臭」を再現した逸品。

インコ臭、インコを飼った人なら分かるのですが、
インコ特有の香ばしい良い香りなのです。
羽毛を守るための皮脂の香りで、これが本当に良い香り。
インコ好きにはたまらない香り。
会場には、「早く帰ってインコ嗅ぎたい」と書いてある
グッズや、インコ臭の香水を売っているブースまで
ありました。

さて、順番が来て、私が選んだアイスは・・・
_20171104_181127
なぜかスズメ(笑)
いやいや、スズメも結構な良い香りの持ち主
なんですよ。(一時期スズメを保護していたので知っている)
あの甘い香りは、インコを超えるかも。
このアイスも、ほうじ茶ベースに、ひえ、あわ、きびなどの
穀物がたっぷり入り、藁のような、あの香ばしい
スズメ臭のイメージでした。

もちろん、一番人気はインコのアイスなのですが、
なぜ私がそれを選ばなかったかというと、10日
前に偶然聞いていたラジオ番組
で、この鳥フェスの
PRと共にインコアイスがリスナープレゼントとして
提供され、ダメもとで応募してみたら、なんと鳥フェスの
3日前に見事当選!
放送内で当選者が読み上げられ、鳥肌立ちました(笑)
懸賞に当たるなんて、何年ぶりだろう?

なので、インコアイスは間もなく私の元に送られて
来るので、今日のところはスズメを選んだのです。
販売していた方が、ラジオに出た方だったので、
そのことを話したら、ビックリして、すごく喜んで
くれました。

アイスで一休みした後、もう一度会場をめぐり、
そうして購入した鳥グッズがこちらです。
resize3479
・鳩の日本画シール
・インコのマカロン型マグネット
・ヤマガラのブローチ
・鳥いっぱいのパスケース


resize3480
一番欲しかったのがコレ。
鳥+弓+矢、ときたら、買わないわけには
いかないでしょう!!
矢筒に貼ろうっと♪
矢を咥えているキジバトに、弓を咥えている
ドバト。
鳩をここまで細密にグッズにしたものも珍しい
し、都会では害鳥とまで言われいるドバトまで
主役にしてる所がニクイじゃありませんか。
ブースによってはカラスのグッズもありました。
鳥飼いさんが多いので、どうしてもインコや
フィンチ類が多く、野鳥が少なめなのがちょっと
残念かな・・・。

でも、さすが鳥マニアの集いだけあって、販売グッズも
細部までその鳥を再現したものが多く、イヤリング
などのアクセサリーの完成度はすごいものでした。
私も、チャームは1個買って、スマホに付けて帰って
きましたよ(^-^)

resize3481
パスケースを買ったブースでは、その場でサイン
入りイラストを描いてくれるサービスがあって、
2分もかからないくらいでこのオカメちゃんを
描いてくれました。すごいね~~。
肉球がかわいいなぁ。手にとまって欲しい。。。
鳥マニア界では有名な作家さんなのだと思うけど、
鳥フェス初心者なので、あまり知らなくてすみません・・・。

見れば見るだけ欲しくなってしまうので、後ろ髪
引かれつつ、退散!
帰宅してからのお楽しみは・・・。

resize3482
インコドーナツ!!
こちらはインコ味ではないですよ。
素材にこだわったドーナツに、チョコでインコが
描かれています。
ドーナツの真ん中の穴はホワイトチョコの板で
塞いであり、丸い平面にインコが描かれています。
すごく手間がかかっていますね。
食べるのがかわいそうなくらい可愛かったけど、
食べちゃった(笑)

時々こういった鳥イベントがあるようなので、
また機会があったら行ってみたいですね。
その前に、インコアイスの到着が楽しみです(^-^)


























drecom_yururi_n at 23:59|PermalinkComments(2)

必要…

鳥フェス、様々なグッズがある中で、
とりあえず買わねばと選んだのがこの
パスケース。


sketch-1509775020916



なぜって??

来る時に、本当に久々に交通ICカードを使い、
うっかりしてて、改札機にタッチしないで、切符を
入れる所にICカードをIN!

当然、改札機は警報を発して停止。
駅員さんに改札機のカバーを開けてもらって
取り出すという恥ずかしい事をしたからです。
電車の乗り方を知らない人みたい…(;・ω・)

普段電車に乗らないので、パスケースが無く、
財布からカードを取り出してそのまま使うから
切符の所に入れることができてしまうわけで、
カードをパスケースに入れれば、間違えて
改札機に入れることは出来ないだろうと、
まずはパスケースを買いました。

他にも誘惑多数の鳥フェス。
2時間ちょい滞在して楽しみ、帰途に着きます。
帰りは改札機を止めないように!!






drecom_yururi_n at 15:36|PermalinkComments(0)

鳥フェス


_20171104_124520



やって参りましたよ!!
鳥フェス名古屋。

開場から30分後に到着しましたが、すごい人です。
鳥グッズをいくつかゲットし、只今は
インコアイスの限定販売の列に
並びながら記事をアップ中。

インコ風味、スズメ風味、文鳥風味…
さてどれにしよう??



drecom_yururi_n at 12:50|PermalinkComments(0)

2017年10月29日

本当に

_20171029_202209



前売りチケット買うたった(о´∀`о)

行きますよ、本気で。

鳥フェス!!(*^_^*)


drecom_yururi_n at 20:31|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ