イベント

2017年01月01日

あけましておめでとうございます

2017年が始まりました。


あけましておめでとうございます!
今年も、マヨ共々どうぞよろしくお願いします。


resize3300
我が家からの初日の出。
網戸越しに撮ったら、ビームが出てる
みたいになりました(笑)
晴天で、肉眼で見てもすごく明るく綺麗な
初日の出でしたが、網戸効果でさらに
ありがたいパワーが感じられる写真に
なってます。

今年のお正月は暖かい晴天が続いて、
「迎春」「初春」という文字に合う気候に
なりました。


resize3302
元旦の朝の食卓。
今年は盛り付け用の笹の葉が手に入ったので、
アルミホイルやカップなどは使わずに、笹の葉
だけで仕切りをして重箱に詰めました。
笹の緑が映えて、和の雰囲気バッチリ(^-^)

折からの体調不良で、今年は市販品を詰める
だけになるかも、と思っていましたが、
栗の甘露煮・だし巻き卵・田作り・紅白なます・
里芋の亀甲煮・煮しめを作りました。
下ごしらえ済みの材料を買ったりして、ちょっと
手抜きした部分はありますが・・・。

resize3303
お正月にだけ使う、骨董品の汁椀で、お雑煮。
いつもは私の出身地の名古屋風なので、
澄まし汁の中には餅と青菜と鰹節だけという
シンプルなお雑煮なのですが、今年の元旦は
ダンナお母さんから聞き取り調査した九州
のお雑煮にしてみました。
本当は丸餅なんだけど、角餅を使ってしまいましたが。
具は、これに鶏肉やサツマイモが入ったりもするらしい。


resize3276
マヨも、お節の中から食べられる物をトッピング
した朝御飯で、元気に正月を迎えました。




drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年12月25日

クリスマス・・・・・

クリスマスも過ぎましたので、壁紙をお正月
バージョンに着替えてみました。

今年は週末で連休となったクリスマス、各地で
賑やかにイベントなどあったようですが、私の
クリスマスは地味~~~に過ぎていきました・・・。
その理由はズバリ、体調不良(´;ω;`)

そういえば、昨年末と今年のお正月も、風邪が
長引いて、同じような寂しいブログを書いていた
覚えが。。。
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5241845.html
やっぱり。

前回は口内炎から何かに感染して頚のリンパ節に
炎症が起こり、高熱と咳で何週間かかかりましたが、
今年は12月はじめから、人生初の胃腸風邪でスタート。
感染性の強いものではなかったので、それだけは
助かったのですが、1週間お粥とホットポカリ
スエット生活。
胃と口は元気だったので、食べちゃダメという
のがかなり辛かったです。

それが過ぎて、食べられるようになったーー!!
クリスマスに間に合ったーーー!と思ったのも
束の間、風邪から鼻炎様の咳に移行という、
私のお決まりコースに突入。
もうヤル気も何もなくなり、たまたまダンナが
クリスマスに留守ということもあって、完全に
おさぼりクリスマスになりました(^^;)

それでも、玄関などは月初めにクリスマス用に
飾ってあったので、なんとなく雰囲気はあり
ましたが。。。

手間なしで、何かちょっとはご馳走が食べたい
な~、と思い、いつもは食べられないコレを選択。
DSC_1215

じゃじゃ~~ん!!
豪華カニづくし!

ダンナが蟹アレルギーなので、2人では食べられ
ないメニューなんですよね~。
ボイル済みのものが冷凍された商品なので、
解凍するだけで茹で蟹の出来上がり。
簡単で豪華でおいしい!!
小さい鍋で蟹すきも作って、雑炊まで堪能しました。
は~~~、幸せ♪

resize3293

翌日、昼にはダンナも居たので、ちょっとだけクリスマス
らしくランチをということで、獲れたてイカのトマトパスタ。
昨夜釣って来たイカで、プリプリでした。


resize3294

ケーキも、市内の老舗洋菓子店でお買い上げ~~。
ケーキだけは作ろうと、生クリームも買ってあった
のですが、咳が激しいのでちょっと無理だなと思って、
ケーキ作りはお正月にすることにしました。
手の込んだプロのケーキ、おいしかったです。


IMG_0342

マヨにはしっかりごちそうクリスマスディナーを。
フラッシュ撮影すると雷と間違えてパニックに
なるので、フラッシュ無しでブレずに撮るのは
至難の業です。
しかも、おいしいニオイに待ちきれず、「早く
ヨシと言え~~~!」とソワソワ。
オスワリがもモジモジしてて、ぶれちゃうし。
この1枚は奇跡的にブレませんでした。

マヨは皿まで食べそうな勢いで完食し、
プレゼントの新しい首輪ももらって、満足
した様子でした。
首輪には全然興味なさそうでしたが(笑)







drecom_yururi_n at 21:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年05月01日

初夏ですね~☀

DSC_0831

山菜の季節がやってきました。
これはコシアブラ。


DSC_0832

茹でると、こんなに鮮やかな色になります。
茹でないで天ぷらも美味しいけど、今日は
下茹でして、ゴマ味噌和えにします。
良い香りがして、美味しいんですよ(^-^)

世間はGWですが、私は明日5月2日も仕事です。
金曜日あたりから、観光の車が増えてきました。
細い山道で、カーブの路肩に停車して山菜を
採っている人がいますが、変な所に停車して
いると非常に危ないので、気を付けて
くださいね。

明後日の5月3日からは、こちら地域では
陶器祭りが始まります。


🍜土岐美濃焼まつり
http://tokicci.or.jp/event/2011/03/34.html



☕駄知窯やまつり
http://kamayamaturi.web.fc2.com/



🍶定林寺まつり窯元巡り
http://tokicci.or.jp/event/2011/03/post-4.html



美濃焼まつりは、300の販売テントが並ぶ最大級の
陶器廉売市。
陶器商社の倉庫団地で開催されるため、品数は豊富。
購入も、一個から、同じ物を数十個、それ以上でも可能です。
毎年、大混雑ですが、初日の3日よりも後半の
4日5日の方が混雑は少ないようです。

窯やまつりと窯巡りは、住宅街の中の
小さな窯元を歩いて巡り、窯元から直接
陶器を買える、のんびりとしたイベントです。

私のGWはノープランですが、庭の手入れでも
しようかなぁ~。




drecom_yururi_n at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月25日

メリー・クリスマス!

異常に暖かいクリスマス、サンタさんの衣装も
暑そうに見えるくらいですね。

私の住んでいる地域も、朝に氷が張ったのが
1日あったか無いかで、雪も全然つもらず、
なんだかまだ秋のような気がしてしまって、クリス
マスという気がしませんね。

色んなことでバタバタとしており、しかも相変わらず
寝オチが激しいため、ブログが放置状態です。
毎日気になってはいるものの、PCにたどり着けずに
撃沈・・・・。

resize3141
クリスマスケーキも、作る時間がとれずに、今年は
ケーキ屋さんのものにしました。
栗のブッシュ・ド・ノエル。
定番のイチゴショートも捨てがたかったのですが、
ブッシュ・ド・ノエルはクリスマスにしか売ってない
のでこちらをチョイス。
イチゴショートは、お正月にでも作ろうかな~。


resize3142
毎度おなじみのチキンも焼いて、今年はチーズ
フォンデュにしました。
本当はチーズ用じゃなくてチョコフォンデュ用の
鍋だけど、結構うまくチーズが保温できます。

チキンの残った骨で鶏ガラスープをとって
みましたが、どうやって使おう??


resize3140
マヨにはこのクリスマスプレゼント。
一番役に立つモノです(笑)
クリスマス前に早速活用するハメになり、
しっかりと役に立ちました。
こんなの要らないようになって欲しいものですが・・・。

ではでは、皆様も楽しいクリスマスを!







drecom_yururi_n at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月11日

陶器祭り

春と秋といえば、こちらは陶器祭の季節です。
春は「陶祖祭」といって、瀬戸で初めに陶器を
作り始めたと伝わる加藤四郎左衛門景正を
まつるお祭りです。

加藤四郎左衛門景正の子孫が瀬戸から美濃
方面へと散らばり、現在の一大陶器産地となった
と言われています。
今でも陶祖をまつる神社が数多く残り、春には
陶祖祭が開かれます。
同時に、その地域で陶器祭りが開催されることが
多いです。

今回は、多治見市にある市之倉町の陶器祭りに
行ってみました。

resize2955
まずは先代の加藤卓男氏が人間国宝である
幸兵衛窯へ。祭りに合わせて、今日は蔵出し
市の廉売と様々なイベントがありました。

全国的にも有名なので、この蔵出し市には
各地からのお客さんが来ます。
展示館の中庭は、ちょうど枝垂桜が咲いていて
綺麗でした。

廉売会場で、以前買って愛用しているお皿
買い足したくて、同じものがまだあるか探して
みました。
何にでも使いやすい大きさ・形・柄でほとんど
毎日のように使っているのですが、2枚買った
うちの1枚に小さなひびが入ってしまい、買い足し
たかったのです。
もう何年も前のことなので同じものは無いかなぁ・・・。

同じ生地を使った皿はありましたが、柄は年々
リニューアルされているらしく、全く同じものは無し。
ちょっとだけ柄が違うけど同じ形の物を新たに2枚
購入。定価の3分の1のお値段でした。
家にあるひびの入っていないのと柄違いで3枚に
なりますが、使いやすいものなので、邪魔には
ならないと思います。

うちには小鉢というものが無く、煮物等をちょっと
だけ盛り付けるのに真っ白のココット型をずっと
使っているのですが、ヨーグルトを食べるにも、
ミニグラタンを作るのも、煮物や酢の物にも、全て
このココットではちょっと寂しい。。。
せめて煮物と酢の物には和風な小鉢が欲しいなぁと
思い、花の様な形の織部の小鉢も購入。

先代の加藤幸兵衛氏は、ペルシャ陶器の技術再現で
人間国宝になった方で、この窯元は一般的な瀬戸焼
美濃焼には無い、ペルシャ風焼き物も多く作っています。
その中に独特の深く澄んだ青色「ペルシャンブルー」の
陶器があります。

今回、ちょうど「ペルシャンブルー窯出し」の時間に
遭遇して、焼かれて窯から出されて少し冷めたばかりの
青い陶器が廉売会場へ運ばれてきました。
まだほんのり温かい器が、釉薬が冷めていく課程で
釉薬の層に小さくひびが入っていく「貫入」が出来る時
の音を聞いてもらおうという趣向です。

青い陶器を囲んで、耳を澄ますと、「チリン・・・チリン・・・
チリチリ・・」と、小さな小さな陶器のささやきが。
グラスの中の氷が出す音ににていますが、もっと
透き通って小さい音です。
なんだか神秘的でした~。

私は青色が好きなので、この青色もとても好きですが、
食器として使うにはあまりにも青が綺麗で、私には
レベルが高すぎ。。。
今までなかなか手を出せませんでした。

今回はアクセサリーもたくさんあって、その中にペル
シャンブルーの小さなペンダントがあったので、思い
切って一つ購入。
チェーンの色や、ヘッドとチェーンとの間にビーズを付け
足したり、金具を変更したり、色々とアレンジしてもらえました。
普段、アクセサリーほとんど着けないけど、これから夏に
なって、衿の開いた服を着るときに着けようかな~~♪



resize2957
展示館では呈茶もあって、お菓子とお茶を堪能。
館内には貴重なペルシャの古い陶器やガラス器
が展示され、畳の上にペルシャ絨毯。

庭に穴窯という、薪で炊く小さな窯があり、秋の
祭りでは実際に火を入れて焼成を見せてくれます。
今回は、窯の前で和太鼓ライブがありました。

ここの町内では他の窯元も今日は廉売市をやって
いるので、窯巡りも楽しみました。
resize2959
箸置きの専門店。
ぜ~~んぶ箸置き!
こんなにあると楽しくなっちゃいますね。
中には「この箱の中1個10円」のコーナーもあり、
こういうところからお気に入りを掘り出すのが
本当の掘り出し物かも(笑)

resize2960
どこの窯元さんも小規模の工場で、庭先や作業場を
廉売会場にしています。
お爺ちゃんからお孫さんまで「いらっしゃいませ~」と
店番をしていて、見ていて微笑ましいです。

このほかに町内の「さかづき美術館」ではクラフト展
もあり、陶器以外の和雑貨とか革細工、木工、羊毛
フエルトなどの作家さんもテントを並べ、美味しいもの
の屋台も出ていました。


resize2961
今回の戦利品~。
手前の2品が幸兵衛窯のもの。
赤絵の皿は我が家の定番レギュラー入りが決定。
花形の織部小鉢も可愛らしい。

奥のグラタン皿は試作品のデッドストックで、100円でした。
重ねてスタッキング収納できるグラタン皿が欲しかった
ので、大きさ形ともに気に入りました。が、陳列して
あったのは1枚きり・・・・。
もうありませんか?と尋ねると、「試作だから数が無くて
ね~。。そういえば、倉庫のどっかにあと1枚くらいは
あった気がする」と、裏の倉庫へ走って探してくれました。
丸型のと楕円のと1枚ずつ見つけてきてくれました。

箸置きは、細長いのは10円の箱から掘り出したもの。
長いので、スプーンやフォークを出す時に使おうと思います。
奥の青い箸置きは10円ではなくて、ちゃんと作家さん
物です。
裏まで釉薬がしてあって、机などが傷つかないのが嬉しい。

resize2962
早速夕食に使ってみたりして(笑)
グラタン皿も1人前にはサイズがちょうど良いし、
内側が角のないカーブなので、チーズがこびりつかず、
洗いやすかったです。
やっぱり煮物には和風の陶器がよく似合うな~~~♪








drecom_yururi_n at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ