庭・植物

2017年04月29日

うおっ!?

餌台(現在はマヨ毛配布台)に、新たなお客さん。

resize3374


・・・ちょ、ちょっと!!(汗)
お客様、体重オーバーですよっ!!
手作りでそんなに強固に作っていない餌台だから、
ぐらぐらしてる~~~。

食べ物も何も置いていないし、マヨ毛も
売り切れなのに、何しに来たんだろう??
マヨ毛を固定していた針金目当てか??

とにかく、カラスはサイズ的に無理。



drecom_yururi_n at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

マヨ毛

野鳥の餌台も役目を終える季節となりましたが、
うちの庭にはまだ鳥がやって来ています。
鳥たちの目的はマヨの毛を拾うこと。
巣作りの材料にするのだと思います。

スズメが時々、マヨの小屋の周囲の毛を拾い
集めていくのは何度か見ていますが、先週、
ヤマガラが来て、マヨが居ない犬小屋の中
まで入って毛を拾っているのを目撃しました。

それなら、ということで・・・・

BlogPaint

餌台の屋根に、「特設マヨ毛配布所」を設置。
すると・・・・


resize3365

来た来たっ!!!



resize3366
あれ?このまえ来ていたヤマガラじゃなくて、
今日はシジュウカラですね。
カワイイなぁ~~~~(*゚▽゚*)
せっせと毛を選んでいましたよ。

この止まり木、冬の間にはシジュウカラやヤマガラに
人気のはずの殻付き落花生をくくりつけてあったのに、
一回も来てくれませんでした。
落花生よりもマヨ毛の方が人気があるとは・・・。

マヨの抜け毛も、そろそろ終わりかけで、そんなに
抜け毛が出ないので、もっと前のバサバサ抜けてた
時期から毛を貯めておけばよかったな~。




drecom_yururi_n at 22:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年04月12日

桜満開

今年はいつまでも朝晩が寒くて、桜の開花が
ずいぶん遅くなりました。
4月8日あたりから、こちらの地域でも桜が
咲き始め、今週は満開です。

resize3356
家からも、近くの桜が見えるので、PC触りながら
お花見できます(^-^)

マヨを連れて、散歩のついでに桜の写真を
撮ってきました。
こういう時のために、私が離れてもその場で
ポーズをとっていられるように、「スワレ・マテ」
の練習を日ごろからやってきました。



resize3364
練習のおかげで、まずまずの写真が撮れました♪
座って待つことはできるけど、待たされる
のはイヤなんだよね~、という気持ちが顔に
すぐに出てしまうので、なかなか楽しそうな
感じに撮れません(^ ^;)
この写真はかなり良い方。


resize3362
これはちょっと真剣になりすぎかな??(笑)
そんなに力まなくてもいいから・・・・。
とにかくおやつを貰おうと必死。



resize3359
これはまた別の晴れた日に撮影。
おお~。結構イイ感じ。
風が強かったので、毛がボワーッとなって、
サモエドのニセモノみたい(笑)

resize3355
家の窓から見える桜は、夜になると公園の照明で
ライトアップみたいに見えるので、夜桜も楽しめ
ます。





drecom_yururi_n at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月19日

あわわわ・・・・

resize3311
先日の寒波で、こちらの地域はこの程度の積雪。
もともと雪はそんなに多くない地域で、その代わり
冷え込みがすごく厳しいです。

寒さと雪で餌にも困るようになった雀達で、
我が家の野鳥餌台は連日大盛況。
朝になると、15羽ほどのスズメが庭で待っています。

一昨日、ホームセンターで面白い物がお値打ち
価格になっていました。
「鳥が喜ぶ 粟の穂」
穀物の粟が、穂の状態のままで売られている小鳥の
おやつです。
粟は普通の小鳥の餌には当たり前に入っている
のですが、穂のままのは珍しい。
カゴで飼われている文鳥やインコなどのペットの
鳥は、穂のままの粟をつついて食べるのが楽しくて
ストレス発散になるらしいです。

スズメは野鳥で、雑草や稲の穂をよくついばんで
いるから、きっと粟の穂に大喜びするだろうと思い、
早速、翌朝、餌台に吊るしてみました。
私が庭に出てきて餌台に餌を置くのを待ってましたと
ばかりに、早速スズメが餌台に向かってきました。

が、次の瞬間、
「きゃーーーーーーっ!!!!!」
と、スズメの一団は一目散に向かいの家の屋根に
悲鳴を上げながら避難。
屋根に並んで、
「なにあれ??」
「ウソでしょ??」
「こわ~~~~(((( ;゚д゚)))」
と、餌台を見つめながらヒソヒソ話。
粟の穂に仰天した様子でした。

しばらく待てば穀物の穂だと理解するかな~、と
思ったのですが・・・
BlogPaint
勇気のある一羽が、ギリギリまで接近しても
この距離感。
赤丸のところに穂、赤矢印のところにスズメが
います。

お皿の中にはいつもの小鳥の餌があって、
それを食べたくて仕方ないのに、余分な物を
置いてくれて・・・・と、スズメたちの冷ややかな
視線が・・・(^^;)
野鳥のくせに、まさかこんなに穂に驚くとは
予想外でした。
まあでも、数日で慣れるかなと思っていたら。。。

resize3314
昨日の朝はこんな感じ。
いつもの餌には寄ってきています。

resize3315
みんな、粟の穂は見ないフリしてます(笑)
お皿に入っている粟と同じものなのに・・・。
穂が縦になっているのが怖いのかもしれません
が、普通、穂って縦になってますよねぇ??
自然界では見慣れてないのかな?
一体何がそんなに怖いのか??

横にしたら大丈夫なのかなと思って、餌台の
床に固定してみました。
すると・・・・
resize3316
やっと食べ物だと気付いてくれました!!
1日置いておいたら、全部の粟粒が食べつくされて
いました。
縦を横にしただけで、この違い。
鳥の感覚って不思議ですねぇ。









drecom_yururi_n at 22:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年12月13日

庭木の剪定

年末が近づき、多くの家の庭で庭師さんが
植木の手入れをしているのをよく見かける季節に
なりました。

我が家の庭には庭木と言える木は160センチ
くらいの高さのソヨゴとチャボヒバの木の2本だけ。
ブルーベリーも3本あるけれど、あれは葉が落ちて
しまった後の2月に、毎年テキトーに自分で剪定
しています。

特にソヨゴは葉がすごく増えてしまって、ボーボー。
私は自分で手入れできる高さ以上には木を大きく
したくないので、なんとか今のボリュームにとどめたい。
とてもわざわざ庭師さんに来てもらうような庭木では
ないので、自分で剪定することにしました。


resize3282
作業前。



resize3283
1時間後。


なんか。。。切りすぎた??
すごく寒そうになってしまった。。。

昨年の11月に植えてもらった時↓
http://yururi-n.dreamlog.jp/archives/5238147.html
よりも、かなりスカスカに・・・・・。
昨年の写真を見ながら切ればよかった。
これでちゃんと冬を越せるのだろうか(汗)

京都の庭園などは、数百年前の植栽のままでも
木がどんどん背が高くなったり太くなったりしないで
同じ風景を保っていますが、あれはいったいどう
やって剪定しているのか、本当に不思議です。

枝の先の方は切っていても、根元の方の幹も
少しずつ伸びているので、どうしてもだんだん
上へと木が大きくなってしまったり、切ったところ
の近くから脇芽が出て変にたくさん枝分かれして
横へ広がってしまったりするような気がしますが、
何か、同じ形を何年でも保てる、プロの技がある
んでしょうねぇ。


ま、とりあえずスッキリと切る事はできたので、
メジロ用のミカンカゴも枝に吊るして、冬の
準備です。


resize3287

もう、鳥の水場にも、厚い氷が張るようになりました。








drecom_yururi_n at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ