お出かけ

2017年08月20日

山の幸を喰らう

先日の雨で、こちらの地域では土砂崩れで
高速道路が通行止めになってしまいました。
再開見通し立たずということだったのですが、
3日目の今朝、通行再開!!
早い!!
ドロッドロの陶土が流れ出していたので、これは
相当かかるかと思ったのですが、良かった。
作業員の皆さん、ありがとう。お疲れ様でした。

高速に併走する国道が、車線減少して渋滞する
区間なので、あのまま高速が使えなかったら、
週明けからの渋滞がすごいことになってたと
思います。

さて、特に大きなイベントのなかったお盆ですが、
唯一の遠出が親戚との会食でした。
「面白いところを予約したから」ということで、
三重県の山間部へ・・・。

resize3452
着いたのは、渓流沿いの小さな料理屋さん。
ログハウス風の離れが2棟。
一度に2組様までというお店です。

メニューは山の幸がいっぱい。

resize3456
アマゴのお刺身。
とても脂が乗っていて美味しかったです。
添えられているのは茎ワサビ。
これが、とてもよく合いました。


resize3455
アマゴの塩焼きは、七輪ごと運ばれてきて、自分で
ひっくり返して、こんがりと焼きます。
じっくり直火で焼いた魚、串にかぶりついてワイルドに!


resize3454
イノシシ・カモ・シカなどの山の肉料理も
各種あり、今回はシシ鍋。
家で作るときは、地元の方に聞いた作り方で
前日から肉を煮込むので、生のままの
お肉から作るシシ鍋は初めて。
肉がとても柔らかく、全く臭みも無く、本当に
美味しかったです。

シカ肉の鉄板焼きも食べましたが、それも
あっさりしてて美味しかったです。

resize3457
川エビ(手長エビ)の唐揚げ。
本当に手が長~~い!

サクサク香ばしくて、これまた美味しい!
カレーっぽい味が付いていました。
ビール飲む方ならおつまみにピッタリです。

このほかに、釜飯の小さい釜で炊く白米に、
自家製のお漬物。
お米の炊ける様子を見たり、塩焼きの焼き加減を
見たり、そういうのも楽しむ趣向で、面白かった
です。


素朴で美味しい山の幸で、おなかいっぱい
になりました(^-^)




drecom_yururi_n at 11:20|PermalinkComments(0)

2017年08月14日

花火

お盆休み中の13日、いつもはお盆休み中には
行かない、職場のある町で、花火大会があり
ました。
「音楽花火」ということで、会場に音楽を流して、
音楽に合わせた「仕掛け花火」が見もので
面白いとは聞いていました。
今回、時間がとれたので、見に行ってみることにしました。

田舎の小さい町なので、渋滞の心配はナシ。
職場に車を停め、会場の学校までは徒歩5分ほど。
毎日来る町とは言っても、細かい路地などには入った
事がないので、学校までの道が分からず・・・。

大勢の人が会場へ向かっているから分かるだろうと
思ってたら、あんまり人いない・・・(汗)
スマホで、グーグルさんに案内してもらいつつ、
無事に花火の15分前くらいに学校へ着きました。

校庭ではステージが組まれ、レゲエのグループが
演奏中。LEDを使ったライトアップで、田舎の夏祭り
という印象とはまるで違っていました。
花火は校庭から見ると良いとは聞いていたけど、
椅子やシートで花火の場所取りをしている雰囲気
はなく、さて、どこから見たら良いのやら?
地元民の同僚に情報を貰い、仕掛け花火が
見やすいという位置で待機することにしました。

レゲエグループが終わり、今度はステージに
ファイヤーダンスのパフォーマーが登場。
ボーーーー!!!と火を吹いたり。
なかなか派手ですぞ(゚∇゚ ;)

パフォーマンス終了と同時に、学校の向かいの林
あたりから、花火が上がり始めました。
resize3448
最初は何の曲だったっけ??何かアニメの主題歌
だった気がする・・。
校庭にあるステージから、音楽が流されています。


resize3447
2曲目は美空ひばり「川の流れのように」。
高齢者の多い町で、車椅子やシルバーカーで
見物に来ている方もあったので、ちゃんと、どの
世代の方も楽しめる選曲ですね。

曲に合った、柔らかい、ゆったりした花火が
上がり、しみじみとしたムードに。

「川の流れのように」が終わって、日本の夏
だねぇと感じていたところに。。。

resize3449

ドドドドドーーーーーン!!!


Σ(・ω・ノ)ノ

目の前で突然打ち上げ花火が!!

(゚ロ゚;)エェッ!?

校庭の中から上げてる!?!?
見学場所から、距離にして50mも離れて
いません。
だ、大丈夫!?

曲は「北斗の拳 愛を取り戻せ」。
「YouはShock !!」の歌詞とともに、そりゃあもう
アタタタタ!な感じで、次々と花火が上がり、
大迫力。
音も大きいものが多かったので、小さいお子さん
なんて、ビックリして、泣くのを通り越して、ポカーンと
しちゃってましたよ。

曲が終わるとともに、花火もやみ、シーンと
した中で、最後に「お前はもう死んでいる」の
ケンシロウの台詞でシメでした。
・・・ホントにやられたって感じ。ひでぶ。

「仕掛け花火」って、こういうことだったのか・・・。
仕掛け花火と言えば金鳥蚊取り線香の「ニッポンの夏」
のCMみたいなのだと思ってたから、予想外でした。


resize3445
次は「35億」のブルゾンちえみのアノ曲。
赤で情熱的ですね~。
これも、曲にピッタリ合ったタイミングで、見ていて
すごく面白かったです。
今の花火の制御技術ってすごいですね~。


resize3446
最後は映画「君の名は」の主題歌「前前前世」。
映画の雰囲気どおり、明るくて爽やかな感じの
花火でした。
校庭の幅いっぱいに広がる仕掛け花火と
向こうの林から上がる大きな花火でフィナーレ。

全部で30分程度と、花火大会としては大規模
ではないけど、混雑も無く、場所取りしないで
観られて、立って見ていても苦にならない時間で
面白い趣向を楽しめるので、すごく良かったです。
運営の方々も若い人達ががんばっていて、各所に
手作りの竹籠灯篭があって良い雰囲気になって
いたり、岩村城の再建寄付金の募集などもして
いました。

「岩」にちなんで「岩ダム(ガンダム)」のコスプレ
グループもいて、キャラクター(アムロ、シャア、
ブライト)と、モビルスーツ(ガンダム・ガンタンク・
シャアザク・ズコック)がいました。
これが結構良い出来。
軽トラを改造したホワイトベースもあるらしい。
花火の選曲といい、中心になっている方々は
けっこうなアニメファンと思われます(笑)

昼夜ともイベントがあるので、お祭り好きも、
花火好きも、アニメファンも、お城好きも、歴史
マニアも、皆が楽しめるイベントだと思います。










drecom_yururi_n at 18:50|PermalinkComments(0)

2017年07月17日

花ハスまつり

先日参加した試合会場の隣で、毎年その大会と同じ日に
開催の「花ハスまつり」が、今年も行われていました。

IMG_0760
道場から見ると、こんな感じです。
蓮池の横に、金魚すくいとか、蓮食品販売などの
テントがあります。

早朝~昼までがよく咲いているので、朝からたくさんの
人が訪れていました。

DSC_1558
水田地帯の中にある一角を蓮池にしてあり、花の
時期になると見せてくれるのですが、小さいながらも
なかなかの見ごたえ。
近づけば、一面の蓮のお花畑の景色になります。

さて、蓮池見物しながらの試合結果は、決勝には
結構良い成績で進んだものの、決勝でガタガタになり、
悔しい思いをしました。

しかし、ここ半月ほど前から新たに試している方法で、
予選については思いがけず良い矢飛びで的中も
上がったので、これは収穫でした。
最初の一手なんて、今のは自分の矢かと疑うくらい、
久々に見た良い矢飛びと矢所でした。
あの感じだと、手を振り回す癖も抑えられていたの
ではないかと思います。(だれも見てなかったので
実際のところは不明ですが)

何本も続けると、次第にほころびが出てきて矢所が
乱れ、中らなくなってしまうのですが、これは今後も
稽古を重ねて、この方法が体に染み付いていけば
解決しそうな気がします。

これで本当に腕振り回し癖がおさまるといいけどな~。

IMG_0766
お土産は、毎年お決まりの名物「水まんじゅう」
冷やしすぎてちょっと白くなってしまった(汗)
今年は、期間限定で蓮根の粉を使った「蓮餅」
もあったので、それも。。。
笹に包まれた黒砂糖味の蓮餅、すごくムチムチ
してて美味しかったです。









drecom_yururi_n at 23:50|PermalinkComments(0)

2017年06月18日

開業祝い

お仕事ネタが続きますが、今度は同級生の
開業祝いです。

前回の記事の学校での同級生が、名古屋で
治療院をオープンしました。
同じく同級生と連れ立って、お祝い&激励に行ってきました。

resize3419
住宅街の中にある治療院。
元は和風のお店があったスペースだそうで、
そこここに和の空気が残っている治療院と
なっていました。

resize3418
すごく広い治療院なので、治療スペースも広々。
カーテンで仕切っても、通常の治療スペースの2倍
くらいの空間となり、それを個室として使うことができます。

ベッドは2つありますが、1人でやっている予約制の
治療院なので、同じ時間帯に受け付ける患者さんは1人。
ほぼ貸切となります。贅沢ですよね~(*´ -`)

寡黙な同級生ですが、しっかりと経験を積み、
腕は確かです。
マッサージのほかに、必要があれば鍼灸を
プラスしても、治療費は変わらずという太っ腹
の治療費設定。

resize3420

是非とも、ご近所の方に愛される治療院に
成長して欲しいと思います。
がんばれ~~!


ゆたか治療院
http://www.ekiten.jp/shop_78323886/

https://www.yutaka-siatu.com/






drecom_yururi_n at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年06月05日

有松絞りまつり

先日、学生時代の同級生4名が集まって、女子会
を開きました。
今回は、おしゃれランチと有松絞り祭りを楽しむ
女子会!

「有松絞り」は名古屋市緑区の有松地区とその近郊で、
江戸時代から作り続けられている、布を染める技術です。
浴衣などで誰もが目にした事はあると思います。
最近はビール「金麦」のCMで女優の檀れいさんが
雪花染めの有松絞りを着ていたため、人気上昇中とか。

有松絞り
http://www.shibori-kaikan.com/tiedyeing

有松は東海道の宿場町と宿場町との間にある
休憩のための茶屋町のようなところで、北斎や広重の
東海道を描いた浮世絵にも「名産有松絞」と描かれて
いて、その頃から土産品として有名だったようです。
農耕の難しい土地だったので、工芸品を収入源に
していたことから発展したようです。

と、いうことで、せっかくの祭り、手持ちの絞りの
浴衣を着ていくことにしました。

BlogPaint
下駄が履きなれてないものだったので、擦れ防止に
足袋を履きたくて、襦袢を着た着物風にしました。

IMG_0710
帯は、なんちゃってお太鼓風。
本当はもっとお太鼓部分が大きく、下に垂れる部分が
小さい予定だったのですが、太鼓部分の帯の長さを
確保し損ねて小さくなっちゃった・・・。
でもやり直さないイイカゲン根性(笑)
この浴衣、何人かの手を経て私のところに来たので、
どこの絞りかわからないけど、有松なのかなぁ。

お昼前、同級生4名が集合して、おしゃれランチは
有松に近い、野菜中心のセイロ蒸し料理のお店へ。
三段のセイロに、ご飯、お肉や魚の蒸し料理、蒸し野菜
盛り合わせが各々入っていて、デザートにプリンが付き、
飲み物は様々な種類の温かい紅茶がお代わり自由♪
ポットサービスで店員さんが注ぎに来てくれます。
ヘルシーな料理と、色んな種類の紅茶とおしゃべりを
楽しみました。

同級生の1人は地元育ちで、お祖母ちゃんが絞りの
内職をしていたそうです。
でも、有松には全く行ったことが無いそうで。。。
私も名古屋出身ですが、有松絞りが名古屋の名産
という意識が全然なく、有松にも行ったことがありませんでした。

昼食後、有松へ移動。
名鉄有松駅の改札前で、絞りの実演をしていました。
7072121_2255809012_29large
前に置いてある台の柱には小さな鈎針が付いて
いて、そこに引っ掛けた糸で、小さくつまんだ布の
先をきつく縛って、一つ一つ、小さな粒々をたくさん
作っています。

奥の方は、布を何針か縫ってからギュッと
絞って留めていました。

他にも、布を鈎針に引っ掛けて、そこを頂点に糸を
グルグルと巻きつける方法とか、様々な技法と絞り
模様があるそうです。
一人の職人さんは1種類の技法担当だそうで、ずー
ーーーっと何十年も同じ作業を続けているわけです。
一反を同じ模様でビッシリ埋めるとすると、何十万回
という絞り回数になるとか・・・・・(゚ロ゚;)
すごい根気・・・。飽き性の私には絶対に無理。


resize3399
大きなイオンのある駅前から信号一つ渡ると、もう
そこが江戸時代の街並み。
白いナマコ壁の蔵、黒漆喰の建物。格子戸に大きな
うだつの上がった屋根。。。
通りの両側に江戸時代の建物がたくさん残っていて、
1800年代の豪商の建物が見事です。

染物屋さんは道に面した土間の木戸を外して、
小上がりに反物を並べ、江戸時代さながらの光景でした。

resize3403
これは道を横切るように反物を飾ったディスプレイ。
藍色の模様が涼しげです。

古い文献には、染めた物を街道沿いに掛けて乾かし、
通る人々はそれを見て手ぬぐいなどを買い求めた
という記述もあるそうなので、昔は道沿いにたくさん
掛けられていたのかもしれないですね。

resize3400
祭りの日は、染物屋さんの立派なお屋敷の中庭も
臨時の売り場に。

庭の奥に、江戸時代に使われた身分の高い人の
商談用の客間を備えているお屋敷もあり、今日は
そこにも一般客も上がれるようにはなっていましたが、
正絹で、ゼロがたくさん付いたお値段の反物や着物が
掛けられ、とても冷やかしでは上がれませんでした(^^;)

浴衣や着物以外にも、手ぬぐい・ハンカチ・風呂敷・
財布やポーチ・日傘・洋服など、色々なものに絞りが
加工されていました。こちらは庶民にも手の出るお値段。

resize3401
浴衣なら気軽に買えるかな~、なんて思ったのですが、
お祭りのお値打ち価格でも結構なお値段・・・・。
さっき駅で見た手作業を思えば、納得です。
反物の産地らしく、仕立て上がりのものはほとんど無くて、
小上がりの座敷で反物を体に当てて選んで、仕立てて
もらう買い方が主流でした。
色柄も、仕立て上がりのより、反物の方が断然素敵。
今日は無理だけど、いつか買えるといいなぁ・・・。


resize3402
カラクリ山車も3台あり、時間ごとにカラクリを披露。
写真撮影に応じている一団がいるなあと思ったら、
愛知県知事の大村氏でした。(写真左から2人目)
山車を操る皆さんの浴衣も、知事が着ている法被も、
もちろん有松絞り。

1キロくらいのお祭り会場の街道沿いには、絞りを売る
お店以外にも、食べ物屋台やカフェ、食事処、絞り体験、
ステージでのイベントもあって、コンパクトに楽しめる
お祭り会場でした。

午後から会場に行ったので、そろそろ祭りも終わり。
私達は和風甘味のお店に移動して、餡蜜を食べながら、
その後もおしゃべり続行~。
学生の頃のように他愛ないおしゃべりが楽しくて、
あっという間に時間が過ぎ、再開を約束して
女子会はお開きとなりました。




drecom_yururi_n at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ