お仕事

2017年06月18日

開業祝い

お仕事ネタが続きますが、今度は同級生の
開業祝いです。

前回の記事の学校での同級生が、名古屋で
治療院をオープンしました。
同じく同級生と連れ立って、お祝い&激励に行ってきました。

resize3419
住宅街の中にある治療院。
元は和風のお店があったスペースだそうで、
そこここに和の空気が残っている治療院と
なっていました。

resize3418
すごく広い治療院なので、治療スペースも広々。
カーテンで仕切っても、通常の治療スペースの2倍
くらいの空間となり、それを個室として使うことができます。

ベッドは2つありますが、1人でやっている予約制の
治療院なので、同じ時間帯に受け付ける患者さんは1人。
ほぼ貸切となります。贅沢ですよね~(*´ -`)

寡黙な同級生ですが、しっかりと経験を積み、
腕は確かです。
マッサージのほかに、必要があれば鍼灸を
プラスしても、治療費は変わらずという太っ腹
の治療費設定。

resize3420

是非とも、ご近所の方に愛される治療院に
成長して欲しいと思います。
がんばれ~~!


ゆたか治療院
http://www.ekiten.jp/shop_78323886/

https://www.yutaka-siatu.com/






drecom_yururi_n at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

企業説明会

先日、私が卒業した専門学校の「企業説明会」に
参加してきました。
「企業」として、求人する側です。

専門性の高い職業なので、私も、学校に出され
ていた求人票から探して今の職場に就職しました。

↓その時の母校訪問の記事。
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/421279.html

なんと、もう10年以上前!!!
あの頃は広大な田園地帯に建っていた校舎だけど、
今は様変わりしたんだろうな・・・。

私が在校時には、企業説明会などというものは
存在せず、卒業してからの就職先は、廊下に張り
出された求人票を見て、自分で面接を申し込んで
行ってこ~い!というセルフ方式でした。
在校時から、自分はこういう方向を目指したいと
決めて、その方面でアルバイトをしていて、卒業後は
そのままそこへ就職するケースも多かったです。

しかし今は、学校が企業説明会を開催して、たくさんの
企業を集め、生徒さんが職場を選びやすくしているようです。
オープンキャンパスや学園祭もあって、入学したい人への
アピールも熱心。
昔とはかなり変わっています。

今回の企業説明会にしても、狭い業界なので、どれだけの
企業が参加するのだろうと思ってましたが、その数
なんと60社以上!!!Σ(゚д゚;)

私の職場はこういうのに参加するのが初めてなので、
一体どういう雰囲気なのか、どういう資料や配布物を
用意して行ったら良いのか、全然分からないまま、
できる限りの知恵を絞って準備していきました。

resize3413
あっという間に当日になり、母校に到着。
↑の前回の訪問記と同じアングルから撮った写真
ですが、全く当時の面影無し。
校長の銅像はいずこ・・・(校内にちゃんとありました)
この駐車場も・・・・・

resize3414
立派な校舎のある場所も、当時は広い運動場でした。
校内は、おしゃれなカフェ風の学生食堂に、3階まで
吹き抜けのホール。
そこを囲むようにガラス張りの壁の教室・・・。
な、なんちゅうお洒落な学校になっちゃったんだ・・・!!

キョロキョロしつつ、受付をして、ブースを設置。
resize3415
1ブースに机1つのスペース、参加者は2名。
机への展示のみ可という条件だったので、
貼り物やパンフ・治療院ロゴにパネルなど、
全て手作りです。。。
他に展示するものも無いので、治療院のある町の
観光案内パンフも持って行き、「観光案内も
します」と(笑)

参加企業一覧を見ると、ほとんどが社員数十名から
多いところでは数百名という、全国展開の大手さん
でした。
そういう大手さんは、説明会も手馴れていて、立派な
印刷物に大きなパネル看板、椅子に社名表示ができる
カバーなども持参。
生徒さんのつかみ方も、非常にうまかったです。
い、今や業界は、こんな事になっているのか・・・!!
大手など存在しなかった頃に在校していた身としては、
衝撃でした。

説明会が始まり、生徒さんがチラホラと会場を回り
はじめ、「あっ!岩村だ、女城主の城ですよね!」と、
パンフを手にとってくれる人もあったり。

今の生徒さんは、すっごくお洒落で、普通の大学生
のような佇まいの子がとても多くて驚きました。
私の頃はこんなお洒落して学校来る子いなかったよ。。。

うちは所在地が田舎だし、零細だし、ブースに座って
くれるのは0人かもしれない・・・。
次々と生徒さんが座る大手さんを横目に、どうなる
ことやらと思った頃に、ポツリポツリと座ってくれる
生徒さんが出てきました。

話してみると、やはり同じ道を志した者同士、
抱える不安も、卒業後に向けた期待の気持ちも、
年月を隔てていても通じるものがありました。

大手さんのような大規模なことはできないけど、
少人数で、小回りが利いて、アットホームです、
田舎暮らしも良いものですよと、できるかぎり
のPRをしました。

まだ、来年の3月にならないと資格取得ができない
生徒さんたちなので、今すぐどうという反応は
無いでしょうけど、配ったパンフレットで、少しでも
心に留めてくれる生徒さんがいたら嬉しいですね。

同じく「企業側」として参加した同級生とも再会できて、
色々情報交換できたり、他社さんの様子も見て勉強
することが多く、とても収穫の多い説明会でした。


まさかこのブログを学生さんが見ているとは
思いませんが、一応職場のフェイスブックの
情報を載せておきますね。

https://www.facebook.com/%E9%8D%BC%E7%81%B8%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%AA%E3%82%8D%E6%B2%BB%E7%99%82%E9%99%A2-311105705953230/?hc_location=ufi

就職をお考えの鍼灸マッサージ師(候補)の皆さん、
お問い合わせ、見学、お気軽にどうぞ!






drecom_yururi_n at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月22日

リニューアル!

先日、休日返上で職場の模様替えをしました。
私の職場は治療院なのですが・・・・・。


ビフォーの様子を紹介すると・・・・。
resize3268
入り口を入ると、このようにいきなり事務スペース。
この左手には大きなテーブルがあり、そこで私達が
お昼を食べたり、書類仕事をしているのも、出入り
する人から丸見えでした。
ちょっと治療院とは思えぬ光景(^^;)


resize3266
そしてその奥に治療スペース。
ベッド2台ギリギリの空間でした。

一般的な医療施設は、入り口近くに待合室と受付が
あり、その次に治療室、そしてスタッフ用の事務スペ
ースは見えないところにありますよね。
今までは全く逆の配置でした。

当初は往診専門で、来院する人は少なく、事務作業が
主だったのでこのようになっていたのですが、
ここ数年で来院患者さんが増え、もう一つベッド
を置く必要が出てきたことと、やはり入ってすぐに
事務所丸見えではマズイということになり、大改装
を決行!

とは言っても治療院を休みにして改装するわけにも
いかないので、定休日の日曜日1日で一気に行う
ことになりました。

BlogPaint
今まで待合スペース横に置かれていた治療機や、
大きすぎるディスプレイ棚なども、一旦撤去。



BlogPaint
こちらのスタッフが4名しかいなくて、男性が1人しか
いないため、重い治療用ベッドや、事務机の運搬
には、患者さんたちが駆けつけてくださいました。

患者さんと言っても、スポーツのための体のメンテ
ナンスや筋力向上のトレーニング(治療院の隣に
トレーニングジムが完備☆)に通ってくださって
いる「元気な患者さん」なので、日ごろのトレーニングの
成果を発揮して、どんどん運搬作業が進み、すごい
速さで事務スペースは空っぽに!

新しく床に敷くことにしたタイルカーペットの敷設も、
綺麗に収まるように角や床電源コンセントの部分は
カットして、丁寧に敷いてくれました。
お子さんたちも参加してくれて、雑巾片手にお手伝い(^-^)

お昼は、皆で綺麗に敷いたカーペットの上で
輪になってお弁当を食べて、イベントを楽しんで
いる状態になってました(笑)

午後から、パーテーションとカーテンを付ける
業者さんが入り、どんどん治療院らしい雰囲気に
なっていきました。

業者さんの作業後、運び出してあったベッドを搬入し、
治療機具類を配置。
カーテンを付けると・・・・。
アフターの様子はこのとおり↓
resize3273
一枚上の画像と同じ場所が、こんなにスッキリした
治療スペースになりました!
画像奥に、横並びに今までの2つのベッド、画像の
右手前下にも一台、ベッドを新設。
3名同時の治療が可能になりました。
ベッド1台あたりの空間が狭くなってしまうんじゃ
ないかと心配しましたが、設置してみたらすごく
余裕があって、本当に治療院らしい治療院に
生まれ変わりました。


resize3272
入り口を入ったところの光景も、こんなにスッキリ!
事務室は左手奥になったので、待合室からは
事務机やパソコン、私達の休憩スペースは
見えなくなりました。
事務機器も、この日のうちに配線が済み、翌日の
月曜日からは通常業務ができるようになりました。

リフォームを聞きつけて様子を見に来た患者
さんも、この変わりようにビックリ。
「なんだか高級感がありすぎて、フラッと寄り
にくくなっちゃう~(^^;)」
なんて言っていましたが、今までどおり、なじみの
患者さんや通りかかった知り合いが事務所に
寄ってお茶して行くのは大歓迎です。

雰囲気がガラッと変わったので、間違えて違う
建物に来てしまったかと思う人もいたりして~。
なんてスタッフどうしで話してたら、さっそく翌日、
書留を配達に来た郵便屋さんが、入るなりギョッと
して固まってました(笑)

内装だけでなく、外も手をくわえ、入り口の2段の
段差には手すりを設置。
車椅子用の折りたたみスロープも備えたので、
車椅子ユーザーの方にも来てもらえるように
なりました。

かなり大胆にリニューアルをして、カッコいい
治療院になったぶん、ますますしっかり仕事をしないと・・・!
今までよりもリラックスできる空間で、気分良く
治療を受けてもらえると思うので、スタッフ一同
気持ちも新たにがんばります。

「ココロあすなろ治療院」
http://www.ekiten.jp/shop_1445300/









drecom_yururi_n at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月18日

ちょっとしたモノ

たま~~~~~にしか書かないお仕事系
の内容の記事を、今日は書こうと思います。

IMG_0155


「暑い」「寒い」「来客」「お茶・お菓子」「苦しい・痛い」・・・。
様々な要望を書いたハガキ大のカード。

これは、発声が明瞭に出来ない方を、耳が
ほとんど聞こえない方が介護しているご家族
のために、役に立ったら良いなと思って試作
したものです。

訴えたい側は、力の限り声を出しても、相手に
全く伝わらないので、毎日非常にイライラと
されていました。
聞く側も、悪気があって聞いていないのでは
ないので、聞こえにくい耳で一生懸命聞いても
訴えが受け取れず、何とか聞き取ってそのように
してあげたつもりが「違う違う!」と言われたりして、
無力感を感じておられました。

老々介護のご家庭も増え、今の時期は室温が
30度くらいになっていても体感では分からずに
平気でいたりするので、訴える側が「暑い」と
言っても介護する側に全然伝わらず、窓は締め
切り、扇風機もエアコンも付けず、2人とも熱中症
寸前になっていたりしました。

体調が悪い時などは余計に大きな声は出ません。
でも、体調が悪い事が介護者に伝わらなければ、
静かに寝ていたと思っていたら、実は意識が
無かった、などということにもなりかねません。

最近は特に意思疎通が難しい場面が増えて
苦労されているようだったので、お二人に了解を
取り、使わなかったとしても良いから、一回用意
してみましょうかと、どのような項目のカードが
必要か希望を聞いてみました。

「来客」というのは、玄関のチャイムも聞き取れ
ないので、「お客が来たよ」と教えてあげるための
カードです。
いつも一緒に部屋にいるので、カードを手に
ヒラヒラとさせれば、気づいてくれます。

暑い・寒い・体調・食べること以外に、お手洗いの
事がカードにはありませんが、ご本人はなんとか
1人でお手洗いには行けるので、ご本人の意向で
そのカードは作りませんでした。
お手洗いについては、介護してもらうか自力で
行くかを、必ずご本人に確かめないと、一番デリ
ケートな問題なので、注意が必要な項目です。

「どうせ動けないんだし、危ないから、手伝って
もらえば安全だし早くて楽なのに」と思いがち
ですが、お手洗いだけは自力で、というのは
どの方も譲れない部分なので、身体的にどう
しても無理とか危険でない限りは、ご家族に
見守ってもらうほうがうまく行くようです。

resize3204
手も片手しか使えない方なので、カードを
めくって探さなくていいようにインデックス
をつまめば取り出せるようにして、箱に
入れました。

ご本人がカードを選んで示してもいいし、
言われていることが分からないときに、ご家族が
この箱を差し出して、ご本人にカードを選んで
もらっても良いと思います。

枕もとの、お茶とかティッシュの置いてある
台に置いて、取りやすいようにしましたが、
さて、使っていただけたかどうか・・・・。

カードは写真の印刷用紙に印刷したもの、
箱は空き箱です。
ちょっとしたモノですが、こういうもので少しでも
毎日の生活が楽になったらいいなと思います。



drecom_yururi_n at 07:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年12月18日

寒波

ついに、本格的な雪となりました。
昨夜から横殴りの暴風雪で、これは今日の朝は
どうなっちゃうのか心配でしたが、朝起きてみると・・・

resize2805
積雪は10センチといったところでしょうか。
思ったよりも少なくて一安心しました。
今回は東海地方でも西部の方が雪が多かったみたいです。

resize2804
こちらの地域は、雪は少ないものの冷え込みがキツイ
気候なので、路面はどこもツルッツルのカチカチ。
危ない危ない。
先日買ったスノーブーツが大活躍で、全然滑らないし
濡れてもOKだし、すごく足が温かいです。
買って大正解!

せっかくの雪だからマヨの年賀状写真でも撮ろうかと
思ったら・・・。

resize2806
・・・・こんなヘン顔ばっかり。
なんでカメラ嫌いなのかな~??
マヨは昼間は庭の犬小屋にいるので、小屋の内壁に
断絶材を立てて、防寒仕様にしました。

仕事に出る前に、家の北側の駐車スペースが
日陰なので、そこだけ雪かきをしました。
帰宅した時凍っていたら怖いので・・・。
乾いた雪で軽かったので、除雪はラクでした。

車に、除雪スコップ、手袋、スニーカー、カイロ
など、雪対策グッズを積んで出勤。
家を出てすぐの坂で、トラックが2台も立ち往生して
いました。

resize2809
山間部に入るにつれて、路面の氷が厚くなっていきます。
上に見える橋、あんなに高いところにあるのに
路面が凍結しないというウワサで、目的地までは
橋経由の方が近道なんだけど、やっぱり怖くて
下の道を行くことに。

resize2810
そこそこの凍結路面。
今年は冬タイヤをフンパツして、氷でもよく効く
ものにしたので、安心して運転でき、助かりました。

目的地の最後に、すごい坂があるので、そこは
車では不安だったので、坂の下からは徒歩。
またまたブーツが大活躍。
坂でも全く問題なし。

午後になると、日差しが強くなってきて、路面の
氷はどんどん減ってきました。
太陽、がんばれ~~~!
このまま路面に水溜りが残ると、夜にはアイス
バーン間違い無しなので、路面が乾くまで照らして
ほしい。

resize2811
帰り道、あの高い橋を通ってみましたが、本当に
氷が少なかったです。
どういう仕組みなんだろう??
端の先に国土交通省の施設があるから、融雪剤を
山盛り撒いているのかなぁ・・??

resize2812
凍結地域からわずか20分、標高が下がるだけで、
下界の町はこんな状態。
ほとんど雪は見当たりませんね。
ホンの何キロかで雪国へ行っているような感じ
なので、不思議な感覚です。

路面の雪はほぼ解けましたが、明日の朝は
-5~7度という厳しい冷え込み。
残った雪や氷で滑らないように、気をつけたいと思います。



drecom_yururi_n at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ