弓道

2017年10月09日

ZERO

「結果が出ない(´・ω・`)」
「問題点が改善されない(´;ω;`)」と
ボヤキ続けてきた弓道ですが、先日の試合で
初の「ゼロ中」を記録してしまいました。

弓道を始めてからこのかた、練習で四ツ矢
残念(0中)はあっても、試合の場で「0」という
事は初めてでした。しかも四ツ矢の試合じゃなかったし。

なぜ中らないのか。
ちゃんと引いているのに中らないというよりも、全然
力が繋がっていない感が満載で、そりゃあ中るわけ
ないわ、という感じ。
「コレ絶対おかしいでしょ」と思いつつ引いていました。
そりゃあ中るわけないわ。


会で、見た目は納まったように見えているらしい
のですが、自分自身では、引分けの途中で胸弦も
頬付けも付いていないような不安定な状態が、会に
入ってもずっと続いているような感じです。
どれだけ弓を開いていこうが、張り合おうとしようが、
全く矢筋に力が集約されてこない。
結果、両手ともおかしな方向へ離れて矢が散る散る・・・。

「会は引分けの延長」なんて教えがありますが、
コレは違うだろうと。。。

う~ん、これはもう今の射を改善するのではなく、
ゼロからやり直して全く違うことをしないとダメかも。
今までやってきたものが身についてしまっている
ので、全くリセットというのは無理なのですが、
最近の改善策は全部捨てて、方向転換しないと
いけません。

はぁ~、いつになったら突破口が見つかるのかなぁ。。。


resize3477
ため息つきつつ、家で新しいオリーブオイルのビン
を開けようと、蓋を覆っていたフィルムをはがしたら、
「開ける」の矢印が矢の形でした。
こういうのだけでもちょっと嬉しい。

またがんばろ。




drecom_yururi_n at 11:22|PermalinkComments(0)

2017年09月18日

色々と逆戻り

先日、3年ほど出場機会の無かった大会に
久々に参加しました。
弓道を始めて最初の数年は毎年のように
参加していた団体戦の大会です。
個人戦とは違う、独特の雰囲気がある
団体戦の大会。

あの緊張感に満ちた射場にまた戻る事が
あるとは思っていなかったので、ここ数年は
癖を治すことを中心にした練習ばかりして
きました。
団体戦ともなれば、的中率の向上が必須。
一ヶ月ほど前から、チームメイトと一緒に
大会用の練習をしてきました。

やはり緊張感のある練習が良かったのか、
ずっと低迷していた的中率もちょっとずつ
回復。
しかしそれと平行して、離れ方も、以前この
試合に出ていた頃のようなブレの大きい離れに
逆戻り・・・。
中てる射に変えようとは自分では思っていない
のですが、これは私にとっての「中て射」の
射形なのだと思います。
完全に手先離れで良くないのは分かっているけど、
的中にこだわって引けば引くほどこれが出て
しまいます。

そんなこんなで当日になってしまったので、
もうこの射で行くしかない。
ゴチャゴチャ考えずに、引くしかないなぁと
朝から緊張して会場へ向かいました。
個人戦だったらこんなに緊張しないんですよね。。


入場前まではすごく緊張したのですが、射場に立つと
そこそこの緊張感で、比較的落ち着いていました。
今回の大会は四ッ矢二回の八射です。


☆一立目
    
  ×…収まり悪く、スゴい前離れ。3時。
  ○…比較的マシな前離れ。10時ふちの方。
  ○…前離れ。3時ギリギリ
  ○…比較的マシな前離れ。


とりあえず、数字で見れば4射3中でした。
が、どれも前離れの前開き離れ。ヒドイ(-_-)
この前離れを直すことを第一に練習
しているというのに、一番出て欲しくないものが
出てしまう悲しさ。

自分から中て射に切り替えて試合での
的中を出しているつもりは全くないのですが、
あの前離れが出るときに的中も出ている現実を
見ると、やはり、中て射をしようとしていると
言われても反論できません。
たとえ無意識と私が言っても、深層心理では
中てたい欲に負けてる…(´・ω・`)

今日は団体戦だから、チームのためには
的中が大事なわけで、こんな射はイヤだけど、
このままで行くことにしました。
急に直せるものでもないしね。。。



☆二立目
 ×…とんでもない前離れ、大荒れ。
 ○…とりあえず押し込む。真ん中あたり。
 ×…最後にがんばり足らず。4時にはずれ。
 ○…とにかく必死に、ギリギリ6時。


一本目から、自分に大失望。
やろうとしたってやれないくらいの
とんでもない前離れでした。
どうやったらあんなことになるのか・・・?
幕を打つかと思った(汗)

気負わずに行こうと思うと、3本目のように
頑張り足らずな感じになるし・・・。

動画を撮ってもらっていたので、何年ぶりかで
試合本番での自分の射を見ましたが、
あ~、もうホントひどい。
一見、会までは大きな問題なく納まっていそうに
見えるのに、なんであの離れが出るのかなぁ・・・。
引き続き、研究課題です。





drecom_yururi_n at 21:47|PermalinkComments(4)

2017年08月23日

百射会

今年も百射会に参加してきました。
初の竹弓での参加。

一ヶ月ほど前から、肘に痛みが出ていて、矢数や
弓力などを加減しつつ練習していたのですが、
手当てをしても弓を引くと悪化してしまうという
有様。
おかしな腕の使い方をしているのが原因なの
ですが、それがどう改善したら解決するのかが
よく分からないのです・・・・。

ここ数年、普段は竹弓ですが、百射会はグラス弓
で参加してきました。
真夏の百射は、あまりにも竹弓には過酷だと思って。
しかし、肘痛のため、いつものグラス弓は、とても
百射引く事はできないと判断しました。
肘が壊れちゃう(もう壊れかけですが)。

他にグラス弓は持っていないので、一番弓力の
弱い竹弓を5年ぶりくらいに持ち出して、百射会の
数日前から引いてみました。
5年前は、まだグラス弓しか引いた事がなくて、この
弱い竹弓は、2キロほども弱いし、なんか今一つな
感じがして、保管したままになっていました。

久々に引いてみると、意外や意外、弦音も矢飛びも
案外良い。前とは違う弓みたい。
カーボン入りなので、そんなに裏反りも変わって
いなかったのですが、何が変わったんだろう??

竹弓を引くようになって3年くらい経つので、多少は
竹弓を扱える射になってきたのでしょうか。
ただ、すごく弓力が弱いので、引きすぎちゃったり、
変な小細工ができちゃったり、ちょっとの力みで
離れが荒れそう。
強い弓より難しいかも。

真夏の1日、私の肘も、竹弓も、百本持つのだろうかと
心配しつつの百射の結果です・・・・・↓


|××××|○×○○|○×○○|○×××|○×○○|

|○×○○|○○××|○×○×|×○○○|○○××|

|○○××|×○××|××○○|×○○○|○○××|

|××○×|○×××|×××○|××××|××○×|

|○○○○|○○○×|××○○|××××|××○○|


1~20射・・・・・・10中(50%)
21射~40射・・・12中(60%)
41射~60射・・・10中(50%)
61射~80射・・・4中(20%) (´;ω;`)
81射~100射・・11中(55%)

             100射47中



的中内訳
 4中・・・1回
 3中・・・7回
 2中・・・8回
 1中・・・6回 (・ε・)
 0中・・・3回 (TдT)


スタートからいきなり0中(泣)
61射~80射が、どうしてあんなに崩れたのか、
自分でもよく判りません。
的回りで蹴ったりする外れが多かったです。
たった1回の皆中は、中黒に4本とも納まって、
この1立だけは本当に気持ちよく矢が飛んで
くれました。

ま、とりあえず百本無事に引けました。
弓も無事。
あ~、よかった。
的中については、慣れない弓だし、30本くらい
中ればいいかなくらいにしか思ってなかったので、
予想よりは中ったほうです。

暑い時期なので、毎回、百射会の夜は頭痛でした。。。
軽い熱中症なのだと思います。
水分塩分を摂っても頭痛になるので、冷やすしか
ないなぁと思いました。
そこで今回は、射場外にいる時に、水に濡らして首にかけると
気化熱で首元がヒンヤリ冷えるというクールタオルを使用。
これがかなり力を発揮し、全く頭痛にならずに済みました。

百射会の後も元気だったので、反省練習に
居残りで8本引いて、煩悩を払うべく、除夜の
鐘宜しく百八射会で終了としました。










   



drecom_yururi_n at 21:29|PermalinkComments(4)

2017年08月12日

女子大会

先日、県内の女性弓引きさんによる「女子大会」に
参加してきました。
何年か前までは秋の開催だったのですが、様々の
予定の事情により、ここ何年かは真夏の暑い時期の
開催になっています。

この大会、ただ弓を引いて腕を競うというだけでなく、
参加者・役員総勢90名ほどが全て女性という
ことで、男女混合の試合にはない趣向や女性なら
ではの気遣いがいろいろとあって、楽しみなのです。

resize3437
今回は、昔懐かしい金ダライに、凍らせたペットボトル
を浮かべて、そこで缶ジュースを冷やして提供
してくださいました。
ジュースもほどよく冷え、見た目も涼やか(^-^)

試合の方は・・・・。
まあ、ね・・・(^^;
全く話にならん結果だったのですが、そこは女子大会、
参加者の方々から、手作りの品が景品として
たくさん提供されていて、入賞者以外にも、全員に
一品ずつ、参加賞が頂けました。


resize3439
ブローチや袋物など、色々な手作り品があった中で、
私が頂いたのは、「弓矢の下駄」。

片方が2cm×4cmくらいのミニ下駄なのですが、
下駄の裏が滑り止めになっていて、弓や矢を
壁に立てかけておきたいときに、これを床に置き、
鼻緒の間に弓の本ハズを立て、もう片方には矢の
筈を立てて置けば、滑って倒れたりせず、置く場所の
床も傷つけないというスグレモノです。
また、下駄の台の真ん中がへこませてあるので、
壁に当てて、弓張りとしても使用可とのことです。

かわいいので、キーホルダーのようにして
矢筒につけておくと、いつでも使えて便利
かもしれないですね~。大事に使おうと思います。














drecom_yururi_n at 17:16|PermalinkComments(0)

2017年07月17日

花ハスまつり

先日参加した試合会場の隣で、毎年その大会と同じ日に
開催の「花ハスまつり」が、今年も行われていました。

IMG_0760
道場から見ると、こんな感じです。
蓮池の横に、金魚すくいとか、蓮食品販売などの
テントがあります。

早朝~昼までがよく咲いているので、朝からたくさんの
人が訪れていました。

DSC_1558
水田地帯の中にある一角を蓮池にしてあり、花の
時期になると見せてくれるのですが、小さいながらも
なかなかの見ごたえ。
近づけば、一面の蓮のお花畑の景色になります。

さて、蓮池見物しながらの試合結果は、決勝には
結構良い成績で進んだものの、決勝でガタガタになり、
悔しい思いをしました。

しかし、ここ半月ほど前から新たに試している方法で、
予選については思いがけず良い矢飛びで的中も
上がったので、これは収穫でした。
最初の一手なんて、今のは自分の矢かと疑うくらい、
久々に見た良い矢飛びと矢所でした。
あの感じだと、手を振り回す癖も抑えられていたの
ではないかと思います。(だれも見てなかったので
実際のところは不明ですが)

何本も続けると、次第にほころびが出てきて矢所が
乱れ、中らなくなってしまうのですが、これは今後も
稽古を重ねて、この方法が体に染み付いていけば
解決しそうな気がします。

これで本当に腕振り回し癖がおさまるといいけどな~。

IMG_0766
お土産は、毎年お決まりの名物「水まんじゅう」
冷やしすぎてちょっと白くなってしまった(汗)
今年は、期間限定で蓮根の粉を使った「蓮餅」
もあったので、それも。。。
笹に包まれた黒砂糖味の蓮餅、すごくムチムチ
してて美味しかったです。









drecom_yururi_n at 23:50|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ