お茶

2017年10月05日

??

resize3476

さて、最初に画像のみアップした↑この物体、一体
何なのか???

答えは・・・


「陳皮普洱茶」の一種

だと思われます。


なぜ「だと思われる」なのかというと、この物体が
画像の状態のままで来たので、包装も説明も
一切無いからでです。
お土産らしいのですが、このままでティッシュに
包んで持ち帰ってきました。
どういう状態で販売されてたのかなぁ??箱や
袋にいくつもゴロゴロ入っていたのでしょうか??

中国茶の本で、こういうお茶がある事は知って
いましたが実物は初めてです。
本に載っていた写真から推測して、日本で普通に
食べるミカンくらいの大きさかと思っていましたが、
本物はすごく小さいので驚きました。
一個で1人分かな。

ちょっと果皮が青っぽく見えるのは、カビではなく、
漢方薬の「陳皮」を作るために青いまま収穫する
種類のミカンだからだと思われます。
中に入っているのは普洱茶。
ミカンの香りを移すために、中に詰めてあるんですね。
まだ生のままのミカンの皮に茶葉を詰めて、丸ごと
カリカリになるまで乾燥させたもののようです。
茶葉と一緒に、果皮も砕いて急須に入れて
使うようです。

ミカンの香りが出そうなので、朱泥の茶壷(急須)では
なくて磁器の茶壷か蓋碗を使って入れてみようかなぁ。

漢方薬の陳皮の効能は、体を温め、喉の調子を整える
とあるので、これからの時期に良さそうなお茶です。




drecom_yururi_n at 09:46|PermalinkComments(2)

2016年06月18日

久しぶりの紅茶店

ものすごく久しぶりに、「紅茶専門店」というお店に
行く機会ができました。
ネット仲間の「なおさん」「ブーママ」さんが通って
おられる、「くらぜん」さんという紅茶のお店です。

実家にいた頃から数年前までは、行きつけの紅茶
店にちょくちょく行っていたのですが、ここ数年は
なかなか行けず、行けても年に2回程度・・・。
今年については、そのお店の福袋を購入した
のみで、お店でちゃんと紅茶を飲んだという事が
ほとんど無くなってしまっていました。
久しぶりのお茶会に、ウキウキでお店に向かいました。

住宅街にある小ぢんまりとした紅茶店で、お二人と
待ち合わせ。
民家の一室がお店になっているアットホームな
雰囲気で、お茶はインドやスリランカの定番紅茶から、
シーズンもの、茶園ものなど、色々。
日本や台湾の紅茶もありました。
ケーキはお店の奥さんの手作りだそうで、種類は
その時の旬な素材を活かしたものや、おすすめの
ものなど色々。
この日はパウンドケーキやお抹茶のプリンなどが
並んでいました。

常連のなおさんがお店の奥さんに頼んでおいて
下さったので、焼きたてワッフルが出てくるとの事♪
ワッフルに合う紅茶は~~~((o(^∇^)o))
どれも飲みたくて、お茶の店に行くと、いつもすごく
迷ってしまいます。

今年は紅茶屋さんに全く行けていないので、私は
今年のダージリンの新茶が飲めていませんでした。
なので、私はダージリンの春のお茶、ファースト
フラッシュを。
ブーママさんはダージリンの秋のお茶、セカンド
フラッシュを注文し、フレッシュな春と、味わい深い
秋との差を楽しむことにしました。
とても暑い日だったので、なおさんは、ひんやりと
アイスティー♪

午前中はモーニングサービスとしてミニパンが
1つ付くそうで、ナッツやレーズンの入った
ハード系のパンがとても美味しかったです。
紅茶のお店でモーニングって珍しいかも。

DSC_0904
紅茶と、焼きたてアツアツのワッフルが
運ばれてきて、お茶会開始~♪
ワッフルには、甘酸っぱいルバーブのジャムと
バナナが添えられ、中ふわふわ外カリカリで
美味しかったです。

紅茶は、たっぷりのポットサービス。
ポットで淹れてゆっくり飲むなんて何ヶ月ぶり
だろう・・・・。。。

おしゃべりとワッフルとお茶を楽しんで、ひと
しきり味わった後に・・・


DSC_0905

さらにティラミス登場~~~~ヾ(=^▽^=)ノ
とろりと軽いタイプだったので、パンとワッフルを
食べた後でもペロッといけてしまいました。

前菜にミニパン、メインがワッフル、デザートが
ティラミスのお茶会ランチコース(笑)

時間があればもう1ポット、何かお茶を飲み
たかったのですが、私はこの日、時間があまり
なかったので断念・・・・。

お茶の後は、お隣の「本部屋」で本選び。
一室が天井まである本棚の部屋になって
おり、貸し出しもされているそうです。
お料理、手芸、園芸、旅行書、様々なジャンルの
文芸書からマンガまで、色んな本がありました。

そして、本棚の奥には2頭のワンコが
ゴールデンレトリバーと、フラットコーテッドレトリバー。
2頭とも、尻尾フリフリ歓迎してくれました。
「撫でてけれ~~~♪」と交代で頭を擦り付けて
きて、カワイイカワイイ(*゚▽゚*)

お客さん全員への挨拶が済んだら、あとは
ケージの中でおとなしく伏せて、一声も吠えたり
「もっと撫でて」と要求したりしませんでした。
素晴らしい看板犬っぷり!!
マヨにも見習って欲しい~。

本選びが済んで、再び着席。
なおさんとブーママさんは引き続きお茶会続行
ですが、私はこの後、近くの道場で弓道の
練習会があったので、ここで失礼することに・・・。
今日は暑かったので、弓も店内に置かせて
いただいて、助かりました。

大らかで楽しいお店の奥さんは、私が時間通り
に店を出られるように色々と配慮してくださり、
短い時間でも楽しいお茶会でした。

この近くには弓の用事では時々来ることも
あるので、時間があればまた弓を担いで寄って
みたいお店でした。














drecom_yururi_n at 22:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2014年11月09日

台湾がやってきた!!

我が家に、台湾がやってきました~~~(*´∇`*)
このブログの右側に記事のカテゴリー別アーカイブが
ありますが、その中に「台湾」という項目があります。
最近はなかなか旅行にも行けず、台湾に行く
機会もなかなか無いのですが、今回、台湾に
行った人からどっさりお土産をもらいました!!

じゃじゃ~~~ん!
resize2753
パイナップルケーキ
松の実と棗餡の饅頭、
台湾茶2種
お茶請けのカボチャの種
中華スープの素
蜜汁叉焼の素


も~~~、どれもこれも私の好みジャストミート
じゃないですか~~~♪
特に「蜜汁叉焼の素」は、日本の中華街や、
同じ中華圏の香港でも売ってなくて、今のところ
台湾でしか発見できていない調味料で、簡単に
激ウマな叉焼ができるのです。
↓以前自分で買ってきた叉焼の素で叉焼作った記事
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/503213.html

他の叉焼の素じゃあ、この味が出ないんですよね~。
「蜜汁」でないと。
あ~~~、いつ作ろう~。
楽しみ楽しみ!

早速、久しぶりに台湾茶の茶道具を出して、
ティータイム。
resize2752
フルセット出すのは久しぶりです。
たまにはゆっくりお茶でも飲まないとね~。
ここの所、忙しすぎて、お疲れで体調もイマイチ
なので、美味しいお茶でリフレッシュできました。




drecom_yururi_n at 22:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年10月18日

一瞬、チベットに行ってきました

秋晴れの休日、ちょっとチベットまで行ってきました。
resize2711
はい。チベットのお寺に着きましたよ。
1時間かからずに到着(笑)
白い壁にきらびやかな装飾、タルチョ(お祈り
の旗)がはためいています。

長い階段を登ると、お堂の前の門には大きな
マニ車。「オムマニペメフム」と唱えながら時計
回りに回すと、お経を唱えたことになるという
チベットの仏具です。
「オムマニペメフム・・・」

お堂の入り口に着くと、お線香をお供えする
大きな香炉(と言っていいのかな?)があり、
線香をお供えするようになっていました。

resize2713
横に線香の箱が積んであったのですが、それを
見ると、ネパールの会社が扱っているお線香のようです。
チベット仏教のお寺で実際に使われているもの
なのかもしれませんね。
かなり太めで粒子の粗い感じのお線香でした。
日本のお線香よりも甘い香りです。

3本1セットでお供えするそうで、その説明と、
参拝の作法が書いた立て札があり、お線香
は200円ですと書いてありました。
日本のお寺や観音様だと、お線香の横に
お賽銭箱があって、金額はお志しで、という
ことが多いので、このシステムには少々びっくり。
金額的にも、けっこうしっかりしてる(苦笑)

でも、せっかく参拝させていただくのですから、
きちんと書かれている作法に倣って、建物の
外の香炉にお線香をお供えしてから、お堂の
入り口にて奥のお釈迦様にお参り。
内部は撮影禁止なので、画像はありませんが、
金色のご本尊に鮮やかな仏教画の数々、赤い
柱や装飾彫刻など、チベットのお寺の作りに
なっていました。

2階へも上がることができ、そこには女性の
住職さんがチベットで修行してきたことや
チベットでの活動などの展示がありました。
もともとは修験道の尼僧の方が、ここで不動
尊を祀るお寺をひらき、後にチベットで修行
されて日本にもチベット仏教の寺を建立し、
その住職もされているようです。
お隣にもお寺(不動尊)がありました。
そっちのお寺の方が先にあったんですね。

お参りしていると、お寺の方がやってきて、
お堂内の小さい売店風のコーナーでお仕事
開始。
そこの前には「占いロウソク」(大きなロウソクを
ご本尊の前で灯して、溶け具合で運命を占って
くれる)や、おみくじ、パワーストーンなど、なか
なかしっかりした感じのご利益グッズが並んで
いました。
チベット寺院らしく、タルチョ(お経の旗)やカタ
(願いを込めて首に掛ける白布)、密教の仏具
を模したアクセサリーやお守りもありました。
タルチョとカタはお寺に掲げたり御本尊に掛ける
ことで祈願するので、持ち帰ることは出来ない
そうです。

へ~~、と眺めている間、お寺の男性のセール
ストークが炸裂。
色んなお守りとかパワーストーンが置いてあった
のですが、買って帰ったらすぐ宝くじが当たった
とか彼女が出来たとか病気が治る(←これは本当は
言っちゃダメ)とか。。。
チベットから持ってきたお守り類もあって、小さい
カプセルに小さなお経が丸めて入れられている
銀のペンダントなんかは、ちょっといいなと思い
ましたが、男性のトークが白熱すればするほど
なんか・・・・ね・・・(´・ω・`)
もうちょっと静かに見せてくれたほうが良いな・・・。
きっと一生懸命接客してくださったのだと
思うんですけどね。

お堂を出て、お堂の裏の高台へ登れるように
なっていたので登ってみました。

resize2714
なかなかの眺め♪
チベット寺院を上から見た図は見たことがなかった
のですが、屋根は金色なんですね。
建物の角には狛犬らしき犬の装飾もあって、もしか
したらチベタンスペパニエルかも・・・。お寺の部材
は、チベットから持ってきたものが多いので、かなり
現地のお寺に近いそうです。

高台の一番上にはチベットの高層を祀った仏塔と、
竜神様のお堂がありました。竜神様・・・・?

寒くなってきたので、階段を下りて、下にある
チベットカフェへ。
ここも建物の感じがチベット風です。
メニューの中でチベット風なものは、バター茶、
チベット茶、チベット風すいとん、カレー。
あとはドリンク類や、パスタやピラフ、パンケーキなど、
普通の喫茶メニューもありました。

resize2715
ダンナはチベットと言えば有名なバター茶を
注文したので、私はチベット茶を。

チベットのお茶は、交易で運びやすいように
固められた磚茶。真っ黒の完全発酵茶で、
プーアル茶と同じ製法なので、似た味です。
私はプーアル茶大丈夫なんですけど、発酵
したお茶のにおいがちょっと土っぽいので、
これが苦手という人もあるみたいです。
ロウソクの入っているポットウォーマーに
乗って出てきたので、時間が経って濃くなって
きたお茶は、マイルドで美味しかったですよ。
カップ3杯分くらいあって、たっぷり飲めました。
お茶請けに、チベットの麦菓子が付いていました。

ちなみにダンナが注文したバター茶には、
ヤクのバターが使われているそうで、日本人
向けにちょっとバターは減らして飲みやすくして
いるそうです。
より現地の味に近いバター増量バージョンも
あって、ヤクの乳のにおいでクセがあります
と書かれていました。

かなり攪拌しているようで、ミキサーの音が
すごく聞こえてきました。
量も大きなカップにたっぷり。
チベット茶に、ヤクのバター、ちょっとお塩。
コクがあって美味しかったです。
外が日が暮れて少し寒くなりはじめだった
ので、体が温まりました。

resize2716

チベット風の窓の外にはお寺が見えます。
ちょっとチベット旅行の気分ですね~。
外に紅白幕とテントが見えますが、これは
明日お隣のお不動さんで稚児行列があって、
護摩を焚く法要もあるそうで、その準備だそう
です。このへん、いろいろごちゃ混ぜOKの
日本らしいところかも。

カフェの入り口にも、チベットグッズがあって、
2人で一個ずつ、ちょっとお守りになりそうな
のを買ったところ、レジの店員さんが「先日
これを買った方は、宝くじ当たったそうですよ」
と・・・(笑)
ここもか~い!とツッコミ入れたくなりました。

ちょっとチベット旅行に行った気分になれる、
だけど色んなところでパラダイス的要素も
垣間見えるお寺でした。





drecom_yururi_n at 23:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年01月04日

正月抹茶

resize2448
私の実家に、ずっと昔からこのようなものがあります。
祖母が購入した物だと思いますが、私が幼稚園の
頃には、すでにこれを見た記憶があるので、多分
何十年も前のものだと思われます。




resize2449
箱型の部分は取り外せるカバーになっていて、
外すと、中はこんなふう。
持ち運びできるお抹茶セットです。

小さいころ、祖母の部屋でこれでお抹茶を
飲んだ記憶があります。
名古屋は喫茶文化が盛んなので、喫茶店が
多いという以外にも、茶道を習った人でなくて
も、家で気軽にお抹茶を飲むことがよくあります。

自宅で飲む場合は、難しいお作法は抜きで、
食卓テーブルの上でシャシャシャッ!とお抹茶
を点てて、美味しいお菓子と一緒に楽しみます。

毎年お正月には、ちょっといい生菓子を用意
して、皆でお抹茶を楽しむのが毎年恒例でした。
ここ何年もこの行事は無くなっていたのですが、
フト自分の家でもやってみたくなって、この抹茶
セットを持ってきました。
茶筅が傷んでないか心配だったけど、どうにか
大丈夫そうなので、お茶屋さんでお抹茶を購入。
和菓子屋さんで生菓子も購入。

久しぶりのお抹茶、お茶の量、湯の量など感覚
をすっかり忘れてて、思い出しながらお抹茶を
点てました。


resize2450
懐かしいなぁ~。このお茶碗。
お菓子は私の大好きな練りきりなのですが、
行った和菓子屋さんにあった練りきりが、この
漫画ちっくなお馬ちゃん一種類だけだった・・・。
もうちょっと、こう、和な感じの馬がよかったなぁ~。
でも、味はバッチリでしたよ♪
お抹茶も、ちょっと上等のにしたので、甘味も
あって美味しかったです。

たまにはお抹茶も良いですね。
また時々、このお抹茶セットを活用しようと思います。









drecom_yururi_n at 22:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ