動物

2015年02月27日

閑古鳥

今すんでいるところは、木のたくさんある場所が
家の周囲にあり、色々な動物が居ます。
一度、マヨの散歩の途中にキツネに出会いました。
何度もこのブログにも書いたように、害虫もメチャ
クチャ多いのですが、虫が多い分、鳥も多いです。

散歩に行くと、スズメ、ハト、ヒヨドリ、メジロ、ホオジロ、
コガラ、シジュウカラ、ジョウビタキ、ツグミなど、可愛い
野鳥がたくさん!
これは庭に餌台を設置したら、きっとたくさんやってきて
可愛い姿が見られるに違いない!
そう思って、餌台を設置してみました。


resize2881
こちらはスズメさん用。
浅いザルに植木鉢の受け皿を置き、餌を入れました。

resize2880
こちらはシジュウカラ用。
ペットボトルにヒマワリの種を入れ、下のほうに
種が通るくらいの穴を開けて、その近くに割り箸で
止まり木をつけました。
止まり木に止まって、穴から上手に種を引っ張り
出す、シジュウカラの器用な姿を観察しようと
狙った構造です。

季節は真冬、餌の少ない小鳥たちは喜んで
やってきてくれるはず!
準備万端、一週間もすれば慣れてたくさん来て
くれるものと期待しました。





・・・・・・が、





来たのは


resize2891
枝に刺した果物に来るヒヨドリのみ。
ヒヨドリは前からミカンなどをあげていたので、
すでに常連さんです。
警戒心が薄い(がめついともいう・笑)ので、平気
で人の側にも来る鳥です。

餌台の方は、一羽もお客さん無し。
私のいない間にきているのかもと思いましたが、
餌が減ってないので、本当にお客さん無し。
来たのは閑古鳥だけのようです(苦笑)

急に変な構造物が現れたので、鳥もびっくり
してるかなと思いましたが、1週間経っても10日
経っても慣れる気配なし。

家のすぐ前の木やフェンスには、シジュウカラが
来て「ツツピー、ツツピー」と可愛らしく鳴いているし、
庭のすぐ前にあるお隣の椿の木にはメジロも来て
いるのに、うちの庭はヒヨドリのみ・・・・・。

そのヒヨドリですら、餌台に果物を置くと寄り付きません。
あの餌台にどういう問題があるのか・・・・???

土台がちょっとぐらつくのが鳥にとって怖いのかなと
思い、今度しっかりと取り付けできる台に変えました。
しかし・・・・。

resize2906
左上、改良した餌台
右下、落ちたえさをついばむスズメ

スズメ達、どうしてもこの餌台には乗りたくない
らしいです。
横まで来て覗き込んではいるのですが、絶対に
餌台の上の餌には手を出さない。
地面に落ちたわずかな餌をつまんで、帰って
いってしまいます。

なんだろう??なんだろう???
餌だけつまむってことは餌が嫌なわけでは無いし・・・。
台の色が白色なのがいけないのかなぁ。
白いところに入ると、茶色のスズメは目立ってしまって
保護色にならないから、嫌うのでしょうか?
木などの天然素材の餌台がいいのかなぁ。
実家で作っていた餌台は、木でできていて大盛況
だったんですよね~。
でも、スズメって結構人の側にいる鳥だから、素材
にはそれほど敏感じゃない気もするけど。

窓から可愛い野鳥を観察したいのに、あまり来て
くれないなんて、かなり寂しいです~。



drecom_yururi_n at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月09日

夏のレジャー  モンキーセンター編・その3

resize2686
8日は中秋の名月、お月見でしたね。
暦の関係で、例年よりもずいぶん早いお月見
でしたが、朝夕すっかり涼しくなり、秋の風情
を感じました。
9日は月が1割大きく見えるスーパームーン。
これもまたお天気がよくて見事な月が見えました。
お団子を作って、2日間ともお月見をしましたよ(笑)



長々と書いていますが、モンキーセンターの
最終回です。 

resize2668
珍獣がいっぱいの「KIDZ ZOO」を出ると、前の
空中回廊でクモザルのレクチャーが始まっていました。
サルの居住エリアから、高さ5mはありそうな
吊り橋の回廊が、何十mも伸びています。
ウンテイになっている部分もあったりして、すごく
広い空間を猿が自由に移動できるようになっています。

回廊の下に飼育員さんが来ると、猿たちが姿を
見つけて、遠くから回廊を渡ってきました。
手足と尻尾の長いクモザル。
飼育員さんが下の水郷の脇から餌を投げると、
後足と尻尾を使って逆さまで吊り橋の下にぶら
下がり、両手を使って上手にキャッチ!
落っこちやしないかヒヤヒヤします。
この猿本来の自然な能力だから、猿はなんとも
思わずやっているんでしょうけど、すごいです。

飼育員さんの餌を投げるコントロールも見事。
餌をあげながら、クモザルの体の特徴や能力を
説明してくれました。
レクチャーが終わると、「皆さんの後ろで、リクガメ
さんがお散歩してますよ~。KIDZ ZOOで色々な
動物と触れ合えますのでどうぞ~~。」
ちょうどお客さんの後ろの道にさっき出動した
リクガメ宣伝部長が歩いていて、お客さんは
わ~、カメさんだ!とそちらに移動していきました。
宣伝部長の効果は抜群ですね(笑)


resize2669
こちらはヤクニホンザルのサル山。
山の斜面半分を全て猿山エリアにしているので、
山というより猿の村という広さです。
この中には160頭もいるそうですが、もう一つ
ヒヒのサル山も大きな群れでした。

そのどちらも、子猿がはしゃいでやんちゃして
いると、雷を落としてビシーッ!!と叱るのは
決まってかなり高齢と思われる猿でした。
猿の世界にも、カミナリ爺さんや口うるさい年寄り
というのはしっかり存在しているようで、なんだか
見ていて面白かったです。



resize2670
最後のお楽しみは、「リスザルの島」。
小さな島にリスザルが放し飼いになっていて、
その中を散策できるという施設。


resize2672
鬱蒼とした木の上や、落ち葉の上に、あちこちに
黄色いリスザルがいます。
すごくすばしっこくて、見つけてもすぐどこか行っ
ちゃう感じですが、時々こんなに近くまで来ます。


resize2678
かなり好奇心旺盛なようで、ヒトの持ち物に
興味を持つ猿もいました。
携帯ストラップのぬいぐるみが気になってしょうがない・・・。
目をまん丸にして、チョイッ!と手で触って
みたりしていました。
顔つきとか、手の指の感じがヒトにとても近い
ので、とても可愛らしく感じます。


IMG_9032
こちらは2~3歳の子猿がプロレス中。
お客さんの足元で、突然遊び始めたりします。
後ろから羽交い絞めにされて「ムキャーー!!
たしけてぇ~~~」とパーに開いた手が可愛い。
↑画像をクリックすると大きい画像が出ますので
見てみて下さい。



resize2674
森の奥の方を見ると、落ち葉を掻き分けて
何か食べ物を探したり、木から木へ飛び移ったり、
虫に飛び掛って捕まえて食べたり、本来の
森での生活に近い様子が観察できます。
虫が大好きだそうで、この島には夏でもセミが
一匹も居ない(来た途端に食べられちゃう)そうです。

ここもまた1日中見ていても飽きないエリア。
でも、滞在時間のリミットが刻々と近づき、
今回のモンキーセンター訪問はここまで。
時間があれば、ビジターセンターなどの室内の
猿に関する展示も一つ一つ見ると、もっと猿
について色々と知ることが出来そうです。

季節によっても色々と変化があるので、
また訪れたいと思ったモンキーセンターでした。








drecom_yururi_n at 21:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年09月06日

夏のレジャー モンキーセンター編・その2

さて、散々寄り道しながら、係員さんイチオシの
チンパンジー親子に無事会うことが出来ました。
ここまでで、モンキーセンターのおよそ半分を
見たことになります。
今回はお昼過ぎまでしか滞在時間がないので、
急いであと半分へ。

と、あと半分のエリアの入り口に「KIDS ZOO」なる
小さな広場がありました。
動物園にはつきものの「子供動物園」。
可愛い小動物を撫でたり抱っこできたり、そういう
のだろうなと思って、チラッと見ると、やっぱりウサギや
モルモットが居るのが見えました。
ゾウガメかな?と思うような大きなリクガメも。
エミューはけっこう珍しいかも??
そして、入り口の看板には

「世界最小の犬チワワ、世界最大のマダガスカル
オオゴキブリと記念撮影!!」

おおう。。。
おおごきぶり・・・・・。
なんで、最小の犬チワワに対して、最大が同じ犬の
グレートデンとかじゃなく、ゴキブリにいっちゃったんだろ??

その横には、ヒョウモントカゲとか、グリーンイグアナ
の写真パネルも。
なんか、ただの子供向け動物ばかりじゃない
ような気配。
かなりシュールなにおいがしてきました。

広場の柵の中には、水槽があって、その中に
30センチ以上あるアゴヒゲトカゲが居るのが見えました。
「あ、アゴヒゲトカゲがいる!!」
と思わず言ったら、入場口の飼育員さんが「あ、
あの子とも触れ合えますよ」

結局、その場で入場することに即決しました(笑)
ちなみに入場料は1人200円なのですが、子供
さんと一緒の場合は、お子さん一人に付き添いの
大人5名まで、無料で入場できるそうです。
一日のうち何度も出入り自由だそうで、良心的ですね。


P1003643
まず最初にアゴヒゲトカゲちゃん。
手足とか体の下側がすごいトゲトゲなので、
痛いのかなと思ってたら、トゲは硬いけど土台の
皮膚がタプタプなので、まったく手に刺さる感じ
が無く、全然痛くなかったです。
とてもおとなしく、だまってジッとしててくれました。

「このトゲ、全く見かけだけで全然防御の役に
立たないんですよね~。せっかくたくさんあるのに」
と飼育員のお兄さん。
見かけによらず、じつは身体も性格も穏やかな
トカゲでした。

側にはゾウガメかと思うような大きなカメ。
ケヅメリクガメだそうです。
ケヅメリクガメというと、ペットショップで手の平に
乗るようなリクガメとして売られていますが、ここに
いた甲羅が50センチくらいありそうな個体で10歳
だそうで、寿命が50年くらいあるのでまだ大きく
なるそうです。
飼いはじめるときはサイズも可愛いけど、将来的な
大きさと寿命を考えると、相当の覚悟が無いと
飼えない生き物ですね。

ウサギやエミューの柵の奥に、は「イモリプール」なる
施設が。だんだんシュールな世界になってきました(笑)
resize2666
幅1m×長さ4mくらいの大きなプラ船に、黒い
イモリとアカハライモリが10匹くらい放流されて
いました。
プカー。。。。と浮いているのはなかなか可愛い
です。
プラ船の中は水流ができるようになっていて、
流しそうめんみたいにイモリが流れていったり
して、ますますシュールな雰囲気。
流れたくないイモリは、底に潜ってじっとして
いました。
もちろんこのイモリもお触りOKです。

イモリプールの奥には、建物の中に色々いるようです。
ドアを開けると、飼育員のお兄さんが「どうぞ~~」と
手の平にサソリを乗せたまま出迎えてくれました。
「この子とも触れ合えますよ~~」

2014083112000000
おおお~~~~。。。初サソリ。
感触としては虫と蟹の中間くらいですかね。
体長が20センチくらいあると思いますが、体重は
すごく軽いです。
歩き方は、カブトムシとか、そういう雰囲気。

手の平を登ろうとして、カサカサと歩き続け
ちゃって、落とさないように手を裏向けたり戻したり(笑)
足の先に2本ずつ小さいカギ爪が付いていて、ほぼ
逆さまでも落ちないように上手く引っかかることが
できるそうです。
分類としては甲殻類だそうです。

飼育員さんの手じゃない事にサソリが気付いて
逃げようとしたのかと思いましたが、そこまでヒトを
見分けることは出来ないそうで、私が手を水平に
してなかったので、上へ登る習性で歩いてしまった
みたいです。

ちなみに、この種類は性格がおとなしく、攻撃には
ハサミが先に出て尻尾の針は最終手段、しかも
毒性がとても低いそうです。
念のため、針の先の部分を1ミリくらい切ってあり、
皮膚に刺さらないようにしてあるとのことでした。

いくら私でも、それを聞いてなかったらホイッと
手には載せませんよ~~~(笑)
なかなかスリルのある体験でした。

この建物にはチワワと、例のオオゴキブリもいました。
サソリよりゴキブリの方が安全なんだけど、どう見ても
やっぱりゴキブリだしね~。。。清潔に飼育されてる
んですけどね。。。
「わ!」などと言って思わず手を引っ込めて落として
しまってもいけないので、マダガスカルオオゴキブリ
との記念撮影はやめました(笑)

大きさ的には、長さが8~10センチくらいってとこです。
日本のゴキブリのように高速走行はしないし、羽が無い
ので飛ばないし、とてもおとなしいそうです。
飼育員さんは、サソリを水槽に戻して、今度はオオゴキ
ブリを手に。

他にも、爬虫類にネズミの類、ヘラクレスオオカブト、
タランチュラ・・・。
イグアナは50センチくらいありました。
子供用のふれあい広場とは思えぬ、すごい顔ぶれ。
チワワと、ビーグルがいることで、あ、そうだった、
ここは珍獣館じゃなくて子供動物園だったと辛うじて
思い出せる感じ。
こんなマニアックな子供動物園は見たことがありません。

生き物マニア3人が、マニアックな質問を繰り出す
ので、飼育員さんも嬉しそうに色々と答えてくれました。
きっとあの飼育員さんも、相当な珍獣マニアに
違いない。。


resize2667
ちょうど、KIDS ZOOの前の空中回廊で、
クモザルについての飼育員さんのレクチャーが
始まりました。
レクチャー後のお客さんを呼び込むべく出動する
リクガメ宣伝部長と一緒にKIDS ZOOを出て、
再び猿の世界へ戻ります。

モンキーセンターの話なのに、猿の出ない記事に
なってしまいました(笑)
             
                      ・・・・その4へつづく







drecom_yururi_n at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年09月04日

夏のレジャー モンキーセンター編・その1

美濃歌舞伎公演の翌日は、愛知県の犬山市にある
日本モンキーセンターへ行くことになりました。

resize2652
20年くらい前に一度来たきりで、記憶も定かでない
ので、初めての訪問のような新鮮さ。
ほぼ、猿ばかりの動物園です。
ここ何年かで、行動展示を増やして、かなり
面白さがましているそうなので、期待大です。

ここは、学習できるチンパンジー「アイ」の研究で
有名な京都大学霊長類研究所と同じところに
あるので、色々と一般向けの学術的な催し物も
多いようで、研究者目線からの展示や説明も期待
できそうです。

入り口で、係員の人が「今、チンパンジーの赤ちゃん
が見られますので、是非どうぞ」と教えてくれたので、
まずは敷地の一番奥にあるアフリカゾーンのチン
パンジー舎へ向かうことにしました。

resize2654
動物好きの3名、他の猿には目もくれずに
チンパンジー舎に向かう・・・などという事は
到底無理で、寄り道に次ぐ寄り道。
ちょうど開園すぐで猿達の朝ごはんの時間。
餌を与えている飼育員さんに色々聞くことも
出来て、ラッキーでした。

このマンドリルは、群れでいじめられてしまって、
一緒に生活することができず、ここで1頭で飼育
されているそうです。
手渡しで「アーン」と餌をもらうあたり、やはり
甘えん坊で気が弱いのかな??
犬の社会と一緒で、一度群れから脱落すると、
なかなか戻るのは難しいそうです。

オリの中で一家が暮らしている猿のところでは、
いきなり喧嘩が始まり、飼育員さんが「上の
息子が生意気になってきて、お父さんに叱られ
てるところです。小さいほうの弟にはお父さんも
甘いんですが、大きいお兄ちゃんには厳しいですね」
とのこと。
人間の家族とよく似てますね(笑)

resize2655
ちょっと移動すると、また面白い猿がいたりして、
いちいち寄り道。
見過ごすにはもったいないくらい、全ての猿が
面白いです。
画像は、まだ子供の猿。
人間の子供でいうと小学生くらいの雰囲気です。
なんにでも興味しんしん。向こうもヒトにちょっかい
出してみたいようで、金網にくっついてこっちを
見ています。


resize2660
次に寄り道したのは「WAOランド」。
ワオキツネザルが放し飼いの施設です。
お堀に囲まれた島が、ワオキツネザルの島に
なっていて、水の苦手なワオキツネザルは
泳いで逃げたりしないという設計。
人が島へ渡る橋は、2重扉になっています。
島では、ワオキツネザルとヒトの間には柵や
オリは無し。
遊歩道を歩きながら、猿を直接観察できます。

resize2659
わお!!いっぱいいるいる~~!
すごく仲間同士で仲の良い猿らしく、まるで
ネコ団子みたいにくっついてます。
この中に何頭いるのかな??
ヒヒとかニホンザルのような猿に比べると、
ずいぶん無口で、リスとかイタチに近いような
雰囲気。


resize2658
こんな距離感!!
ヒトは遊歩道から出てはいけないし、ヒトの方から
猿を触るのはNGなんですが、サルは島内は自由
に歩き回れるし、猿からヒトにちょっかい出しても
良いというルール。
囲いなどで猿の方の動きを制限して展示するの
が一般的な動物園ですが、この島はまるで
正反対。
猿の日常に、ヒトがお邪魔しま~~すという感じ。

中には、靴をかじったり、ストラップをひっぱっ
たりするイタズラ猿もいました。
私の頭スレスレを、風のようにヒョン!と飛び
越えて行ったりしてました。
これは、一日いても飽きないかも。

resize2657
暑いので、扇風機が設置されていて、多くの
ワオキツネザルが扇風機の前の地面でマッタリ
していましたが、そのうち一頭が扇風機の
後ろにペタッとくっついて、風を独り占めして
いるつもりなのか、ドヤ顔してました。
風の来ない側にくっついていることは、気づいて
いない様子で、とても満足してるみたい(苦笑)

一度に出ているのは20頭くらいなんですが、全て
名前があるそうで、飼育員さんは見て識別できる
みたいです。
あまりにヒトに慣れてしまって、本来の習性が無く
なってはいけないので、2グループの猿を何日か
交代で出していて、ヒト慣れを防いでいるそうです。

いかんいかん、チンパンジー親子を見なければ!
後ろ髪引かれまくりでチンパンジー舎へ。

resize2661
森のようですが、ここがチンパンジー舎。
地面の見えているところが全然ない。
2階建ての家より高いような本物の木々が
植えられていて、鬱蒼としています。
この中に親子チンパンジーがいるのか・・・・・?
パッと見、一体どこに何頭いるのか、さっぱり
見えません。
普通の動物園だと、こういう展示場は芝生とか
岩があったりするくらいで、猿は丸見えですが、
本来の住処に近づけると、こうなるんでしょうね。
高い木にも登ったりするのかな~。
色々な行動が見られそうで、良い展示ですね。

でも、木がありすぎて全然姿が見えないので、
室内のチンパンジー舎へ。飼育員さんが掃除中でした。
ということは、やはり本猿たちは外なんだ~。。。
室内の展示室の前には、チンパンジーが枝で
アリの巣のアリを捕獲するのをやってみよう!!
という装置がありました。
中が見えない穴に合わせて枝に見立てた針金
を曲げたりして、奥のアリに届くようにする、という
ものです。
ちゃんと、針金の先に磁石で作り物のアリがくっついて
くるようになってました。
なかなか上手く穴に通らなくて、けっこう難しそう。

ウロウロしてたら、チンパンジーの大きな声が!
再び外に回ると・・・・・

resize2662
茂みの奥から、赤ちゃんを抱いたお母さん
チンパンジーとお父さんが出てきました!!
お父さんは、人が一杯いるところまでくると、
後足で立ち上がって身体を揺すり、お客さんが
沸くと、またやって見せてました。
良いネタ持ってますな~~~(笑)
カカア天下の夫婦なのか、奥さんの後を
お父さんがついて歩いてる雰囲気。

何度か、こちらに見えるところを歩いてくれて、
その後また森の中へ消えていきました。


                    ・・・その2につづく



drecom_yururi_n at 23:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年08月22日

さようなら、ニッキ君

先日の夢狗君に引き続き、こんな短期間に
また犬のお友達とのお別れが来るとは、
本当に寂しいです。

今朝、サモエドのニッキ君が天国へ旅立ちました。
13歳でした。
体調が悪くなってから、10日ほど。あまりに急な
出来事に、信じられない思いです。

ニッキ君との出会いは約10年前。
私の先代犬「げんさん」と一緒に、ニッキ君と
飼い主のこれみつさんの趣味であるお城巡り
に同行したのが最初でした。
真っ白ふわふわで颯爽と歩くニッキ君と一緒に
琵琶湖を望む安土城跡に登りました。
日帰りとはいえ、私は犬連れの旅は初めてで、
全国を何日もかけて旅するニッキ君とこれみつ
さんに感心したものです。

その後もニッキ君とこれみつさんは旅の途中に
東海地方に立ち寄られ、何度もお会いできました。

resize2252
2004年、ドッグランでの一枚。
左がニッキ君、右は先代犬の「げんさん」です。
両方オス同士、ニッキ君は紳士的なんだけど、
げんさんがつれなくて、この微妙な距離感の
2ショットとなりました。
オス同士でも、げんさんが老犬(この時、14~5
歳くらいだったかな)なのを分かっていて、ニッキ
君は自分より小柄なげんさんに合わせて、伏せ
て最敬礼で挨拶してくれました。

2007年にげんさんが亡くなって、どういう縁か
その年にマヨが家に来て、そのマヨとも何度も
会ってくれました。
resize0295
げんさんの時と同じように、一緒にお城のぼり
この時は瑞浪市の小里城跡でした。
マヨはげんさんよりもさらに犬を寄せ付けない
性格で、しかもビビリのため、大きなニッキ君
に腰が引けて、吠え掛かり、全然仲良くできませんでした。
ニッキ君はいつも低姿勢で挨拶してくれたのに。

ろくに挨拶もせず、勝手に寄ってくるくせに警戒
ばかりのマヨに、時に喝を入れて犬づきあいを
教えてくれたニッキ君でした。
ニッキ君が旅をする様子を見ていたから、今年の
お正月にマヨを連れて車で九州まで行くことも
できました。これは、ニッキ君とこれみつさんの
お手本とアドバイスがなければ、とても無理な
ことでした。
げんさんにもマヨにも、新しい世界を教えてくれた
ニッキ君でした。

こちらの地域は古城跡が無数にあるので、ニッキ君と
これみつさんは年に2度3度と、お城めぐりや、旅の
途中に立ち寄ってくれました。

resize1162
昨年の初夏、恵那市の岩村町での一枚。
岩村町は旅の通過点として、すっかりニッキ君
行きつけの町となりました。

この時はマヨは連れていなかったので、ニッキ
君とモフモフできて、私も楽しかったです。
まさか、これが最後になるなんて、この時は
全く想像もしていませんでした。
この時も、飯羽間城跡を制覇して、元気その
もののニッキ君でした。

まだまだ案内したい城跡もあるし、次はまた
マヨと一緒にお城巡りにお伴したいと思っていました。

容態が思わしくなくなってからの数日、辛い中でも
これみつさんは現状や心情を冷静に見つめて
おられ、出来うる最善を尽くしてニッキ君に寄り添い、
ニッキ君もそれに応えていました。いつも2人3脚。
全国を旅した2人の絆は、本当に深く繋がっている
のだと伝わってきました。

2013082212250000
今日の岩村町。
一昨年ニッキ君が来てくれたときと同じく、正面
の山の上の岩村城跡には、夏限定の実物大
お城看板があがっています。
ニッキ君が訪れた城跡の前を通るたび、ニッキ
君を思い出します。
げんさんにもマヨにも私にも、たくさんのことを教え
てくれたニッキ君、ありがとう。
残してくれた楽しい思い出、いつまでも忘れません。








drecom_yururi_n at 21:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ