お出かけ

2018年06月06日

田の神様灯(ともしび)祭り・2

18時前に点灯式があり、田んぼを縁取るように
並べられたロウソクに、次々と火が灯されました。


田の神7

この時点ではまだロウソクの明るさは目立ちません。

少し陽が翳り始めたころに、提灯行列が
始まりました。
皆さん、思い思いに模様を描いた提灯を手に・・・。

田の神8

棚田の上の方から、田んぼの間の道を進みます。

田の神様13

↑この写真、斜めに撮ったのではなくて、水平は
合っています。
人が垂直に立っていて、道はすごい坂!
棚田なので、結構な急坂なのです~(((( ;゚д゚)))


田の神9

段々と暗くなり、ロウソクの明かりがキラキラと
輝き始めました。
周囲に街灯も人家も少ない所なので、小さな
ロウソクも力強い明かりで、本当に綺麗!

カエルの声も一斉に聞こえ始めて、初夏の日本
という雰囲気満点です。


田の神10

毎年、「ともしび」を使ったアトラクションがあるそうで、
今年は「天燈上げ」でした。

台湾で、何千個も飛ばすお祭りが有名な天燈。
いつか本物を見てみたいなぁと思っていましたが、
思いがけず実物を見られて感激でした。

夕暮れの空に、ふわり、ふわりと上がっていく
のは本当に綺麗でした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

終盤には、少し気の早いホタルも飛び始め、
幻想的で、素敵な時間でした。

田の神11

すっかり暗くなり、田んぼの水面にロウソクが
映りこんで、ますますロウソクの明かりが
美しく。。。

21時にお祭りが終了し、シャトルバスで谷を
挟んだ向かい側にある駐車場まで乗せてもらい
ましたが、そこから見える棚田にまだロウソク
が輝いているのが見え、それもまた素敵でした。








drecom_yururi_n at 23:30|PermalinkComments(0)

2018年06月05日

田の神様灯(ともしび)祭り・1

先週末、恵那市中野方町で開催された「坂折棚田
田の神様灯火祭り」に行ってきました。


田の神2
日本有数の美しい棚田「坂折棚田」。
http://sakaori-tanada.com/

曲がりくねる山道の上にあるので、谷を挟んだ
反対側に特設駐車場から、シャトルバスで向かいます。
駐車場から、真向かいに棚田が見える!
画像の中央、細かい段々になった場所がそうです。


田の神6
棚田に到着。
田植えの済んだ水田を前に、他の神様に田植えが
済んだ事を報告し、豊作を願う神事が行われます。

お祭りのメインは、日が暮れてからの棚田での
提灯行列。
提灯は、自分で絵付けをします。


田の神3
こんな感じにしました。
水田の上を飛ぶツバメ。
ちょうど、窓から見える光景がそうだったので。
みなさん、思い思いに楽しい絵柄を付け、素敵な
提灯が次々に出来上がっていました。



田の神4
日が暮れるまで、しばし休憩。
会場には、地元の方々が、農産物を使った
食べ物やお土産品など、テントを並べていました。
これは、東濃の初夏の味「朴葉寿司」。
お米はこの棚田で採れたものだそうです。
他にも、今話題の五平餅、焼き鳥、焼そば、手作りの
スルメ麹漬、特産の柚子を使ったお菓子など、
ほとんどが地元の方々の手作りの味でした。

テーブル席もしっかり用意してあり、陽が傾き行く
棚田を眺めながら、早めの夕食タイム。

薄暗くなると、いよいよお祭りのメインイベントが
始まります。









drecom_yururi_n at 22:00|PermalinkComments(0)

2018年04月26日

東濃GWおでかけ情報・朝ドラ編

GWが近づいてきました。

今年のGW、前半はお天気が良さそうですね。
お出かけ日和になりそうです。

今、私の住む岐阜県東部では、何と言っても
放送中のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の
話題でもちきりです。

まだご覧になっていない方、ちょうど4月28日の土曜日の18:05から、NHK総合で「まだ間に合う 半分、青い。」という、おさらい番組があります。

ドラマでは、恵那市・中津川市・土岐市・多治見市・
瑞浪市など、岐阜東部、東濃地区を中心に、
岐阜県のあちこちでロケが行われました。
中でも、恵那市岩村町は、劇中の商店街として、
昨秋に実際の町並みをオープンセットにしてロケが
行われたため、放送が始まってから観光客の方が
増えています。

明鉄岩村駅

JR中央線「恵那駅」が始発の単線ローカル
鉄道「明智鉄道」。
岩村町にある岩村駅も、この賑わい!

この駅舎、駅の中にカフェがあります。
半分青いソフト旗
「キッチン・ゆら」さん。
別名「焼肉まるきん」。
普通・大盛り・超大盛りの、豚焼肉丼が
人気です。
焼肉屋さんの経営なので、お肉も売っています。

半分青いソフト
キッチンゆらさんでも、ドラマにちなんで
特別メニューが登場。
「半分、青い。」ソフト!

色合いだけでなく、地域の名産品も盛り
込んであります。

青い部分は、岩村町のお隣で全国有数の
寒天の生産を誇る山岡町の寒天を使い、
爽やかな寒天ゼリーにしたものです。

トッピングしてあるハートと星は、岩村町にある
造り酒屋「岩村醸造」の甘酒を使ったシャーベット。
麹のみで作ったノンアルコールの甘酒です。
最初に食べちゃわないで、ソフトクリームを
食べ進めて途中でシャーベットを食べると、
甘酒の風味がとてもよく分かって美味しいですよ。

この甘酒、とっても美味しいです。
商店街の一番奥にある岩村醸造で、瓶詰めを
購入可能です。要冷蔵ですので、保冷剤を用意して
来られるか、クール便で発送してもらうと良いですよ。


半分青いソフトPOP
こちらのPOPと、お店の前の旗は、僭越ながら
私が描かせて頂きました(`・ω・´)

イラストやらお習字の経験は皆無ですが、
お店の女将さんとの何気ない会話から、こういう
ことに・・・・。
駅の改札で、観光客の皆さんを出迎えています。

BlogPaint
明智鉄道も、特別塗装の「半分、青い。号」を
走らせています。
この列車、1両しかなく、恵那駅~明智駅間を
毎日5往復くらいしているそうですが、時間が
未定ですので、見かけたらラッキー!!

他にも、今しかないラッキーなご利益のあり
そうな催し物があります。

それは、7年に1度の「石室千体仏ご開帳」。
前回、7年前の模様がこちら↓
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5093001.html

地域の方が大切に守ってきた金色の仏様。
2ヶ月くらい前から駐車場や参道を、地元の方々が
整備されていました。

普段は石室に閉ざされていますが、5月6日まで
ご開帳なので、直接参拝することができます。
岩村駅から、商店街と反対方向へ徒歩数分の
高い丘の上にあります。

商店街の道から、「善の綱」と呼ばれる
白いサラシが仏様の手まで繋がっていますので、
サラシをたどると到着します。

駐車場もありますが、たくさんはありません。
満車だったら、千体仏の前の国道沿いにある
ローソンの向かいに岩村公民館の駐車場が
ありますので、そこから歩いてもすぐです。

夜通しで仏様のお守りをされる方が待機して
いるので、夜も参拝できます。
参道に提灯が並んで、夜も幻想的です。
かなりの急坂を上りますので、歩きやすい靴が
おすすめです。

岩村商店街・本通りの中には、ロケ時の写真が
あちこちに飾られ、各お店でも飾ってあります。
また、保存されている旧家の「勝川家」では、
ドラマの特別展が秋まで開催中。
小道具などが見られます。

「勝川家」は、駅から本通りを上って行き、右手に
岩村郵便局が見えてきたら、郵便局の手前
右側に建っています。

劇中に登場する五平餅も、商店街で食べ歩きできますよ~。


恵那市観光協会のサイト↓
https://www.kankou-ena.jp/
こちらにもGWの催し物、見所がたくさんあります。

走り回る仕事の性質上、恵那市以外でもドラマの
ロケ場所をほとんど把握しております(^^;)
「ここ行ってみたいけど、どこ?」というのがありまし
たら、お答えできるかも?













drecom_yururi_n at 22:30|PermalinkComments(0)

2018年04月10日

岩村町ご案内

朝の連続テレビ小説「半分、青い。」も
2週目の放送に入りました。
恵那市を始め、岐阜県東部の景色が次々
登場し、 嬉しいですね(^-^)


6B20FB65-5811-4FA1-AE19-0296B8460872


岩村町ではこういったグッズも販売されたり
して、好評なようです。
かわいいので、私も1つ買いました。
しっかりした出来栄えに、NHKの公式グッズだと
思ったのですが、NHKの承認を得て、岩村の方が
1つ1つ手作りしているそうです。

9F0F5CC0-1CB4-4588-9576-2FEDA6BD47E3


反対側もかわいい(*゚▽゚*)

ストラップの紐が、色違いで何色かあり、
素材も、木のもの、透明なプラスチック板のもの、
白色、青色と、様々のパターンがありました。

本町通りのカステラ屋さん「かめや」さん、
家具の「京や」さん、案内所の「ふれ
あい館」にて販売中!


岩村へ観光に…、とお考えの方に最適なブログ
をご紹介d(^_^o)

http://chiexcafe.com/iwamuranavi/

岩村町民の方が詳細にまとめられた内容が
とても分かりやすいです。


さらに昨夜は「鶴瓶の家族に乾杯!」でも
岩村町、恵那峡、三郷町、山岡町、明智町が
紹介され、今年のゴールデンウィークなどは
観光の方が増えそうです。

「鶴瓶の家族に乾杯・恵那市」を見逃した!!と
いう方は再放送をどうぞ。

https://www4.nhk.or.jp/kanpai/2/
4月13日金曜日午前1時〜

金曜日午前1時ですから、感覚的には木曜深夜、
ということになります。ご注意を。

番組中で紹介された「石室千体仏」は、「半分、
青い。」のロケをした本通りからは離れて
いますが、明知線岩村駅から、線路沿いの川を
渡って歩いて行けますので、岩村駅起点で両方
観光することができます。
























drecom_yururi_n at 13:01|PermalinkComments(4)

2018年04月08日

帯むすび

昨年11月に、「日本一ハードルの低い
着付け講座」
でお世話になった桃子さんの
「OB結びの会」に参加してきました。
半幅帯で着られるようになった講座のOBが、
名古屋帯にチャレンジします。


本やネットで見てやってみたけど、
なかなかうまくいかなかった名古屋帯。
自力では、とても人前に出られる形には
なりませんでした。

 桃子さんご指導の方法は、帯に優しく、
余分な固定は省いて、留めるべき要所を
絞ってそこだけ留めればOKな手順なので、
使う紐も少なく、やるべき事がとてもよく
分かります(^-^)

…が、それがサッと出来るかというと…。
半幅帯と違って、後ろ結びの名古屋帯は
なかなかの難しさ。
1回目は、頭に「?」が何度も浮かび、
イメージした通りにしたはずなのに、
全然違ってたり。

鏡も見ず、振り返ったりして後ろも
見ずに、手と体の感覚だけで、水平とか
左右均等を感知するのは、簡単なようで
難しく、でも、難しいようで慣れたら
簡単になってくれそうな気もしました。

これは、練習あるのみ!!

用意された様々な素材の帯をとっかえ
引っ換え、計3回の練習。

ob結び2
こんなカッコイイ弓引き童子の帯もありました。


崩れても、それはそうなる原因を知り、
直し方を知るチャンス。

様々な帯、帯揚げ、帯締めの組み
合わせも楽しみ、3回目には、それなりに
見られるお太鼓になりました。

ob結び4


講座の後は、着物カフェの時間。
美味しいランチを頂きながら、皆さんと
色々なお話をし、突然のミニコンサート
まであり、充実した時間でした。


ob結び3

からし色の味のあるアンティーク帯と、
帯締めを分けて頂きました。
手持ちの名古屋帯が赤系と黒しかない
ので、これで組み合わせの幅が広がります。





drecom_yururi_n at 09:10|PermalinkComments(0)
プロフィール

ゆるりん

facebook

ココロあすなろ   治療院

お仕事の話題はこちら

最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ